The Motley Fool

NYSE:VZ (Verizon Communications)

$58.28 $0.58 (0.01) 2021年4月17日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 17-04-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $58.28
CHANGE $0.58 (1%)
CLOSE_PRICE $58.28
OPEN_PRICE $58.07
BID $58.28
ASK $59.00
DAY_RANGE $57.80 - $58.48
YEAR_RANGE $52.85 - $61.95
VOLUME 160
AVERAGE_VOLUME 19,277,691
MARKET_CAP $241,171,299,708.00
EARNINGS_PER_SHARE $4.30

Related Articles

【米国株動向】バフェットが保有するBYDは、3月に競合のNIOの売上高を2倍上回る

ウォーレン・バフェットが株式を保有する中国電気自動車大手のBYD(OTC:BYDDY)は、競合のNIO(NYSE:NIO)やXPeng(NYSE:XPEV)ほど注目を浴びていません。しかし、BYDの売上高は、引き続き中国国内のライバルを上回っています。販売レポートによると、3月だけでBYDはNIOの2倍以上の電気自動車を売上げました。 More »

【米国株動向】定年退職者に適した米国3銘柄

既に退職したか、現役生活が終わりに近づいているならば、保有する株式ポートフォリオを見直すべきです。高成長を狙う投機的な要素を少し減らし、確実性をやや高めることが望ましいでしょう。これは単に信頼できる配当銘柄を選択するのがよいと言っているわけではありません。そのような銘柄をいくつか保有することは大半の投資家にとって有意義でしょうが、退職後の生活は平均で20~30年続くため、ある程度の株式成長、それも確実な成長が必要でしょう。以下の3銘柄は、成長、配当、安全性をバランスよく提供し、ポートフォリオに組み込むのに適しています。 More »

【米国株動向】「バリュー株vsグロース株」今後の展開を3人の本誌執筆者が予想

ハイテク株中心のナスダック総合指数は、直近高値を約8%下回りますが、過去5年間では約173.5%上昇しています(執筆時点)。超低金利や、当分の間は金利をゼロ近辺に維持するという米連邦準備制度理事会(FRB)の意向表明にもかかわらず、先月はグロース株の下げ相場が続き、投資家もボラティリティが低いバリュー株に資金を移しています。3人の本誌執筆者に「バリュー株vsグロース株」について、見解を聞きました。 More »

【米国株動向】今注目するべきバフェット銘柄3選

ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の事業は1965年以来、年平均20%のリターンを上げてきました。以下、ポートフォリオの中で引き続き大幅なリターンを生み出す可能性のある銘柄を3つ取り上げます。 More »

【米国株動向】成功を遂げる投資家が注目する、バリュー銘柄4選

グレート・リセッション(世界金融危機時の景気後退)以降、グロース株がバリュー株をアウトパフォームしています。急激な低金利とハト派政策の連邦準備制度理事会(FRB)が要因となり、成長企業が低金利で融資を受けて雇用や革新を進め、成長を遂げてきました。 More »

【米国株動向】今、ベライゾン株を注目すべきでしょうか?

ベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ)は、2020年のパンデミックの影響をそれほど受けませんでした。しかし、多くの企業と同様に2020年の売上高は2019年に比べて減少しました。 More »

【米国高配当銘柄】今からでも間に合う、4月権利落ち日の米国高配当銘柄2選

本記事では4月に権利落ち日が設定されている米国高配当銘柄を2つ紹介します。今回紹介する銘柄は、シスコ・システムズ(NASDAQ:CSCO)とベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ)です。 More »

【米国株動向】退職者にとっての夢の株バークシャー・ハサウェイ

退職者にとっての夢の株として、ウォーレン・バフェット氏(90)が50年以上の歳月をかけて育て上げ、今も経営を続けているバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)以上の銘柄はありません。退職後の投資銘柄としての同社の魅力について、以下詳しく見てみたいと思います。 More »

【米国株動向】 5Gサービスを提供するベライゾンとTモバイル、どちらが有望か

ベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ)とTモバイル(NASDAQ:TMUS)にAT&Tを加えた3社は、次世代通信規格5Gのサービスで寡占状態にあります。その背景には高水準の固定費負担や最速の通信速度といった要因があります。5Gの利用可能エリアが広がる今、ベライゾンとTモバイルではどちらのリターンが高くなるでしょうか。 More »

【米国株動向】退職後の生活の資金源となる配当株3銘柄

これから長年にわたって働く若い投資家には、ポートフォリオにおいてインカムよりも成長を優先する余裕があります。しかし、退職が近い投資家や、既に退職している投資家は話が別です。これらの投資家は信頼性の高いインカムを必要としており、その資金源は今後も信頼できるものでなければなりません。 More »