The Motley Fool

NYSE:MRK (Merck & Co.)

$80.83 $-0.25 (0.00) 2021年10月22日金曜日 2時33分13秒 日本標準時

About

Last updated 22-10-2021, 02:33:13am JST
CURRENT_PRICE $80.83
CHANGE $-0.25 (-0.3%)
CLOSE_PRICE $81.07
OPEN_PRICE $81.11
BID $80.82
ASK $80.83
DAY_RANGE $80.28 - $81.26
YEAR_RANGE $68.38 - $85.60
VOLUME 4,498,690
AVERAGE_VOLUME 15,863,834
MARKET_CAP $205,218,546,604.00
EARNINGS_PER_SHARE $2.20

Related Articles

10月第1週に動意づいた米国株

当記事では10月第1週に動意づいた米国株を紹介いたします。 More »

【米国株動向】NYダウ採用銘柄でいま注目すべき3銘柄

景気の先行きは不透明であり、相場の変動が近づいている可能性があります。そのため、投機的なグロース株よりも優良企業に投資する方が良い時期でしょう。ダウ工業株30種平均(NYダウ)を構成する30銘柄は、時価総額と出来高が大きく、多様な業種にわたっています。各業界の頼れるリーダーを求める投資家にとって心強い存在です。ここでは、いま注目すべきNYダウ構成銘柄として、アップル(NASDAQ:AAPL)、製薬会社メルク(NYSE:MRK)、建機メーカーのキャタピラー(NYSE:CAT)を紹介します。 More »

【米国株動向】長期的な将来性が過小評価されている医薬品2銘柄に注目

大手医薬品株は市場に出遅れていますが、中でも筆者が今特に注目しているのが、長期的な回復手段を確保しているジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE:JNJ)とメルク(NYSE:MRK)です。 More »

【米国株動向】ウォール街が20%以上の値上がりを予想する高配当株3銘柄

投資において、大抵はキャピタルゲインかインカムゲインかのいずれかを狙い、他方をあきらめなければならないものですが、例外もあります。以下では高配当の医薬品株ながら、ウォール街が今後12カ月に20%以上の上値余地を見込む3銘柄を紹介します(配当利回り、株価指標等は執筆時点)。 More »

欧米ヘルスケア銘柄の最新業績(2021年Q1):アストラゼネカと高配当株メルク

今回の記事では、注目するべきヘルスケア企業であるアストラゼネカ(NYSE:AZN)とメルク(NYSE:MRK)の最新業績や最新コロナ対応などについて解説します。 More »

バークシャー・ハサウェイが買い増しした銘柄とその分析

ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)が、2020年10-12月期に購入・売却した銘柄が明らかになりました。本記事では同社が2020年10-12月期に売買した銘柄のうち、買い増しした銘柄について着目し、分析をしていきます。 More »

【米国株動向】バークシャー・ハサウェイの最近の購入・売却銘柄

ウォーレン・バフェット氏とバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の投資チームは、購入した銘柄や売却した銘柄について語ることは通常ないので、私たちは同社の四半期ごとの証券取引委員会(SEC)提出資料から知ることになります。 More »

米国ヘルスケア銘柄の最新業績:高配当株アッヴィとメルク

この記事では注目すべき米国ヘルスケア銘柄であるアッヴィ(NYSE:ABBV)とメルク(NYSE:MRK)について解説していきます。アッヴィとメルクは、高配当株としても知られているので、配当金を気にしているのであれば購入を検討してみると良いでしょう。 More »

ワクチンの次はここに注目。「新型コロナ治療薬」開発企業を紹介

現在、新型コロナウイルス感染に有効な薬「新型コロナウイルス感染症治療薬」の開発が世界各国で進められています。もう既に治験に入っている製薬会社もあり「新型コロナウイルス感染症治療薬」が我々の手元に届く日も、そう遠くはないかもしれません。そこで今回は「新型コロナウイルス感染症治療薬」に関わる研究・開発を行っている企業をいくつか紹介していきたいと思います。 More »

バフェットが20年待って投資した大型薬品株、その4銘柄の将来性

今年の第3四半期のバークシャー・ハサウェーの投資の状況が、SECへのファイリングの公開により明らかになりました。その際に、金融株やアップル株の保有を減らしたことが話題となっています。購入サイド(自社株買いを除く)では、大型薬品株の投資が注目を集めました。 More »