The Motley Fool

NYSE:UBER (Uber Technologies)

$54.86 $2.34 (0.04) 2020年12月5日土曜日 6時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 05-12-2020, 06:00:00am JST
CURRENT_PRICE $54.86
CHANGE $2.34 (4.5%)
CLOSE_PRICE $54.86
OPEN_PRICE $52.71
BID $54.50
ASK $54.65
DAY_RANGE $52.71 - $54.86
YEAR_RANGE $13.71 - $54.86
VOLUME 22,207,887
AVERAGE_VOLUME 21,665,748
MARKET_CAP $96,760,317,856.00
EARNINGS_PER_SHARE $-3.98

Related Articles

【米国株動向】ウーバー、自動運転会社との提携を検討

ウーバー・テクノロジーズ(NYSE:UBER)のCEOであるダラ・コスロシャヒは、自動運転部門の売却に関する質問をされた時、ウーバーは自動運転車に関して、他の企業との提携を積極的に行なっていくと述べました。 More »

【米国株動向】知名度が高くても投資対象には向かない4銘柄

困難な状況に陥ると、投資家は自分がよく知っている企業に目を向けがちですが、知名度の高い銘柄が必ずしも良い投資対象とは限りません。ここでは、有名企業でも投資対象の候補リストからは外すべき4銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】2021年以降も期待できる中国企業2銘柄

S&P500指数をアウトパフォームしている外国株、なかでも動画共有サイトのビリビリ(哔哩哔哩)(NASDAQ:BILI)、子会社でオンラインビジネスを幅広く展開するテンセント・ホールディングス(騰訊控股)(OTC:TCEHY)の中国2銘柄を取り上げます。 More »

【米国株動向】大統領がまだ決まっていないのに、大きく株価を上げた3つの銘柄

モトリーフール米国本社、2020年11 More »

【米国株動向】リフトとグラブハブが提携。フードデリバリー市場でウーバーに対抗できるか

配車サービスのリフト(NASDAQ:LYFT)はグラブハブと提携し、リフトピンクというサブスクリプション会員に手数料無料のフードデリバリーや、その他の特典を得ることができる「グラブハブ+」を提供すると発表しました。 More »

【米国株動向】ファンダメンタルズに比べ割安な2銘柄

バーゲンと言えば、自動車、家電、あるいは株式でも、良いものを安く買う機会を提供します。株価が割安である理由は様々です。バーゲンという言葉が当てはまる2銘柄、ウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)とデビットカードが主力の金融サービス会社グリーン・ドット(NYSE:GDOT)を検証します。 More »

ギグ・エコノミー銘柄に政策の逆風。プラットホームの行方は?

ギグ・エコノミーに現在、逆風が吹いています。「A.B.5」、通称ギグ・エコノミー規制法を遵守せよという判決がカリフォルニア州で可決されました。投資家目線で考えると、ギグ・エコノミーに依存する銘柄にネガティブな材料です。 More »

【米国株動向】アリババ、配車サービス「グラブ」の株をウーバーから所得

アリババがアジアの大手配車会社である「グラブ」に30億ドルの出資をする準備を進めていると伝えられました。これにより、ウーバー・テクノロジーズが保有するグラブ株の一部をアリババが所得することになります。 More »

【米国株動向】コロナ禍で郊外移住派が増える中、恩恵を受ける5銘柄とは

コロナ禍のもとでニューノーマル思考が浸透し、都市での密な暮らしから郊外へ住み替える若者層が増えています。在宅勤務が進み、高層ビルの混み合うエレベーターに乗らなくても仕事ができる環境が整いつつあります。従来の「田舎暮らし」へのシフトとは異なり、今起きている現象は比較的都市部に近い閑静な郊外で、集合住宅よりゆとりのある一軒家で暮らす生活です。こうした変化に伴う消費から恩恵を受けそうな5銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】カリフォルニア州控訴裁により、ウーバーとリフトがサービス停止を一時回避

ウーバーとリフトは、カリフォルニア州下院法案5号(AB5)によってギグエコノミー労働者を従業員として分類し、最低賃金と、労災保険などの福利厚生を確保する必要が生まれ、両社はサービス停止を検討していましたが、カリフォルニア州控訴裁からサービス停止回避の判断を認められ、期限が延長されました。 More »