The Motley Fool

NYSE:MMM (3M)

$201.44 $2.06 (0.01) 2021年5月6日木曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 06-05-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $201.44
CHANGE $2.06 (1%)
CLOSE_PRICE $201.44
OPEN_PRICE $200.00
BID $198.00
ASK $201.74
DAY_RANGE $199.16 - $201.72
YEAR_RANGE $131.12 - $203.16
VOLUME 1,397,274
AVERAGE_VOLUME 2,434,233
MARKET_CAP $116,769,732,402.00
EARNINGS_PER_SHARE $9.85

Related Articles

【米国株動向】生涯頼りになる配当王3銘柄

投資家が銘柄選択をする際には、各人の投資戦略やポートフォリオの目標と合致するものを選ぶ必要がありますが、彼らが配当銘柄を特に好むのにはもっともな理由があります。優良配当銘柄は、副収入源を得られると同時に、今後の投資のための現金が積み増しできるのです。今後数十年間の配当収入増とポートフォリオ成長のために、信頼できる優良配当銘柄を3つ紹介します。 More »

【米国株動向】安心して長期保有できる配当株3選

モトリーフール米国本社、2021年4& More »

【米国株動向】安定した事業と配当で退職者に最適の3銘柄

引退してから株に投資をするのはとりわけストレスを感じるものです。若ければ、損失を取り戻す時間もあり、普段の収入を投資に回すこともできますが、人生も終盤になり投資で収入を得るようになると、安定した株価と増配の実績がある企業に投資をすることでリスクを減らす戦略を取るようになります。ユニリーバ(NYSE:UL)、スリーエム(NYSE:MMM)、サザン(NYSE:SO)は、そうした戦略にピッタリの銘柄です。 More »

【米国高配当銘柄】資本財セクターの高配当銘柄2選

今回は生活必需品セクターに属する高配当銘柄について紹介していきます。様々なセクターの銘柄をポートフォリオに取り入れると、よりポートフォリオに安定感が生まれます。今回取り上げる銘柄は、スリーエム、ロッキード・マーチンの2つです。 More »

【米国株動向】スリーエムがパランティアとのパートナーシップを拡大

先月23日にパランティア(NYSE:PLTR)は、数百万ドルの取引の一環としてスリーエム(NYSE:MMM)に追加サービスを提供することを発表しました。スリーエムは、サプライチェーンの運用を改善する取り組みの一環として、パランティアの分析プラットフォームの使用を拡大する予定です。 More »

【米国株動向】リタイア後に頼りになる配当ETF4銘柄

債券利回りが極めて低水準にある現在、老後資金の補填として安定したインカムが見込まれる配当ETFの魅力が高まっています。個別の株式に投資すると、株価の変動や配当そのものの変動といったリスクを伴いますが、クオリティや配当利回りを重視した配当ETFに投資することによって、そうした変動を最小限に抑えることが可能になります。 More »

【米国株動向】配当利回り3%超の注目の米国株3銘柄

足元の市場環境では、適切な株式を選択すれば、債券を上回るインカムと成長を両方得ることができます。しかし、配当の支払いは保証されていないため、株式は債券より高リスクです。従って、配当の金額だけでなく、その持続可能性についても検討することが望ましいでしょう。この点を念頭に置いた上で、配当利回りが3%を上回る3銘柄を紹介します。 More »

【米国株決算】スリーエムの最新決算情報と今後の株価の推移

本記事ではスリーエム社の最新決算である2020年第4四半期決算及び通年決算の情報と今後の株価の推移について見ていきます。 More »

【米国株動向】スリーエムは順調に2021年をスタートするでしょう

スリーエム(NYSE:MMM)は、現在すべてのセグメントで売上高を伸ばしています。したがって、第4四半期および通年の目標売上高は問題なく達成できそうです。以下の表は2020年のスリーエムの売上高の推移を示しています。投資家は最もダメージを受けた交通・エレクトロニクスセグメントの成長率がプラスに転じたことを好感しています。 More »

【米国株動向】長期にわたり安定した配当が見込まれる米国3銘柄

高利回りの不動産投資信託(REIT)であるW.P.キャリー(NYSE:WPC)、大手資本財企業の3M(NYSE:MMM)、急成長中の公益企業であるネクステラ・エナジー(NYSE:NEE)はそうした力を備えた企業です。 More »