The Motley Fool

NYSE:KMB (Kimberly-Clark)

$133.27 $3.16 (0.02) 2021年10月27日水曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 27-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $133.27
CHANGE $3.16 (2.4%)
CLOSE_PRICE $133.27
OPEN_PRICE $129.07
BID $132.02
ASK $133.70
DAY_RANGE $128.70 - $133.99
YEAR_RANGE $125.27 - $144.44
VOLUME 2,512
AVERAGE_VOLUME 1,923,769
MARKET_CAP $44,874,237,540.00
EARNINGS_PER_SHARE $5.89

Related Articles

【米国株動向】超割安に見える優良配当株3銘柄

米国株式市場は昨年の初めから上昇し続けており、バリュー株を探すのが難しい状況になっています。とはいえ、過熱気味のクラウドコンピューティングやeコマースとは違い、あまり注目されていない分野には割安状態の銘柄が残されているのも事実です。その中でも業績良好で配当が安定しているにもかかわらず投資家に見過ごされている3銘柄を、以下で紹介します(株価、配当利回り等は執筆時点)。 More »

【米国株動向】永久保有を前提にした注目の配当貴族3銘柄

完璧な株は存在しませんが、さまざまな局面を乗り越えつつ増配を続けてきた実績を持つ優良配当株として、プロクター・アンド・ギャンブル(NYSE:PG)、マクドナルド(NYSE:MCD)、シャーウィン・ウィリアムズ(NYSE:SHW)の3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】次の増配が実施される前に購入を検討すべき米国高配当株2銘柄

投資家が注目すべき特別な配当銘柄としてペプシコ(NASDAQ:PEP)とプロクター・アンド・ギャンブル(NYSE:PG)を取り上げます。 More »

【米国株動向】配当投資家に愛される3銘柄

優れた配当銘柄を選ぶときは、企業の過去の配当支払いと、ビジネスモデルの底堅さに注目することが重要です。通常、長年にわたり増配を続けてきた企業は、今後もそうする公算が大きいと言えます。堅固な参入障壁と競争上の大きな強みは、その企業が危機の間に低迷する可能性や、配当を減配・停止する可能性が低いことを意味します。 More »

【米国株動向】ピーター・リンチ氏が好みそうな3銘柄

ピーター・リンチ氏は米国で最も有名な投資家の1人で、フィデリティ・インベストメンツでマゼラン・ファンドを運用していた1977~1990年の13年間にわたり、平均年率29.2%という驚異的なリターンを上げ、S&P500指数を一貫してアウトパフォームしました。著書『One Up on Wall Street』は今でも多くの投資家に影響を与え続けています。同氏の3つの名言と、それに基づいてリンチ氏が好みそうな3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】キンバリー・クラークへの投資は大きなリターンをもたらすのか

P&Gやコルゲート・パーモリーブなどの企業を長期保有してきた投資家は大きなリターンを得ています。キンバリー・クラークも、過去5年で株式市場のリターンを上回っています。 More »

【米国株動向】5年後、プロクター&ギャンブルはどうなっているか

プロクター&ギャンブル(NYSE:PG)の株価は過去12か月間で約10%上昇し、S&P 500のマイナス0.8%のリターンを大きく上回りました(執筆時点)。 More »

【米国株動向】近く増配発表の可能性がある米国3銘柄

配当銘柄には、四半期ごとのインカム・ゲインと同時に、業績が良好であれば株価上昇も期待できるという魅力があります。長期にわたり毎年増配を続ける銘柄で、近い将来増配の発表が予想される、コカ・コーラ(NYSE:KO)、キンバリー・クラーク(NYSE:KMB)、ウォルマート(NYSE:WMT)の3銘柄を紹介します。 More »