The Motley Fool

NYSE:MO (Altria Group)

$47.80 $-0.32 (-0.01) 2021年10月27日水曜日 23時32分05秒 日本標準時

About

Last updated 27-10-2021, 11:32:05pm JST
CURRENT_PRICE $47.80
CHANGE $-0.32 (-0.7%)
CLOSE_PRICE $48.11
OPEN_PRICE $48.25
BID $47.79
ASK $47.80
DAY_RANGE $47.71 - $48.32
YEAR_RANGE $35.83 - $52.59
VOLUME 934,055
AVERAGE_VOLUME 6,999,924
MARKET_CAP $88,718,587,624.00
EARNINGS_PER_SHARE $2.44

Related Articles

【米国株決算】アルトリア・グループの最新決算情報と今後の株価の推移

本記事ではアルトリア・グループの最新決算である2021年第2四半期決算の内容と今後の株価の推移などについて見ていきます。 More »

【米国株動向】アルトリア・グループの高配当は出来過ぎた話

たばこ会社のアルトリア・グループ(NYSE:MO)は、高配当かつ連続増配で定評のある企業で、昨年も1株当たり年間配当を3.44ドルに引き上げ、連続増配記録を51年に延ばしました。配当の原資も潤沢で、2020年の1株当たり利益(EPS)は前年比6%増の4.22ドルとなり、売上高と営業利益も着実に成長しています。 More »

【米国株動向】FDAがメンソールたばこの禁止に動く

米食品医薬品局(FDA)はバイデン政権の指針に従い、フレーバーたばことして唯一認められていたメンソールたばこを全面的に禁止する方針を示しました。同局は来年中にも、メンソール風味のたばこと葉巻を禁止する新たな規制案をまとめる計画です。 More »

【米国株動向】危険が潜む高配当利回り株2銘柄

有名企業アルトリア・グループ(NYSE:MO)とH&Rブロック(NYSE:HRB)の配当利回りはそれぞれ6.3%と4.7%(ともに執筆時点)と魅力的ですが、それには理由があります。こうした配当が未来永劫成長を続けると思い込んではいけません。両銘柄ともに危険が潜んでいます。 More »

キャピタルゲイン増税による米国株への影響について

キャピタルゲインへの最高税率は、富裕層にとっては他の所得に係る最高税率比べると低くなっています。バイデン氏はそこにメスを入れ、最高税率を引き上げようとしています。もしこれが実現されれば、1921年以来、約100年ぶりの高水準となります。 More »

ハイリターンを誇る「連続増配ETF」から選ぶ、連続増配の恩恵を享受しやすい3銘柄

業績相場に移行しつつある米国株式市場において、今回は企業利益の拡大と同時に継続的な株主還元政策にコミットする優良企業、いわゆる「連続増配銘柄」を投資対象としたETFをテーマに、その投資環境と構成銘柄をご紹介致します。 More »

創業から100年以上、株価と配当で投資家にリターンをもたらしてきた米国株3選

この記事では100年以上、事業を存続し株主に大きなリターンをもたらしてきたアメリカの伝統的な企業を3つご紹介します。 More »

【米国株動向】現時点で非常に割安なバリュー株2銘柄:MGMリゾーツとアルトリア

S&P 500構成銘柄の平均株価収益率(PER)はほぼ40倍(本稿執筆時点)で、バリュー志向の投資家にとって割高な水準にあります。ところが、いくつかの企業はそうではありません。中でも大手カジノ運営会社のMGMリゾーツ(NYSE:MGM)と大手タバコ会社のアルトリア・グループ(NYSE:MO)は、バリュエーションが非常に割安な一方で素晴らしい成長の原動力を備えています。 More »

定年後に配当収入で暮らす方法と注目のETF・個別銘柄

金融広報中央員会に「家計の金融行動に関する世論調査(2015)」によると、年金支給開始までに貯めておきたい貯蓄額として2,173万円が示されています。この2,000万円という数字は、一時話題になったためご存知の方も多いと思います。2,000万円の貯蓄を作るだけでなく、年金以外の毎年定期的な収入を得る方法として株式投資があります。資産を形成するにとどまらず、配当収入により余裕のある老後生活を送ることを可能にします。 More »

【米国高配当銘柄】生活必需品セクターの高配当銘柄3選

今回は生活必需品セクターに属する高配当銘柄について紹介していきます。様々なセクターの銘柄をポートフォリオに取り入れると、よりポートフォリオに安定感が生まれます。参考にして頂ければと思います。 More »