The Motley Fool

NYSE:FDX (FedEx)

$232.84 $1.54 (0.01) 2021年10月22日金曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 22-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $232.84
CHANGE $1.54 (0.7%)
CLOSE_PRICE $232.84
OPEN_PRICE $231.30
BID $231.30
ASK $231.80
DAY_RANGE $230.63 - $233.36
YEAR_RANGE $216.34 - $319.90
VOLUME 3,833,366
AVERAGE_VOLUME 3,320,349
MARKET_CAP $61,444,857,952.00
EARNINGS_PER_SHARE $19.20

Related Articles

【米国株動向】株式市場の下落局面で投資する価値のある3銘柄

株式市場には数多くの浮き沈みがあり、過去3年間だけでも2つの大きな調整局面がありました。2018年9月20日から12月24日の間には、米中貿易戦争への懸念からS&P500指数は20%下落し、2020年2月19日から2020年3月23日の間には、新型コロナウイルスのパンデミックのリスクが株式市場に波及したことで、同指数は34%下落しました。次の下落局面がいつどのように起こるのかは分かりませんが、ステパン(NYSE:SCL)、フェデックス(NYSE:FDX)、イリノイ・ツール・ワークス(NYSE:ITW)の3銘柄は市場が悪化に転じた際に投資する価値のある銘柄です。 More »

【米国株動向】今が狙い目の長期投資に向いたグロース株3選

成長企業の株価は短期的に下げることはありますが、基盤となる事業が成長を続ける限り、長期的には上昇軌道をたどるはずです。株価が急落したときが投資のチャンスかもしれません。以下、この数カ月株価が下落しているものの、長期的な成長が見込めるグロース株を3つ紹介したいと思います。 More »

【米国株動向】過小評価されているハイテク配当株3銘柄

21世紀が始まった頃、ハイテク銘柄への投資は投機的であり、信頼できる優良銘柄は銀行株だと思われていました。ハイテクバブルが弾けた当時、20年後の米国株式市場で時価総額上位5銘柄を全てハイテク企業が占めていると想像できた人など、ほとんどいなかったでしょう。インカム投資家はハイテクセクターに興味がないと考えられていたことも、同セクターにとって足かせとなっていました。確かに、ハイテク企業に高配当利回りというイメージはありませんが、潤沢なキャッシュフローを生み出すビジネスモデルは長年にわたり増配を可能にしています。以下では、インカム投資家に注目されてもおかしくないハイテク3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】毎月配当を支払う不動産投資信託2銘柄

配当を毎月支払い、配当利回りが市場平均を上回る2つのリート銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】1,000ドルを20年間で50万ドルに変えた米国3銘柄

20年前、トラック運送会社のオールド・ドミニオン・フレイト・ライン(NASDAQ:ODFL)、食品調理機器メーカーのミドルバイ(NASDAQ:MIDD)、塗料・コーティング会社のシャーウィン・ウィリアムズ(NYSE:SHW)にそれぞれ1,000ドルを投資していたとすると、今ごろは52万5,000ドルを超える価値になっているはずです。 More »

【米国株動向】フェデックスは、あふれる顧客の需要に追いついていない

報道によると、フェデックス(NYSE:FDX)は大規模な配送需要に応えきれず、出荷の遅延を引き起こしています。フェデックスは2019年に配送ネットワークに多額の投資を行いましたが、このネットワークが機能するかどうかは、配送量が爆発的に増加したパンデミックにおいて試されることになりました。なお、同業他社のフレイトウェイブスは、特定の製造業者、小売業者、およびロジスティクスの顧客に対し「商品を予定通り配送することが出来ない」旨の通知を開始しました。 More »

【米国株決算】フェデックスの最新決算情報と今後の株価の推移

本記事ではフェデックスの最新決算である2021年第4四半期決算及び2021年度通期決算の内容と株価の今後の推移などについて見ていきます。 More »

カリスマ経営者が率いる企業に投資するETFから選ぶ、優秀な銘柄3選

今回はダイナミックな経営ビジョンかつ、強い指導力で起業したビジネスを飛躍的に成長させるカリスマ経営者が牽引するオーナー企業を投資ユニバースとするETF「BOSS(Global X Founder-Run Companies ETF)」を分析対象としてその投資環境及び、今後長期に渡って持続的な企業価値の拡大が期待される優良銘柄をご紹介致します。 More »

【米国株動向】景気循環株は今が買いどき?

米国経済は活況を呈しており、米商務省経済分析局は2021年第1四半期の実質GDP成長率が年率6.4%だったと推定しています。景気の後退と拡大はあらゆるセクターに影響を与えますが、景気循環株への影響は増幅されます。このところの景気回復を受けて、景気循環に敏感な企業の多くは複数年にわたる上昇気流に乗っている可能性があります。銀行、ハイテク、小売、および資本財セクターの多くは景気に敏感です。以下、現時点で最も魅力的な投資チャンスを紹介します。 More »

【米国株動向】配当利回り6%越えで、しかも上値余地が大いにある注目の3銘柄

配当利回りが6%以上の銘柄は限られています。高配当に惹かれて銘柄を購入しても、減配されたり、さらには株価下落と減配のダブルパンチに見舞われたりするのであれば、意味がありません。今回ご紹介する3銘柄は、配当利回りが6%以上で、しかも今年の成長が期待できる確固とした立場にあります。 More »