The Motley Fool

NASDAQ:PEP (PepsiCo)

$158.81 $-0.45 (0.00) 2021年10月16日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 16-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $158.81
CHANGE $-0.45 (-0.3%)
CLOSE_PRICE $158.81
OPEN_PRICE $159.66
BID $158.66
ASK $158.81
DAY_RANGE $157.51 - $159.66
YEAR_RANGE $128.32 - $159.66
VOLUME 4,312,982
AVERAGE_VOLUME 4,022,412
MARKET_CAP $219,579,113,877.00
EARNINGS_PER_SHARE $5.90

Related Articles

【米国株決算】7月20日週までに4-6月期決算を発表する注目米国銘柄

2月頃に発生したコロナパンデミックにより、多くの企業がその影響を受けました。1-3月期決算においても、多くの企業が新型コロナウイルス感染症の影響を受けたと発表していました。もちろんマイナスの影響を受けた企業もある一方で、プラスの影響を受けた企業もありました。どちらにしても企業の決算発表は大きな注目を集めます。そんな中、7月は多くの米国企業が4-6月期決算を発表します。 More »

【銘柄紹介】PepsiCo(ペプシコ)ってどんな企業?

多くの人々に愛される炭酸飲料の1つ、コーラ。コーラを製造している企業としてCoca-Cola以外にもう1社思い浮かぶのが、「PepsiCo」です。消化不良の治療薬がルーツとなったコーラを世界的に製造・販売するPepsiCoとCoca-Colaとの違いについて知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本記事では、PepsiCoの基本情報やセグメント情報、そしてCoca-Colaと比較しながら業績について解説していきます。 More »

ディフェンシブ銘柄の代表格「コカ・コーラ」と「ペプシコ」はどちらが魅力的か

戻り歩調にあるザ・コカ・コーラ・カンパニーとペプシコ。それでも配当利回りは年3%前後と依然として高い水準です。両社ともに事業基盤は強く、景気後退期に耐性の高いディフェンシブ株の代表格です。 More »

【米国株動向】2020年に着実な成長を目指すペプシコ

 ペプシコ(NASDAQ:PEP)の第4四半期(10〜12月)決算では、ライバルのコカ・コーラ(NYSE:KO)ほどソーダ飲料の需要回復は見られませんでしたが、全体的に堅調な成長を示しました。 More »

【米国株動向】不況に強いポートフォリオを作るための米国株3銘柄

2010年代は、世界大恐慌以降の米国で初めて不況のなかった10年間でした。投資家としては、そろそろ景気後退の可能性に備えるべき時かもしれません。このような時は、景気後退時に花開く銘柄やマクロの逆風の影響を受けにくい銘柄を見極めることが重要です。そこで、この定義に該当する3銘柄をピックアップしました。 More »

【米国株動向】ペプシコ、48年連続で増配。良好な配当水準、安全性、成長性を併せ持つ。

新型コロナウイルスによる世界経済への悪影響が懸念されながらも世界の株式市場が史上最高値に近い水準を記録するなか、インカム投資家は安全な配当株を倍増させるのが得策だと見ているかもしれません。 More »

【米国株動向】コロナウイルスの危機に免疫がある3つの配当株

現在進行中の新規コロナウイルスの大流行は市場に衝撃を与えています。しかし、パニックに陥ってすべての株を売るべきではありません。そうではなく、コロナから十分に隔離されている企業、そして投資家に安定した配当を支払うことのできる銘柄に焦点を合わせるべきだと思います。本稿では、そのような3つの銘柄をご紹介します。それは、フィリップ・モリス・インターナショナル(NYSE:PM)、ペプシコ(NASDAQ:PEP)、およびクロロックス(NYSE:CLX)の3つです。 More »

【米国株動向】世界的なスナック需要拡大で注目される銘柄3選

11月に、モンデレズ・インターナショナル(NASDAQ:MDLZ)は、スナックが世界的に増加していることを発表しました。同社は、オレオ、リッツクラッカー、ナビスコなど、世界最大級のスナックのラインナップを保有しています。 More »

【米国株動向】2020年、投資初心者が信頼できる3銘柄

投資初心者は短期的な下落から立ち直りやすく、長期的にリターンを生み出すことができるような企業を見つけるとよいでしょう。また、株価の下落をカバーするために配当を支払う銘柄を選択するという戦略を取ることもできます。そして、初心者投資家は製品やサービスを使用したことがあるような身近な企業に投資するのもよいでしょう。 More »

景気後退に向け2020年に注目すべき配当株2選

リセッションに強いビジネスモデルを持つディフェンシブな配当株として、ベライゾン(NYSE:VZ)、ペプシコ(NASDAQ:PEP)をご紹介します。なお、特に明記のない限り、数値は執筆時点のものです。 More »