The Motley Fool

NYSE:DG (Dollar General)

$219.84 $1.26 (0.01) 2020年12月2日水曜日 6時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 02-12-2020, 06:00:00am JST
CURRENT_PRICE $219.84
CHANGE $1.26 (0.6%)
CLOSE_PRICE $219.84
OPEN_PRICE $218.89
BID $219.65
ASK $219.99
DAY_RANGE $218.08 - $221.67
YEAR_RANGE $125.00 - $225.25
VOLUME 2,028,785
AVERAGE_VOLUME 1,540,708
MARKET_CAP $54,433,785,708.00
EARNINGS_PER_SHARE $9.25

Related Articles

【米国株動向】景気後退にも強い注目の2銘柄

分散投資をベースとしたポートフォリオには、様々な経済・市場環境下で利益を出す、長期的な成長が見込める複数の銘柄を組み込むべきです。これによりポートフォリオが景気後退から守られ、市場環境によるパフォーマンスの変動を抑えることができます。 More »

【米国株動向】景気の減速懸念からマーケットが調整するリスク

米国では多くのよいニュースが報道され、株式市場は高騰しています。米国でのCOVID-19の感染者数は減少しています。CDC(疾病予防管理センター)の責任者であるロバート・レッドフィールドは「死亡率は今後数週間以内に大幅に低下する可能性がある」と予測しています。 More »

【米国株動向】配当が倍になる可能性のある3銘柄

新型コロナウィルス対策に伴う景気減速で、多くの企業が配当を大幅に削減しましたが、感染率はまだ上昇しており、危機は過ぎ去っていない可能性があります。そうした状況でも、配当を維持するだけでなく、増配余力があり今後配当が2倍に増える可能性がある3銘柄を検証します。 More »

【米国株動向】ダラー・ゼネラルの第1四半期決算はウォルマートを上回る

ディスカウントストア大手ダラー・ゼネラル (NYSE:DG)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)の間、消費者にとって生活必需品の主要な供給源でした。同社の第1四半期の売上高は急増し、営業キャッシュフローは3倍となりました。一方、経営陣は日々の売上傾向の激しい変動を理由に2020年の業績見通しを撤回しました。しかし、前向きなモメンタムは第2四半期初めまで続いています。詳しく見てみましょう。 More »

コロナウイルス騒動による恩恵を受ける米小売大手、ウォルマートとダラー・ゼネラル

パニック買いは日本に限った事ではなく、ウイルスが世界に広まった今、他の国でも見られるようになりました。最初はマスク、消毒液などウイルス関連の商品でしたが、「店に物がなくなる」という不安買いのような間接的なパニック買いになり、トイレットペーパー、子供のかぜ薬、ミルク、食料品などが店の棚からなくなるという状態になっている国もあります。今回はそのようにコロナウイルスにより逆に恩恵を受けている銘柄をご紹介します。 More »

【米国株動向】景気後退の中でも好業績を上げるとみられる米国株3銘柄

新型コロナウイルスの感染拡大による混乱を背景に、それまで好調だった景気が変調をきたしています。人々は旅行を控え、大規模な集会は中止、企業は採用を見合わせています。市場では新型ウイルスの影響で景気後退に陥るのではないかとの観測が浮上しています。本レポートでは、景気が低迷する場合でもそれを乗り切り、好業績を上げるとみられる米国企業3社を取り上げます。 More »

【米国株動向】不況に耐えうる米国株3選

リセッション(景気後退)がいつ来るか、どれほど悪いかは誰にもわかりませんが、経済の減速を示す兆候が見られます。投資家にとっては、長引く不況にも耐えられるポートフォリオを構築することが重要です。 More »

【2020年版】景気後退に強い銘柄とは?リセッション対策でポートフォリオに入れたい12銘柄

株式投資をしていると、景気の動向が気になる人も多いことでしょう。最近米国では景気後退(リセッション)を懸念する声が高まっており、多くの投資家はポートフォリオの調整を急いでいます。それでも市場暴落への対応で優れた銘柄がいくつか存在するのです。今回は経済や市場動向から大きな影響を受けず、堅調に推移すると思われる銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】ディスカウントストアのダラー・ゼネラル、好決算で成長加速

 ディスカウントストアであるダラー・ゼネラル(NYSE:DG)がこのほど発表した第3四半期(8~10月)決算は、アナリストのコンセンサス予想を上回りました。さらに、一連の事業戦略が奏功し始めていることから、通期ガイダンスも引き上げました。 More »