The Motley Fool

NYSE:AZN (AstraZeneca)

(0.00) 2021年2月26日金曜日 2時13分46秒 日本標準時

About

Last updated 26-02-2021, 02:13:47am JST
CURRENT_PRICE
CHANGE (0%)
CLOSE_PRICE
OPEN_PRICE
BID
ASK
DAY_RANGE -
YEAR_RANGE -
VOLUME 0

Related Articles

欧州ヘルスケア(コロナワクチン)銘柄の最新業績・情報:アストラゼネカとサノフィ

ヘルスケア企業の一つとして、コロナワクチンの開発と提供に成功したイギリスのグローバル大手製薬企業アストラゼネカが挙げられます。アストラゼネカはオックスフォード大学と提携して、新たなタイプのワクチンの開発に成功しました。同社は多くの国から販売の承認を得た後に、提供を開始しています。 More »

【米国株動向】今投資するべき割安な新型コロナ関連3銘柄

昨年、新型コロナウィルス関連銘柄は注目を集めましたが、下記銘柄は新型コロナ関連ビジネスがなくても長期投資の対象となり得る3銘柄です。 More »

コロナ収束に重要な3社のコロナワクチンの最新動向とその分析

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン開発レースは、終盤に入ってきたようです。米国のファイザーやモデルナ、イギリスのアストラゼネカがコロナワクチンの開発に成功し、既に提供が始まっています。これによってすぐに新型コロナウイルスのパンデミックが収束するわけではありませんが、収束のスピードを速めることが期待されています。 More »

【米国株動向】今年の大化け株に今から投資しても遅い?

新型コロナウイルスワクチン関連銘柄の株価は今年に入って急上昇しています。その好例がノババックス(NASDAQ:NVAX)で、同社の株価は年初の4ドル付近から21倍程度の株価(2,000%程度上昇)しており(執筆時点)、8月のピーク時には株価は40倍程度にまで上昇しました(執筆時点)。今からノババックス株を買っても、もう遅いのでしょうか。 More »

アストラゼネカ、GSK、サノフィの最新業績やコロナワクチン開発の状況は好調

新型コロナウイルスのパンデミックを収束させるには、医療関連の製品やサービスが重要であるため、この状況はむしろ製薬企業やバイテク企業などを含めたヘルスケアのセクターにとっては大きなチャンスであると言えます。実際に、多くの大手製薬企業はコロナ治療薬やコロナワクチンの開発に取り組んでいます。これを契機に、普段は株価が高いヘルスケア銘柄を少しずつ買い進めていくということも選択肢に入るでしょう。 More »

配当株投資で見落としがちな落とし穴。ADR銘柄に投資する際の注意点

米国株式市場には米国企業の株式だけでなく、他国企業の株式も上場されています。消費財メーカーのユニリーバや製薬会社のアストラゼネカもその一例です。他国での配当課税は20%を超える場合もあり、配当の半分ほどが海外の源泉税と国内の配当課税でなくなってしまうというケースもあります。 More »

【米国株動向】1,000ドルを投資するなら、この製薬会社2銘柄に注目

筆者が現在注目している2つの銘柄は、製薬大手のファイザー(NYSE:PFE)とアストラゼネカ(NASDAQ:AZN)です。もしあなたが1,000ドルを自由に使えるならば、この2社の製薬会社をポートフォリオに追加すると良いでしょう。その理由は以下の通りです。 More »

【米国株動向】コロナワクチン株のバブルははじけたのでしょうか?

3月以来、COVID-19ワクチン株は市場全体で最もホットな分野となっています。イノビオ・ファーマシューティカルズ(NASDAQ:INO)、モデルナ(NASDAQ:MRNA)、ノヴァヴァックス(NASDAQ:NVAX)、ヴァクサート(NASDAQ:VXRT)、ヒート・バイオロジクス(NASDAQ:HTBX)などの企業はすべて、驚くほど株価が上昇しました。 More »

中断されたアストラゼネカのコロナワクチン開発が再開される可能性

9月9日のニュースによれば、新型コロナウイルスのワクチン開発の最前線にいるイギリスの大手製薬企業であるアストラゼネカ(NYSE:AZN)が、一人の患者に深刻な副作用が見られたため、臨床試験を一時的に中断しました。これを受けて、ニューヨーク証券取引所に上場されている同社の株は一時的に8%下落しました。 More »

【米国株動向】今注目すべき医薬品3銘柄

コロナ禍の苦境にも拘らず、各株価指数は再び市場最高値更新近くまで上がって来ています。中でも医薬品銘柄は新型コロナウイルス向けのワクチンや治療薬開発への期待感から全般に評価が高くなる傾向にあります。ここでは、年初来から好調を保っており、さらなる上昇の期待もある注目すべき3銘柄を見ていきます。 More »