The Motley Fool

NYSE:RCL (Royal Caribbean)

$82.73 $-1.67 (-0.02) 2020年12月5日土曜日 6時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 05-12-2020, 06:00:00am JST
CURRENT_PRICE $82.73
CHANGE $-1.67 (-2%)
CLOSE_PRICE $82.73
OPEN_PRICE $83.00
BID $83.01
ASK $83.43
DAY_RANGE $80.43 - $83.75
YEAR_RANGE $19.25 - $135.32
VOLUME 8,543,130
AVERAGE_VOLUME 7,674,346
MARKET_CAP $18,559,494,156.00
EARNINGS_PER_SHARE $-19.75

Related Articles

【米国株動向】2021年に向けて注目すべき旅行関連銘柄3選

先日のファイザーの新型コロナウイルス用ワクチンの報道で株式市場は活気づき、新型コロナウイルスの影響を受けた企業の株価が上昇する一方で、パンデミックによるロックダウン(都市封鎖)で恩恵を受けていた企業の株価は下落しました。 More »

【米国株動向】ロイヤル・カリビアンを取り巻く3つの光明

売上規模で世界第2位、時価総額ではライバルのカーニバル(NYSE:CCL)(NYSE:CUK)を抜いてトップに躍り出たクルーズ船会社のロイヤル・カリビアン・クルーズ(NYSE:RCL)ですが、第3四半期決算は売上高がマイナス、調整後損失が12億ドルという、予想を上回る赤字幅となりました。 More »

【米国株動向】クルーズ船会社が11月に運航を再開する必要がある3つの理由

クルーズ船会社の投資家にとっては後押しになるかもしれません。カーニバル(NYSE:CCL)(NYSE:CUK)、ロイヤル・カリビアン・クルーズ(NYSE:RCL)、ノルウェージャン・クルーズ・ライン・ホールディングス(NASDAQ:NCLH)の株価は横ばいで推移しています(執筆時点)。これら3社はいずれも、11月初めまで全ての運航をキャンセルして、出航禁止令がある程度延長されても問題ないようにゆとりを確保しました。それ以上の延期にクルーズ船業界が対応できない理由をいくつか挙げてみましょう。 More »

【米国株動向】カーニバル株はこれから上昇するでしょうか?

現在、カーニバル(NYSE:CCL)(NYSE:CUK)のクルーズ船に乗ることはできません。しかし、カーニバルの株式を買うことはできます。世界最大のクルーズ会社の株価は、パンデミックの発生以来急落しました。株価は、年初来65%も下落しています。 More »

【米国株動向】今注目すべき、逆張り銘柄トップ2

特定のセクターや個々の株価には、下落から回復していないものもありますが、逆張り投資家にとって、買いの好機となるかもしれません。下落の理由は明白であり、COVID-19による打撃が恐らく一時的なものだということも分かっています。この難局を乗り切るための十分な現金が企業にあれば、いずれは事業が平時の状態に回復し、株価も急速に回復するはずです。 More »

【米国株動向】注目すべき旅行関連銘柄

以下、旅行関連業界でも異なる分野に属するブッキング・ホールディングス(NASDAQ:BKNG)、ロイヤル・カリビアン・クルーズ(NYSE:RCL)、ウーバー・テクノロジーズ(NYSE:UBER)の3銘柄について、今後の株価の見通しについて検討してみたいと思います。 More »

【米国株動向】コロナのワクチンが開発されても豪華船クルーズ関連株の回復は困難か

マーケットが上昇しているにもかかわらず、米国の3つのクルーズ株はすべて下落傾向にあります。その3つとは、カーニバル(NYSE:CCL)(NYSE:CUK)、ノルウェー・クルーズ・ライン(NASDAQ:NCLH)、ロイヤル・カリビアン(NYSE:RCL)です。COVID-19のワクチン開発に関する有望なニュースによってマーケット全体が上昇傾向にあるにもかかわらず、クルーズ株は下落傾向にあります。 More »

【米国株動向】7月に注目の旅行関連株3本

2020年上半期は、旅行・レジャー業界にとって悪い意味で重要な時期でした。新型コロナウイルスのパンデミックによって業界は大きな打撃を受け、多くの企業の売上高が初めてほぼゼロとなりました。「ステイホーム」関連銘柄の多くが上昇する中、旅行業界は依然として低迷しており、多数の大手企業の株価がパンデミック前の高値を大幅に下回っています。このことは、旅行・レジャー活動が通常の状態に近づいた場合、株価が大きく反発する可能性があることを意味します。 More »

【米国株動向】7月に注目するべき一般消費財銘柄4選

新型コロナウイルスの世界的流行と景気後退のはざまにあって、外出する時間もお金も限られるなか、一般消費財株に買いを入れるには難しい時期です。しかし、以下の4銘柄は次期反騰局面で株価反発を促す強力な要因を備えています。 More »

コロナが落ち着いても回復が難しそうな米国の業界と銘柄

2019年後半に始まったコロナウイルス騒動は世界的に大きな影響を与え、世界各国の株式市場にも大きな影響を与えました。2020年になり状況は更に悪化しましたが、5月頃から株式市場の下落も治まりつつあるような動きを見せる銘柄も現れました。コロナ騒動が始まる前に好調だった銘柄は、世界経済が回復すれば、株価も回復していくのでしょうが、今回ご紹介するアメリカの業界は、コロナ騒動の影響を受けたまま、長期に渡り低迷する可能性があります。 More »