The Motley Fool

NYSE:WORK (Slack Technologies)

(0.00) 2021年10月22日金曜日 13時37分04秒 日本標準時

About

Last updated 22-10-2021, 01:37:04pm JST
CURRENT_PRICE
CHANGE (0%)
CLOSE_PRICE
OPEN_PRICE
BID
ASK
DAY_RANGE -
YEAR_RANGE -
VOLUME 0

Related Articles

【米国株動向】市場のボラティリティが高い中で注目される高成長優良株2銘柄

株価のボラティリティは、株式が他の資産よりも高いリターンを提供するために必要な対価と言われてきました。だからと言って、下げ相場を乗り切るのは容易ではありません。そのため、多くの人が、優良銘柄が下落したときに買えるように、現金を残しておくことを提案しています。現在、筆者はオーストラリアのソフトウェア企業アトラシアン(NASDAQ:TEAM)と、米国の医療機器メーカー、イナリ・メディカル(NASDAQ:NARI)を買い増しています。 More »

【米国株動向】次の景気後退で注目したいテクノロジー3銘柄

投資家はテクノロジー銘柄をより厳選する必要があります。具体的には、次の景気後退に耐えられるような、根強い人気の大型株に注目すべきです。その条件にあてはまる3銘柄、顧客管理ソフトウエア大手のセールスフォース・ドット・コム (NYSE:CRM)、ネットワーク・セキュリティー対策ソフト大手のパロアルトネットワークス (NYSE:PANW)、IT大手マイクロソフト (NASDAQ:MSFT)を見ていきましょう。 More »

【米国株動向】ハイテク株の下落で買い場が訪れたクラウドコンピューティング3銘柄

多くのクラウドコンピューティング銘柄は2020年に目を見張る上昇を演じた後、今年3月に大きく下落しました。しかし、クラウドベースのサービスが今後何年にもわたり急速に成長し続ける、という単純な事実に変わりはありません。長期志向の投資家にとって、最近の株価下落は買い場となっています。以下、これに該当する銘柄を3つご紹介します。 More »

【米国株動向】クラウドサービスのヴィーバ・システムズとハブスポット、どちらをより注目すべきか

ヴィーバ・システムズ(NYSE:VEEV)とハブスポット(NYSE:HUBS)は、どちらもクラウドベースのサービスを通じて企業の業務を効率化しています。ヴィーバは、ライフサイエンス企業向けに顧客関係管理(CRM)、ストレージ、分析などのツールを提供します。同社のサービスは臨床試験や業界の規制にも対応しています。 More »

【米国株動向】セールスフォースの2021年予想売上高は21%の増加

着実なペースで買収を実施し、自身の内部成長も続けることにより、セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)は20%を超える売上高成長記録をさらに1年伸ばすことに成功しました。 More »

【米国株動向】アドビvs.スラック、どちらに注目か?

画像編集ソフト大手のアドビ (NASDAQ:ADBE) と企業コミュニケーションツールを運営するスラック・テクノロジーズ (NYSE:WORK) は、どちらも新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に端を欲したデジタル化の恩恵を受けています。ここ12カ月間の株価上昇率は、アドビが33%、スラックは69%で、株式市場全般をアウトパフォームしています。 More »

【米国株動向】買いの好機が訪れている米国クラウド関連3銘柄

現時点で買いの好機が訪れていると思われる3つのクラウドコンピューティング関連銘柄としてアナプラン(NYSE:PLAN)、メダリア(NYSE:MDLA)、セールスフォース・ドット・コム(NYSE:CRM)を紹介します。 More »

【米国株動向】ハイグロース株としては極めて割安なバリュー投資候補3選

紹介する3社は、売上が2桁台の持続可能な成長を続けているにもかかわらず、バリュエーションがここ数年で(あるいはこれまでで)最も低くなっている、言い換えれば極めて割安なバリュー投資候補となっているグロース株です。 More »

【米国株動向】スラックの株価は2020年に88%急上昇

スラック・テクノロジーズ(NYSE:WORK)株のパフォーマンスは、2020年に急上昇した株式市場のパフォーマンスを上回りました。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスが提供したデータによると、スラックの株価は2020年にS&P 500が記録した16%増と比較して88%急増しました。 More »

【米国株動向】注目のNYダウ3銘柄

設立から124年を迎えるダウ工業株30種平均(NYダウ)(DJINDICES:^DJI)は先週、史上初めて終値で3万ドルの大台に乗るという偉業を成し遂げました。今年3月には、新型コロナウイルスの影響で一時1万9,000ドルを割り込んで弱気相場入りしていたことを考えると、まさに快挙としか言いようがありません。 More »