The Motley Fool

NASDAQ:TMUS (T-Mobile US)

$133.05 $1.58 (0.01) 2021年4月17日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 17-04-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $133.05
CHANGE $1.58 (1.2%)
CLOSE_PRICE $133.05
OPEN_PRICE $131.99
BID $132.65
ASK $133.05
DAY_RANGE $131.32 - $133.55
YEAR_RANGE $85.81 - $135.54
VOLUME 3,540,286
AVERAGE_VOLUME 4,928,402
MARKET_CAP $165,355,083,509.00
EARNINGS_PER_SHARE $2.68

Related Articles

【米国株動向】今、ベライゾン株を注目すべきでしょうか?

ベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ)は、2020年のパンデミックの影響をそれほど受けませんでした。しかし、多くの企業と同様に2020年の売上高は2019年に比べて減少しました。 More »

【米国株動向】 5Gサービスを提供するベライゾンとTモバイル、どちらが有望か

ベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ)とTモバイル(NASDAQ:TMUS)にAT&Tを加えた3社は、次世代通信規格5Gのサービスで寡占状態にあります。その背景には高水準の固定費負担や最速の通信速度といった要因があります。5Gの利用可能エリアが広がる今、ベライゾンとTモバイルではどちらのリターンが高くなるでしょうか。 More »

【米国株動向】アップル、5G普及前から6G に照準

革新的なデザインを売りにしてきたアップル(NASDAQ:AAPL)ですが、5G対応モデルの投入でサムスンに1年半後れるなど、通信技術面ではライバルに先行されています。ところがブルームバーグのレポートによると、既に5Gの先を見据え、6Gネットワークのリサーチエンジニアの採用に動いているようです。 More »

バークシャー・ハサウェイが買い増しした銘柄とその分析

ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)が、2020年10-12月期に購入・売却した銘柄が明らかになりました。本記事では同社が2020年10-12月期に売買した銘柄のうち、買い増しした銘柄について着目し、分析をしていきます。 More »

【米国株動向】バークシャー・ハサウェイの最近の購入・売却銘柄

ウォーレン・バフェット氏とバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の投資チームは、購入した銘柄や売却した銘柄について語ることは通常ないので、私たちは同社の四半期ごとの証券取引委員会(SEC)提出資料から知ることになります。 More »

【米国株動向】今注目の米国ハイテク株3銘柄

スマートフォンやクラウドコンピューティングが生活を劇的に変える中、ハイテク株偏重型の上場投資信託(ETF)インベスコQQQトラスト(NASDAQ:QQQ)は10年間のリターンで米国株式市場全般を大きくアウトパフォームし続けています。それでも今なお、ハイテクセクターには極めて割安な銘柄が残っています。 More »

2月第一週に動意づいた銘柄をおさらい

2月1日に同意づいた銘柄 ノババ More »

【米国株動向】2021年にバフェット氏が購入する可能性のある米国株4銘柄

レジェンド投資家ウォーレン・バフェット氏がCEO(最高経営責任者)を務めるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)は1965年から2019年までの55年間、平均で年20.3%のリターンを上げています。合計リターンはなんと2,744,062%で、1964年末に100ドルを投資していれば2019年末に数百万ドルになっていた計算になります。 More »

【米国株動向】5G関連で今注目の米国株3銘柄

長年続く可能性のあるアップグレードサイクルを踏まえて長期的に注目すべき3銘柄として、Tモバイル(NASDAQ:TMUS)、アプライド・マテリアルズ(NASDAQ:AMAT)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)の3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】アップルがリスク・リターンの面でNYダウに優る理由

現時点では幅広い銘柄を含むファンド(それがたとえダウ工業株30種平均(NYダウ)を構成するブルーチップ企業をすべて含むとしても)よりも、ほとんどの投資家にとってはアップル(NASDAQ:AAPL)の方が良い選択肢です。iPhoneは同社の稼ぎ頭としての勢いを失いつつありますが、盤石のブルーチップであった企業が何社も逆風に突入するなかで、アップルは少なくとも1つの追い風を捉えようとしています。 More »