The Motley Fool

NYSE:DIS (Walt Disney)

$176.46 $2.05 (0.01) 2021年10月16日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 16-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $176.46
CHANGE $2.05 (1.2%)
CLOSE_PRICE $176.46
OPEN_PRICE $175.69
BID $176.51
ASK $176.75
DAY_RANGE $174.10 - $178.89
YEAR_RANGE $117.23 - $203.02
VOLUME 13,943,894
AVERAGE_VOLUME 8,110,751
MARKET_CAP $320,650,158,953.00
EARNINGS_PER_SHARE $0.62

Related Articles

【米国株動向】大幅な減配を発表したAT&Tの株式は売却すべきか?

AT&T(NYSE:T)は最近、2つの大きな発表で投資家を驚かせました。1つ目は、同社が3年足らず前に買収したワーナーメディアをスピンオフしてディスカバリー(NASDAQ:DISCA)(NASDAQ:DISCK)と合併させる計画であることです。AT&Tの投資家は新会社の持ち分の71%に相当する新株を受け取り、ディスカバリーの投資家は残りの29%相当の新株を受け取ります。 More »

【米国株動向】弱気相場入りしたら注目したい、抜群の回復力を備えた3銘柄

株式市場はここ数カ月間で激しく変動しており、新たな弱気相場入りが目前に迫っているとの見方もあります。しかし、S&P500指数は依然として過去最高値圏にあり、ナスダック指数は高値から5%の下落にとどまっています(執筆時点)。弱気相場入りするには直近の高値から20%下げる必要があるため、まだ余裕がある状況です。そうは言っても、弱気相場に備えておくに越したことはありません。その一つの方法が、市場暴落時の購入銘柄候補リストを用意しておくことです。以下、これに該当する銘柄を3つ取り上げます。 More »

【米国株動向】いま投資をするとしたらディズニーとペロトンのどちらを選ぶべきか

エンターテインメント大手のウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)とフィットネス大手のペロトン・インタラクティブ(NASDAQ:PTON)は、事業内容は違いますが、少なくとも1つ共通点があります。ディズニーの株価は、主力製品である動画配信サービスDisney+(ディズニー・プラス)の成長が鈍化していると同社が発表したあと下落しており、一方、ペロトンの株価も大規模な製品リコールの結果、下落しています(執筆時点)。 More »

【米国株動向】ディズニーのCEO、ボブ・チャペックがコロナウイルスでパークを閉鎖するメリットを発見

ウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)は、コロナウイルスのパンデミックによって大きな被害を受けました。映画館は閉鎖され、映像のコンテンツ戦略全体を再考しなければなりませんでした。同社のクルーズ船やバケーションリゾートは、長期間の営業停止を強いられました。ディズニーの大規模なテレビチャンネルに対する広告主の関心は低く、ESPNスポーツステーションではスポーツの生中継を放送することはできませんでした。 More »

【米国株動向】Disney+の第1四半期決算は期待外れ、2021年の残りも同様の結果になることを予想

株式市場は、ディズニー(NYSE:DIS)の第2四半期決算を嫌気しました。なぜなら、Disney+がこれまでの勢いを失ったためです。Disney+がサービス開始から14か月で契約者数1億人を超えたのは素晴らしいことですが、今後の成長は落ち着く可能性があります。ディズニーも「2021年の残りの期間はそれほど成長しないでしょう」と述べています。 More »

【米国株動向】ドージコインよりも注目のロビンフッド3銘柄

美の判断と同様に、投資における優劣は主観的であり、投資家によって見方は異なります。銘柄(あるいは投資タイプ)の優劣を決める基準はさまざまであり、例えば、成長性は重要ですが、成長性に付随するリスクも極めて重要な要素です。ドージコイン(CRYPTO:DOGE)や一部の急成長銘柄から得られる高リターンは魅力的ですが、成長性が高い銘柄や投資先はリスクも高いことがよくあります。投資アプリのロビンフッドで人気があり、ドージコインより優れていると筆者が思う3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】HBOマックスはディズニーとネットフリックスと同じ戦略でグローバル展開を推進

AT&Tは、傘下のワーナーメディアが提供するストリーミングサービス、「HBOマックス」のグローバル展開にあたって、米国での展開とは大きく異なるアプローチをとっています。HBOマックスの中南米版は、6月から標準版とモバイル版の2つのプランが利用可能になり、6か月または1年のサービスを契約した場合にはサービス料金がディスカウントされます。これは、ストリーミングのリーダーであるネットフリックスとウォルト・ディズニーの価格戦略を反映しているようです。 More »

ワクチン接種が進むアメリカで今後の旅行銘柄はどうなるのか?

水面下で進むワクチン接種の影響で人々は再び旅行をするようになると考えています。去年は旅行などができるような時勢ではなかったことは確かです。着々とワクチンが広まりつつあるアメリカにおいて、今後観光、旅行産業が注目を浴びることができるのかを考えていきます。 More »

【米国株動向】AT&Tの株式は買いか?

通信会社AT&T(NYSE:T)の株価は過去1年間で25%超下落しました(執筆時点)。携帯電話セグメントの成長率は低調で、有料TVの契約者数の減少や、メディア部門のワーナーメディアのパンデミック関連の混乱を相殺することはできませんでした。さらに、動画配信サービスでは、ネットフリックス、ディズニーなどのプラットフォームに対抗するため現金を消費し続けました。 More »

【米国株動向】アマゾンが映画スタジオのMGMを85億ドルで買収し、ストリーミングを強化

アマゾン(NASDAQ:AMZN)は、映画スタジオMGMを84億5,000万ドルで買収すると発表しました。この買収により、アマゾンはジェームズボンドやロッキーなどの映画を含む4,000タイトルを超えるMGMの映画コンテンツや、約17,000のテレビ番組にアクセスできるようになります。 More »