The Motley Fool

NASDAQ:PEP (PepsiCo)

$158.81 $-0.45 (0.00) 2021年10月16日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 16-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $158.81
CHANGE $-0.45 (-0.3%)
CLOSE_PRICE $158.81
OPEN_PRICE $159.66
BID $158.66
ASK $158.81
DAY_RANGE $157.51 - $159.66
YEAR_RANGE $128.32 - $159.66
VOLUME 4,312,982
AVERAGE_VOLUME 4,022,412
MARKET_CAP $219,579,113,877.00
EARNINGS_PER_SHARE $5.90

Related Articles

【米国株動向】ペプシコが好調な決算を発表し、売上高の見通し2回連続で上方修正

ペプシコ(NASDAQ:PEP)は最近、第3四半期決算を発表し、好調な売上高と利益を示しました。サプライチェーンのボトルネックやコストの高騰などが懸念されていましたが、これらの問題を解決し、2021年見通しを2回連続で上方修正しています。 More »

【米国株動向】超割安に見える優良配当株3銘柄

米国株式市場は昨年の初めから上昇し続けており、バリュー株を探すのが難しい状況になっています。とはいえ、過熱気味のクラウドコンピューティングやeコマースとは違い、あまり注目されていない分野には割安状態の銘柄が残されているのも事実です。その中でも業績良好で配当が安定しているにもかかわらず投資家に見過ごされている3銘柄を、以下で紹介します(株価、配当利回り等は執筆時点)。 More »

あの有名企業も子会社?意外と知られていない米国大手企業

さて、多くの米有名企業が、1つの親会社の傘下にあるという事実はあまり知られていないかもしれません。ある企業の株価を調べようとして、株価情報を検索すると別の企業のティッカーが出て来ることもあるかと思います。 More »

【米国株動向】2桁成長を見込む高成長企業ペプシコ

ペプシコ(NASDAQ:PEP)が発表した第2四半期の決算によれば、売上高は2桁増と、予想以上の伸びを示しました。また同社のラモン・ラグアルタ最高経営責任者(CEO)とそのチームは2021年の売上高と収益性の予想を上方修正しました。 More »

【米国株動向】「配当貴族」の座を降りるAT&Tに代わる優良な配当株2銘柄

AT&T(NYSE:T)は素晴らしい配当株に見えるかもしれません。予想配当利回りは7.3%と高く、36年連続で増配し、過去12ヵ月間のフリーキャッシュフローの57%を配当に充てました。その一方で予想株価収益率(PER)は9倍と割安です。しかし同社の株価は過去5年間で30%以上下落しました。 More »

【米国株決算】ペプシコの2021年度第2四半期決算と今後の株価の推移について

本記事ではペプシコが発表した2021年第2四半期決算と株価の推移について見ていきます。 More »

【米国株動向】ペプシコ株が成長株投資家にも人気になるかもしれない理由

ペプシコ(NASDAQ:PEP)は最近、第2四半期に売上高が2桁で急増したことを発表しました。そして、CEOのラモン・ラグアルタは2021年の売上高と利益に関する見通しを引き上げ、ペプシコ株はより投資先として魅力的になりました。他の決算概要も確認してみましょう。 More »

【米国株動向】潤沢なキャッシュフローで増配が期待される配当株3銘柄

パンデミックも終盤に入り、株式市場の上昇を受けて配当利回りが低下する中、割安で優良なインカム銘柄を見つけることが難しくなっていますが、全くないわけではありません。 More »

【米国株動向】経済再開で注目の消費者関連3銘柄

米国ではコロナ禍が落ち着き始め、経済再開の兆しが見られます。株式市場でも、この1年間ソーシャルディスタンスによって沈んでいた業界がいくつか反発し始めました。以下では、もともと魅力的な銘柄で、なおかつ今後数カ月にわたって見込まれる経済再開によって追い風を受けそうな3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】5月に注目の食品株3銘柄

「5月に株を売れ」というのはよく知られた投資格言ですが、これは夏場に弱く、冬に強い株が一定数あったことから言われるようになったものです。しかし大抵は、この格言を聞き流した投資家の方が、5月にやみくもに売ってしまう投資家よりも好成績を残します。夏場にボラティリティが高まると考えて株を売ってしまうくらいなら、ディフェンシブ銘柄に切り替える方が得策ではないでしょうか。 More »