The Motley Fool

NYSE:LMT (Lockheed Martin)

$387.34 $0.97 (0.00) 2021年5月7日金曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 07-05-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $387.34
CHANGE $0.97 (0.3%)
CLOSE_PRICE $387.34
OPEN_PRICE $387.99
BID $370.01
ASK $391.00
DAY_RANGE $386.00 - $389.30
YEAR_RANGE $319.81 - $417.62
VOLUME 13
AVERAGE_VOLUME 1,603,870
MARKET_CAP $107,654,949,749.00
EARNINGS_PER_SHARE $24.88

Related Articles

連続増配銘柄を対象としたETF「SCHD」の中でも特に増配の恩恵を受けやすい3銘柄

今回は企業利益の拡大と共に、継続的な株主還元政策にコミットする優良企業、いわゆる「連続増配銘柄」を投資対象としたETFをテーマに、その投資環境及び、構成銘柄をご紹介致します。 More »

【米国株動向】スペースXが資金調達ラウンドを11.6億ドルに引き上げる

イーロン・マスクのスペースXは新たに3億1,400万ドルを調達し、過去数か月で調達した資本は総額で11億6,000万ドルになりました。スペースXは2月に8億5,000万ドルを調達したことを明らかにしましたが、14日に発表された規制当局への報告で、より多くの金額を調達していたことが明らかになりました。この資金は運転資金に使用される予定です。 More »

【米国高配当銘柄】資本財セクターの高配当銘柄2選

今回は生活必需品セクターに属する高配当銘柄について紹介していきます。様々なセクターの銘柄をポートフォリオに取り入れると、よりポートフォリオに安定感が生まれます。今回取り上げる銘柄は、スリーエム、ロッキード・マーチンの2つです。 More »

【米国株動向】配当利回り3%超の注目の米国株3銘柄

足元の市場環境では、適切な株式を選択すれば、債券を上回るインカムと成長を両方得ることができます。しかし、配当の支払いは保証されていないため、株式は債券より高リスクです。従って、配当の金額だけでなく、その持続可能性についても検討することが望ましいでしょう。この点を念頭に置いた上で、配当利回りが3%を上回る3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】ピーター・リンチ氏が好みそうな割安な配当銘柄3選

既に引退し70代半ばに達したリンチ氏から、新たな銘柄選択について聞く機会はそうそうないでしょうが、同氏であれば今日の株式市場でどの企業を選択するかを想像することはできます。ロッキード・マーチン(NYSE:LMT)、キンダー・モルガン(NYSE:KMI)、コノコフィリップス(NYSE:COP)の3銘柄は、ピーター・リンチ氏からお墨付きをもらえるでしょう。 More »

宇宙開発で注目を集める企業と投資対象となりうる銘柄

航空・防衛セクター(Aerospace & Defense)は、商業用の旅客機から、ミサイルやジェット戦闘機、はたまたロケット・宇宙船などの宇宙開発関連まで、かなり幅広い分野を含むセクターです。このセクターはアメリカ株を見る上では、無視できないセクターです。約50万9,000人の科学者・技術者が働いており、関連するエリアでも約70万人が働いていると言われています。 More »

【米国株動向】ロッキード・マーティンに注目

ロッキード・マーティン(NYSE:LMT)の株価は好調です。同社の株価は過去5年間で85%も上昇しており、S&P500を20ポイントも上回っています。防衛産業において世界最大の同社は、素晴らしい製品群を抱えています。ペンタゴンの予算が拡大されてきたことが、株価の追い風となってきました。しかし、今後防衛予算が削られると、株価が下落する可能性があります。 More »

ついにAIの波は戦闘機にまで押し寄せる。2021年にAIパイロットと米軍パイロットの対戦が決定

最近、いろいろな所で見られるようになったAI(人工知能)ですが、ついに映画さながらのように、戦闘機にまで搭載されるようになりました。 More »

【米国株動向】注目の防衛関連3銘柄

全体として防衛企業は安全な逃避先のように見えます。信頼性の高い顧客が売上の大きな割合を占め、製品への需要も旺盛です。ここでは注目の防衛企業3社を紹介します。 More »

【米国株動向】ロッキード・マーチンは新型コロナウイルスにもかかわらず好調

ロッキード・マーチン(NYSE:LMT)の株価は、COVID-19のパンデミックによる大幅下落免れることができました。2月中旬から3月中旬にかけては30%以上下落したものの、この数週間、株価は着実に上昇しています。 More »