The Motley Fool

NYSE:TSM (Taiwan Semiconductor Manufacturing)

$116.29 $0.70 (0.01) 2021年10月22日金曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 22-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $116.29
CHANGE $0.70 (0.6%)
CLOSE_PRICE $116.29
OPEN_PRICE $115.01
BID $115.46
ASK $115.65
DAY_RANGE $114.61 - $116.35
YEAR_RANGE $83.16 - $142.20
VOLUME 4,640,287
AVERAGE_VOLUME 7,800,853
MARKET_CAP $15,506,367,240,000.00
EARNINGS_PER_SHARE $22.10

Related Articles

大きく伸びている半導体ETFの構成銘柄から読み取く、高成長半導体銘柄4選

現在世界的な半導体不足の中で半導体セクターは大きな伸びを見せています。本記事ではそうした原因を分析しながら、大きな伸びを見せている「ヴァンエック・半導体ETF」の上位銘柄である台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング、エヌビディア、ASMLホールディングス、アナログ・デバイセズについて詳しく見ていきます。 More »

【米国株動向】AMDの時価総額は2025年までにインテルを上回るのか

ITバブルのピーク期だった2000年当時、半導体大手インテル(NASDAQ:INTC)の時価総額は一時5,000億ドルを超えましたが、競合のアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(NASDAQ:AMD)はわずか120億ドルに過ぎませんでした。しかし、直近の時価総額を見ると、インテルが2,150億ドルと以前より低い水準にある一方でAMDが1,300億ドルと上昇しています。この背景と、AMDの時価総額が2025年までにインテルを上回るかどうかを見てみましょう。 More »

大幅な半導体価格引き上げを発表した台湾セミコンダクター

8月25日、半導体大手の台湾セミコンダクター・マニュファクチュアリング(NYSE:TSM)(以下、TSMC)が半導体価格の引き上げを発表しました。今後、同社の提供する半導体の価格は従来価格から20%引き上げられることになります。昨年以降、同社を中心とした半導体メーカー各社は約10%の値上げを行なってきましたが、今回の値上げはその中でも最大のものとなっています。 More »

【米国株動向】8月に注目するべき5G関連3銘柄

高速大容量の通信規格5Gの展開によって、超高速・低遅延のワイヤレス通信が当たり前になるだけでなく、高度に自動化された工場や農園など、以前には考えもしなかったような数多くの新たなキラーアプリケーションへの道が開かれる見込みです。1年前に5G対応のiPhoneが発売され、5Gの展開はこれからが本番です。5Gの恩恵が徐々に浸透していく中で、今後10年間に大きな恩恵を享受する3銘柄を取り上げます。 More »

【米国株動向】今が買い時の割安株2銘柄

バリュー投資家は優れたビジネスと結び付いた割安株を常に探しています。目先の利益が霞んで見えるほど大量のキャッシュフローを、当分の間創出できる見通しがあれば理想的です。以下、割安な水準にあり、長期的に市場を上回るリターンが見込めそうな銘柄を2つご紹介します。 More »

【米国株動向】投資家が無視できない優良株2銘柄

優良株には、景気が良くても悪くても、投資家のリスク特性に合った安定性と安全性があります。7月15日の朝、ユナイテッドヘルス・グループ(NYSE:UNH)と台湾積体電路製造(TSMC)(NYSE:TSM)が最新の決算発表を行いました。株価の反応はまちまちでしたが、両社とも大きな成長が見込める質の高い事業を展開しています。以下、両社の発表内容と今後の見通しについてみてみたいと思います。 More »

半導体をめぐる米中、影響を受けそうな関連銘柄

未だ、世界では深刻な半導体不足が続いており、様々な分野に広く影響を及ぼしています。5Gスマートフォン、高性能パソコン、自動車、家電製品、産業機器の分野などで半導体需要は拡大を続けており、今や「半導体」は世界のハイテク産業にとって欠かせない存在となっています。 More »

【米国株動向】割安に見えるインテルは「買い」か?

今年2月、米半導体大手インテル(NASDAQ:INTC)に新CEOが就任したことを受けて、投資家の一部ではインテル株が「買い」かもしれないとの見方が浮上しています。同社は過去数十年にわたりPC用半導体チップ市場をリードしてきましたが、PC販売が落ち込む中で経営判断ミスが重なり、台湾積体電路製造(TSMC)(NYSE:TSM)やTSMCの顧客であるアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(NASDAQ:AMD)の後塵を拝する状況にあります。インテルはパット・ゲルシンガーCEOの下で失地回復に向けて大きく動いていますが、株価の大幅上昇を期待する投資家には辛抱強さが求められるかもしれません。 More »

【米国株動向】ハイテクセクターで今注目の優良配当株3銘柄

コンスタントに増配する優良配当株をポートフォリオに加えておけば、値上がりを期待しつつインカムゲインにも恵まれます。今注目の優良配当株3銘柄を、ハイテクセクターから選びました(配当利回り等は執筆時点)。 More »

世界的半導体不足と半導体セクターの将来について

昨年から半導体不足が指摘されており、各所でその影響が出ています。自動車業界では生産ラインを一時止めるというような事態にもなってきています。アメリカでは、バイデン大統領が、経済安全保障の問題として、政府として取り組むという発表まで行っています。今回は、なぜこのような事態が発生したのか、半導体セクターの特性などにも触れながら、まとめてみたいと思います。 More »