The Motley Fool

NYSE:CVX (Chevron)

$114.51 $-2.68 (-0.02) 2021年11月27日土曜日 6時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 27-11-2021, 06:00:00am JST
CURRENT_PRICE $114.51
CHANGE $-2.68 (-2.3%)
CLOSE_PRICE $114.51
OPEN_PRICE $113.35
BID $114.08
ASK $114.40
DAY_RANGE $112.63 - $114.83
YEAR_RANGE $83.53 - $118.08
VOLUME 11,861,780
AVERAGE_VOLUME 10,016,897
MARKET_CAP $220,739,314,584.00
EARNINGS_PER_SHARE $5.17

Related Articles

【米国株動向】エネルギー関連銘柄は、復活の準備万端か?

エネルギー関連銘柄はここ数年間、総じて人気がありません。石油・ガスは世界的に供給過剰となっており、株価は低迷しています。さらに新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)によって需要が急減し、状況はさらに悪化しました。しかし最近、この厳しい状況に少し希望を与える動きが出ています。今、エネルギー関連銘柄に注目するのが良いと思われる理由を3つ紹介します。 More »

【米国株動向】非常に割安なエネルギー関連配当銘柄3選

重要なのは、エネルギー市場で現在の課題に立ち向かえるだけの良好なポジションにある企業を選ぶことです。シェブロン(NYSE:CVX)、キンダー・モルガン(NYSE:KMI)、エンタープライズ・プロダクツ・パートナーズ(NYSE:EPD)の3銘柄はこのような企業に該当し、なぜこれらの銘柄が長期投資家に対し安定的な配当をもたらすことが可能と考えられるかを見ていきましょう。 More »

【米国株動向】一見お買い得に見えるオールドエコノミー銘柄に注意

現在は、投資家にとって難しい時期といえます。9月の株式相場の急落は、いくつかお買い得銘柄を生み出しましたが、依然として不安定な状態です。ダウ平均の一部も大きく下落しました。しかし、その下落はCOVID-19パンデミックのせいだけではない、ということを認識しておくことが重要です。 More »

米大統領選挙と株式市場。トランプ銘柄の中でも大きなパフォーマンスが期待できる厳選銘柄

今回は、共和党・トランプ政権が実現した際に、より恩恵を受けやすいテーマに基づいて、10銘柄をご紹介します。 More »

人気のスマートベータ型米国ETF「VTV」から読み解く、高パフォーマンス米国株

金融危機以降の超低金利時代が長期化する中、投資家のコスト意識の高まりと同時に従来のインデックス運用に加えて、様々なファクターを考慮した「スマートベータ」と呼ばれる新たな指数への投資が近年注目されています。そこで今回は、「スマートベータ」型のETFをテーマにその構成銘柄を分析対象として優秀な銘柄をご紹介致します。 More »

上昇するように作られた、ダウ工業平均指数の銘柄入れ替え

今回なぜ、エクソン・モービル、ファイザー、レイセオンが外され、セールスフォース・ドットコム、アムジェン、ハネウェルが採用されたのかを考えてみたいと思います。 More »

【米国株動向】退職までに資産形成を可能にする銘柄

投資家は退職するまでに資産を形成したいと考えるでしょう。社会保障制度による退職後の給付金はわずかに過ぎず、ほとんどの人は必要な現金収入を自身で見つける必要があります。幸いにも、長期にわたる定期的かつ効率的な株式投資をすることで、気持ちよく退職を迎えることができます。ではどのような株に投資するべきか、検討しましょう。 More »

新型コロナウィルスの影響下でも増配した米国大型株5銘柄

アップルはアメリカに本社を置いている企業です。iPhoneやiPad、Macといった製品販売やApple musicやiCloudといったサービスを提供しています。同社はNYダウに採用されており、四半期配当は0.82ドルと前年同期の0.77ドルより6.5%の増配をしています。 More »

【米国株決算】シェブロンの最新決算情報と今後の株価の推移

本記事ではシェブロンの最新決算である2020年第2四半期決算の情報と今後の株価の推移等について見ていきます。 More »

【米国株決算】7月27日週に4-6月期決算を発表する注目米国銘柄

世界は未だに猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の影響を受けています。特にアメリカでは多くの新規感染者が出ており、収束の兆しは見えていません。企業の決算報告への影響においては、1-3月期決算においても大きな影響が出ましたが、2月中旬以降しか影響を受けていません。対して4-6月期決算においては、四半期を通してその影響を受けています。そういった観点から、7月終わりから8月にかけて発表される4-6月期決算には非常に大きな注目が集まっていると言えるでしょう。 More »