The Motley Fool

NASDAQ:STNE (Stoneco LTD)

$36.84 $-2.06 (-0.05) 2021年10月23日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 23-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $36.84
CHANGE $-2.06 (-5.3%)
CLOSE_PRICE $36.84
OPEN_PRICE $38.47
BID $36.75
ASK $36.80
DAY_RANGE $36.15 - $38.60
YEAR_RANGE $30.71 - $95.12
VOLUME 4,083,327
AVERAGE_VOLUME 4,254,300
MARKET_CAP $11,381,032,776.00
EARNINGS_PER_SHARE $4.12

Related Articles

【米国株動向】過小評価されているウォーレン・バフェット株3銘柄

現在のバリュエーションと最近の業績に基づくと、バークシャー・ハサウェイズ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)のポートフォリオに組み込まれている株式のいくつかは過小評価されていると思われます。中でも、以下に紹介する3銘柄は堅調な成長見通しを持ち、そのうちの2銘柄は魅力的な配当を支払っています。 More »

【米国株動向】中長期的な反発が期待されるバフェット銘柄3選

ウォレン・バフェット氏は勢いに乗っています。同氏の愛するバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の年初来の株価パフォーマンスはS&P500指数を優に上回っており、同社の個別投資先も好調です。ただし、いくつか例外はあり、オマハの賢人バフェット氏が好む何社かの株が損失をもたらしました。しかし、だからといって、これらの株が将来反発しないというわけではありません。以下3社は、2021年のパフォーマンスがバフェット氏の投資先のなかで最悪でありながら、長期的には勝者となり得る銘柄です。 More »

【米国株動向】今注目するべきバフェット銘柄3選

ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の事業は1965年以来、年平均20%のリターンを上げてきました。以下、ポートフォリオの中で引き続き大幅なリターンを生み出す可能性のある銘柄を3つ取り上げます。 More »

【米国株動向】バフェット関連3銘柄が史上最高値に

伝説の投資家であるウォーレン・バフェットの動向は、常に注目を集めます。彼はCEOとしてバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)を率いています。多くの批評家は「バフェットの神通力は衰えた」と主張しています。その理由は「2020年初頭の最悪の時期に航空会社の株をすべて売却したのは愚かだ」というようなものです。しかし、バフェットの投資銘柄のうち3つは、史上最高値を更新しています。これらの3つの会社が、さらに上昇する余地があるかについて見ていきたいと思います。 More »

【米国株動向】今注目のバフェット氏保有ハイテク関連株3銘柄

レジェンド投資家のウォーレン・バフェット氏はハイテク株嫌いで有名でしたが、近年は方針転換しています。同氏が率いるバークシャー・ハザウェイでも、最近はハイテク関連株の活躍が目立ちます。そこで、本誌の寄稿者3人に、バフェット氏のお墨付きを得たハイテク関連株から今注目すべき銘柄をそれぞれ選んでもらいました(株価等は執筆時点)。 More »

【米国株動向】バリュー投資で知られるバフェット氏が保有する成長株5銘柄

ウォール街が予測した今後5年間(特に記載のない場合)の年平均成長率(CAGR)によれば、これらはバフェット氏のポートフォリオで最も成長速度が速い銘柄です。 More »

【米国株動向】株価が急騰するかもしれない注目のハイテク株3銘柄

2020年も3分の2が過ぎましたが、あっという間に過ぎるように感じる人もいれば、永遠に終わらないように感じる人、あるいは両方が入り混じったように感じる人もいるかもしれません。いずれにしても、今年が株式市場にとって極めて変動の大きい年であることは間違いありません。 More »

バフェットも保有するケーブルTV「チャーター・コミュニケーションズ」の明るい未来

実はバフェットは以前からメディア・コミュニケーション関連の銘柄はずっと持っています。現在もチャーター・コミュニケーションズ以外に、リバティ・メディアのグループ企業を二つ所有しています。今回は、このチャーター・コミュニケーションズについて考察していきたいと思います。 More »

【米国株動向】8月に注目の成長株3銘柄

従来、経済が不安定な時期は株価収益率(PER)が低く配当利回りの高いバリュー株が底堅いと考えられていましたが、過去に例を見ない今年に関してはグロース株がアウトパフォームしています。第2四半期の決算発表が続く中、技術力を生かしたグロース企業が予想を上回る業績を発表し、急速に変化するグローバル経済での潜在力を示しています。 More »

【米国株動向】相場下落局面で注目すべきハイテク株3銘柄

今年、投資家は前例のないボラティリティとの戦いを余儀なくされていますが、多くのハイテク企業にとって今年はこれまでのところかなり良い年となっています。市場が今後どこに向かうのかは誰にも分かりませんが、強力なトレンドの最前線に立つハイテク銘柄を見定めることが大きなリターンを生む方法であり、株価調整局面で購入すれば長期リターンがさらに押し上げられる可能性があります。 More »