The Motley Fool

NYSE:MO (Altria Group)

$42.96 $-0.64 (-0.01) 2020年8月13日木曜日 5時15分00秒 日本標準時

About

Last updated 13-08-2020, 05:15:00am JST
現在値 $42.96
前日比 $-0.64 (-1.5%)
終値 $42.96
始値 $43.71
買い値 $42.95
売り値 $42.96
日次値幅 $42.91 - $43.97
年次値幅 $30.95 - $52.45
出来高 1,389,931
平均出来高 7,252,568
時価総額 $81,026,118,007.00
EPS (ttm) $-0.50

Related Articles

【米国株動向】8月に注目の割安株2銘柄

新型コロナウイルスのパンデミックのために、格安で取引されている2つの株式をご紹介します。これらの銘柄は、ワールドクラスのブランドと強固なビジネスモデルにより、今後、株価が急激に回復する可能性があります。まず、優良エンターテインメントブランドであるウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)を取り上げます。次に、アルトリア(NYSE:MO)を取り上げます。 More »

【米国株決算】アルトリア・グループの最新決算情報と今後の株価の推移

本記事ではアルトリア・グループの最新決算情報である、2020年第2四半期決算の内容と今後の株価の推移などについて見ていきます。 More »

【米国株決算】7月27日週に4-6月期決算を発表する注目米国銘柄

世界は未だに猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の影響を受けています。特にアメリカでは多くの新規感染者が出ており、収束の兆しは見えていません。企業の決算報告への影響においては、1-3月期決算においても大きな影響が出ましたが、2月中旬以降しか影響を受けていません。対して4-6月期決算においては、四半期を通してその影響を受けています。そういった観点から、7月終わりから8月にかけて発表される4-6月期決算には非常に大きな注目が集まっていると言えるでしょう。 More »

ダウの犬戦略も上回る?「S&P10戦略」と上位3銘柄

S&P500にはそのサブ指数として、「S&P100指数」と呼ばれる投資ユニバースが存在します。 More »

【米国株動向】極めて割安な米国バリュー株3銘柄

 米国株式相場はコロナ禍による2月から3月にかけての暴落に続いて急反発しましたが、多くの銘柄が今なお値頃感を保っています。その中でも、バリュエーションが比較的低いながらも配当利回りが高め、すなわちキャピタルゲインとインカムゲインの両方に期待できそうなバリュー株3銘柄を、以下で紹介します(配当利回り、株価指数等は執筆時点)。 More »

【米国株動向】潤沢なキャッシュフローを生み出す米国株式上位3銘柄

世界経済の非常に不安定な状況が続く中、投資家が安心して夜眠るための方法は、健全なバランスシートと確実なキャッシュフロー創出能力を備えた株式を保有することです。フェイスブック(NASDAQ:FB)、バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)、アルトリア(NYSE:MO)はそうした要求に応える銘柄です。 More »

【米国株動向】今注目すべき不人気な米国配当株3銘柄

世界最大のタバコメーカーであるアルトリア(NYSE:MO)、ショッピングモールの開発と運営を専門とする不動産投資信託(REIT)であるタンガー・ファクトリー・アウトレット・センターズ(NYSE:SKT)、通信大手のAT&T(NYSE:T)はそうした銘柄の例です。 More »

【米国株動向】配当利回りが4%を超え、キャピタルゲインも期待できる3銘柄

債券の利回りは低下しているかもしれませんが、株価が急落しているため株の配当利回りの方は逆に上昇しています。現在、配当利回りが4%を超える株も多く、そうした株では四半期ごとの高配当を得つつ、キャピタルゲインを狙えるかもしれません。 More »

【米国株】株式投資の実質リターン:「シーゲル銘柄トップ20」

米国株を語る上で、誰もが耳にする「S&P500」や「NYダウ」は最重要ではありますが、「株式投資における実質リターン」は果たしてどの程度になるのでしょうか。そして、どのような銘柄が実質リターン上位になるのでしょうか。「実質 リターン」においては、ペンシルベニア大学大学院のジェレミー・シーゲル教授が著著「Stocks for the Long Run 5/E」(和名:「株式投資」)の中で、過去 (1957~2012) における米国株の分析をされており、リターン上位20銘柄を発表しています。 More »

【米国株動向】株価急落の今注目の高配当銘柄

低金利で債券運用に期待が持てない中、リターン獲得の選択肢として高配当株への投資に注目が高まっています。普通預金の利息が平均0.09%であるのに対し、S&P500種指数構成銘柄の配当利回りは平均1.9%と魅力的です。ここでは、配当利回りが5%超、かつ今後も継続して増配が可能な利益やキャッシュフローの創出を期待できる5銘柄を紹介します。 More »