The Motley Fool

NYSE:GME (GameStop)

$108.73 $17.02 (0.19) 2021年2月26日金曜日 6時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 26-02-2021, 06:00:00am JST
CURRENT_PRICE $108.73
CHANGE $17.02 (18.6%)
CLOSE_PRICE $108.73
OPEN_PRICE $169.56
BID $105.79
ASK $108.00
DAY_RANGE $101.00 - $184.68
YEAR_RANGE $2.57 - $483.00
VOLUME 150,308,766
AVERAGE_VOLUME 50,458,486
MARKET_CAP $6,396,493,701.00
EARNINGS_PER_SHARE $-4.22

Related Articles

【米国株動向】2021年に購入を検討すべき2つの自律運転銘柄

自律運転は世界を大きく変えます。運転者がいなくなり、衝突や交通事故が大幅に削減されます。UBSのアナリストによると、自律型ライドシェア市場の規模は2030年までに少なくとも2兆ドルに達します。さらに、インテル(NASDAQ:INTC)はこの市場が2050年までに7兆ドルに達する可能性があると考えています。自律型車両の開発に投資しているエヌビディア(NASDAQ:NVDA)とアルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)の子会社ウェイモは、この市場における勝者となるでしょう。 More »

ゲームストップ狂騒曲と気をつけるべき株式取引における禁止事項

これを仕掛けたのが個人トレーダーであり、米国スマホ証券のロビンフッドから参加する個人が多かったこと、そして、仕掛け人がレディットというSNSのWallstreet Betsいう掲示板で共同で動くことを呼びかけていた、ということなどから、大きな話題になりました。しかし、その後本件に、米国の証券取引委員会(SEC)などの規制当局が調査に入っています。 More »

【米国株動向】ロビンフッドの保有高上位10位以内で2021年に暴落する可能性がある銘柄とは?

投資アプリのロビンフッドは、取引手数料が不要で、新規入会者に株式を無料で贈呈することで知られており、2020年に300万人の新規ユーザーを獲得しました。ユーザーの平均年齢はわずか31歳で、その多くはミレニアル世代および/または投資の初心者です。若い世代が投資にいそしむ状況は歓迎すべきこととはいえ、ミレニアル世代の投資初心者が長期投資と複利のメリットを完全に理解することなくペニー株(1ドル未満で取引される超低位株)や投資すべきでない株式を購入しています。ロビンフッドにおける保有高上位10銘柄の半数は、2021年に暴落する危険性があります。 More »

【米国株動向】今にもはじけそうな危険な投資バブル

株式投資には常に冒険の要素が伴います。2020年は新型コロナウイルスのパンデミックにより市場は史上まれに見る乱高下を経験し、第1四半期に史上最速で弱気相場入りしたかと思えば、その後の数カ月は史上最強レベルの反発となりました。歴史的低水準にある貸出金利や政府による財政刺激策など、足元の割高なバリュエーションを支える材料は多くあります。 More »

2月第一週に同意づいた銘柄をおさらい

2月1日に同意づいた銘柄 ノババ More »

【米国株動向】株価が暴騰しても市場の機能不全と慌てるべからず

週明けの1月25日、株式市場は荒れました。これを重度の機能不全と捉える向きもあるでしょうが、特別なことと慌てる必要はありません。最後に勝者となるためにカギとなるのは、理性を失わない投資姿勢です。 More »

【米国株動向】投資家がショート・スクイーズについて知っておくべき3つのこと

株式市場は2021年、好調なスタートを切りました。投資家は、批判的な意見をものともせず、急上昇する様相を見せる銘柄に乗じようとしています。ビデオゲーム小売チェーンのゲームストップ(NYSE:GME)は、困難な経営状況から多くの投資家が株価下落を予想するなか、1月半ばには株価が2日間で100%上昇し、大きな関心を集めています。 More »

1月第4週に動意づいた米国株

1月25日に動意づいた銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】ゲームストップの高騰は続くのか

1月下旬に入り、ゲームストップ(NYSE:GME)の株価が乱高下しています。同社の株価は6年連続で下落していましたが、ここ数日の間で急騰し、市場に大きな衝撃を与えています。本記事ではここ最近におけるゲームストップの株価の乱高下についての概要や、この高騰は続くのかどうかについて考察していきます。 More »

【米国株動向】ショート・スクイズの対象となりうる銘柄を保有している場合の注意点

投資家はどのようにしてショート・スクイズに備える必要があるのでしょうか。筆者は、次にショート・スクイズされる可能性のある企業として、保険会社のレモネード、植物性代替肉のビヨンド・ミート、家庭用掃除ロボットメーカーのアイロボットを挙げます。 More »