The Motley Fool

NYSE:JNJ (Johnson & Johnson)

$149.66 $2.69 (0.02) 2020年8月13日木曜日 5時15分00秒 日本標準時

About

Last updated 13-08-2020, 05:15:00am JST
現在値 $149.66
前日比 $2.69 (1.8%)
終値 $146.97
始値 $147.49
買い値 $149.61
売り値 $149.66
日次値幅 $147.49 - $150.24
年次値幅 $109.16 - $157.00
出来高 1,504,176
平均出来高 6,381,601
時価総額 $386,946,066,120.00
EPS (ttm) $5.77

Related Articles

【米国株動向】ジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチン候補、動物実験で効果を示す

ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE:JNJ)は、30日、動物実験にて、新型コロナウイルスワクチン候補の「Ad26.COV2-S」がヒト以外の霊長類に対して「SARS-CoV-2」の感染から予防する効果を示したと発表しました。 More »

【米国株決算】ジョンソン&ジョンソンの最新決算情報と今後の株価の推移

ジョンソン&ジョンソン(NYSE:JNJ)はアメリカに本社を置き、製薬、医療・ヘルスケア製品を提供している米国の持株会社です。事業領域としては、「バンドエイド」や「ジョンソン」、ベビー製品、目薬、鎮痛剤、胃腸薬などの一般用医薬品といった消費者向け製品を扱うコンシューマー領域、外科手術製品・印象検査機器・診断薬などを含み、医療機関向けの医療機器・医療関連製品などを扱うメディカル領域、使い捨てコンタクトレンズ「アキビュー」などを扱うビジョンケア領域などがあります。 More »

【米国株動向】いつまでも手放したくない3銘柄

S&P 500は今年3月以降の下落幅をほぼすべて取り戻しています(執筆時点)。新型コロナウイルス感染症の第2波、高い失業率、市民によるデモ、中国との貿易戦争に直面する中での株式市場の活況は不合理に見えるかもしません。ある程度の利益確定はやむを得ないと考える投資家もいるでしょう。次の市場暴落が起こる前にポジションを削減して利益を確定するのは賢明ですが、筆者は引き続き長期的な勝者の株式は保有し続けるべきだと考えています。個人的には、成功を収めたアマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)、JD.com(NASDAQ:JD)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE:JNJ)のポジションはそのままにしておくつもりです。 More »

【米国株動向】市場が暴落時に注目すべき3銘柄

3月に株式市場は大幅な下落をし、その後は株式市場の動きがマクロ経済のファンダメンタルズから乖離しているのではないかという議論が続くなか、経験豊富な投資家なら次の下落への対応策を練っているところでしょう。以下、株式市場の大幅な下落時や景気後退の際に購入すればポートフォリオ価値の保全に貢献し、市場回復時には利益を生むと期待される3つの銘柄を紹介したいと思います。 More »

長期安定成長が見込める米国医薬品メーカートップ5を紹介

高齢化社会の到来は、世界中の先進国で起きている問題です。人口が増えているアメリカもその例外ではありません。「Aging America(高齢化社会を迎えるアメリカ)」は長く続いている投資テーマです。その意味でこのセクターの成長性はかなり期待できる一方、健康保険、ヘルスケアコストの上昇は、国民の生活、財政を逼迫させるものでもあるので、薬価に対する政治の圧力は強くなりがちです。 More »

新型ウィルス感染第2波が逆風となる3業種、追い風となる3業種

新型コロナウィルスの感染拡大で、株式市場は大恐慌以来の混乱に陥りました。感染第2波でさらなるロックダウンが起これば、W字型回復が続くかもしれません。第2波に備えて打撃を受ける業種、恩恵を享受する業種を確認しておくべきでしょう。 More »

【米国株決算】7月20日週までに4-6月期決算を発表する注目米国銘柄

2月頃に発生したコロナパンデミックにより、多くの企業がその影響を受けました。1-3月期決算においても、多くの企業が新型コロナウイルス感染症の影響を受けたと発表していました。もちろんマイナスの影響を受けた企業もある一方で、プラスの影響を受けた企業もありました。どちらにしても企業の決算発表は大きな注目を集めます。そんな中、7月は多くの米国企業が4-6月期決算を発表します。 More »

どのような銘柄が高(好)配当銘柄にふさわしいのか、具体的な銘柄も紹介

配当株投資をされている方は多いかと思います。大きく振れる株価に比べて、安定的に収益をもたらしてくれる配当は、株式投資の上では重要な要素になります。企業にとって、収益の使用使途としては、大きく分けて4つの方法があるかと思います。 More »

【米国株動向】バフェット氏が回避する3つの人気セクター

なぜ投資会社バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)のウォーレン・バフェットCEO(最高経営責任者)にウォール街が注目するのか知りたければ、同社の直近の年次報告書を読むと良いでしょう。同社の過去10年間の運用実績はS&P500指数と同程度ですが、過去55年間の累積では配当を含む同指数を270万%以上アウトパフォームしています。 More »

【2020年下期】今だからこそ注目したい米国高配当銘柄を紹介

新型コロナウイルスによる景気後退懸念で、世界中の株式が下落したことはみなさんご存知かと思います。米国をはじめとした先進国の株式は2019年から上がり続けており、二番底の不安もありながらも、優良銘柄に調整が入ったことは、投資家としては注目すべきでしょう。特に、株価が下落したことにより、多くの銘柄の配当利回りは上昇しており、高配当銘柄には投資妙味があります。 More »