The Motley Fool

NYSE:SNOW (Snowflake Inc.)

(0.00) 2021年1月21日木曜日 23時47分07秒 日本標準時

About

Last updated 21-01-2021, 11:47:07pm JST
CURRENT_PRICE
CHANGE (0%)
CLOSE_PRICE
OPEN_PRICE
BID
ASK
DAY_RANGE -
YEAR_RANGE -
VOLUME 0

Related Articles

【米国株動向】2021年に注目すべきIPO銘柄

よく知られた評判の高い株式非公開企業が上場する際には、投資家の買い意欲は大きく高まり、しばしば上場初日の株価は大幅に上昇します。2020年に上場したスノーフレイク(NYSE:SNOW)やエアビーアンドビー(NASDAQ:ABNB)といった勢いのあるIPO(新規株式公開)銘柄を見ると、アンダーライター(引受証券会社)から直接IPO株を購入できた投資家は巨額の利益を得ています。 More »

【米国株動向】2021年は近寄らない方が良いバフェット銘柄3選

投資の世界では、ウォーレン・バフェットといえば成功と富の代名詞であり、同氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK-A)(NYSE:BRK-B)の1965年以降の株主のリターンは年率で平均20.5%、55年間では270万%に上り、市場全体のパフォーマンスに完全に打ち勝っています。 More »

不本意な投資をしてしまうのは「○○不足」だからかもしれません

デューク大学からの研究によると、睡眠不足になることで、損失を回避する行動よりも、リスクを取り、報酬を追求する傾向になることが判明しました。 More »

【米国株動向】衝撃の事実:バフェット氏がこの9カ月で35銘柄を売却

今年はいろいろな面で異例づくしとなっていますが、バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK-A)(NYSE:BRK-B)の最高経営責任者(CEO)で稀代の投資家でもあるウォーレン・バフェット氏にとっても異例の年となっています。過去55年にわたり、一時的感情に左右されないバフェット氏の長期的な投資スタンスは偉大な成功を収めています。 More »

【米国株動向】スノーフレークを上回るファンダメンタルズのクラウド3銘柄

データ保管サービスで先行するスノーフレーク(NYSE:SNOW)は、今年最大の株式市場における成功例となりましたが、クラウドコンピューティング業界には同社よりもさらに優れた銘柄が存在しそうです。 More »

【米国株動向】アマゾンは10年先、どうなっているか?

2030年のアマゾンを正確に予想することは非常に難しいですが、同社の好調な業績や成長を続けるクラウド・コンピューティングは、同社の未来が明るいことを示していると考えられます。 More »

【米国株動向】10月に注目のテクノロジー関連IPO銘柄3選

そこで上場直後で、長期的なリターンを上げる可能性を秘めた銘柄を発見するヒントとして、モトリーフールのライターが注目する3銘柄を紹介します。彼らが選んだのは、金融テクノロジー企業nCino(NASDAQ:NCNO)、AIを活用した保険会社レモネード(NYSE:LMND)、クラウドベースのデータ・ウエアハウス企業スノーフレーク(NYSE:SNOW)です。 More »

【米国株動向】IPOシーズンに新規公開株の価値を再考

秋といえばハロウィンの季節ですが、投資の世界ではパンプキン風味のコーヒーよりもパランティア・テクノロジーズなどのIPO(新規株式公開)株が注目を集めています。IPO株と聞けば、投資家は株価を問わず手に入れようとしがちですが、そこまでしてポートフォリオに加える価値が本当にあるのか、改めて考えてみましょう。 More »

【米国株動向】急反発を期待できる米国株4銘柄

ここ最近の米国株式市場は不安定で、9月始めに上場来高値を更新した人気銘柄の多くも、そこから大幅な株価下落に見舞われました。そういった銘柄の一部には、急反発を期待できるかもしれません。以下では、その候補となり得る4銘柄を紹介します。いずれも9月23日の終値は、9月初めに記録した上場来最高値から22%以上下落しています。 More »

【米国株動向】注目のIPO銘柄スノーフレークを成長速度で上回る3銘柄

9月16日に新規株式公開(IPO)をしたスノーフレーク(NYSE:SNOW)はその大きな期待に応え、当初75ドルを予定した公開価格は120ドルとなり、初値はその2倍以上となりました。クラウドベースのデータ管理システムを提供する同社には多くの魅力がありますが、最終的に重要なのは成長です。同社の昨年度の売上は174%増加しましたが、今年は第1四半期が149%、第2四半期が121%とやや伸びが鈍化しています。 More »