The Motley Fool

NASDAQ:NVDA (NVIDIA)

$247.84 $16.18 (0.07) 2021年10月27日水曜日 1時33分37秒 日本標準時

About

Last updated 27-10-2021, 01:33:37am JST
CURRENT_PRICE $247.84
CHANGE $16.18 (7%)
CLOSE_PRICE $231.66
OPEN_PRICE $239.89
BID $247.84
ASK $247.87
DAY_RANGE $239.24 - $252.59
YEAR_RANGE $115.67 - $252.59
VOLUME 30,516,342
AVERAGE_VOLUME 23,086,180
MARKET_CAP $578,223,360,000.00
EARNINGS_PER_SHARE $2.85

Related Articles

大きく伸びている半導体ETFの構成銘柄から読み取く、高成長半導体銘柄4選

現在世界的な半導体不足の中で半導体セクターは大きな伸びを見せています。本記事ではそうした原因を分析しながら、大きな伸びを見せている「ヴァンエック・半導体ETF」の上位銘柄である台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング、エヌビディア、ASMLホールディングス、アナログ・デバイセズについて詳しく見ていきます。 More »

【米国株動向】AMDの時価総額は2025年までにインテルを上回るのか

ITバブルのピーク期だった2000年当時、半導体大手インテル(NASDAQ:INTC)の時価総額は一時5,000億ドルを超えましたが、競合のアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(NASDAQ:AMD)はわずか120億ドルに過ぎませんでした。しかし、直近の時価総額を見ると、インテルが2,150億ドルと以前より低い水準にある一方でAMDが1,300億ドルと上昇しています。この背景と、AMDの時価総額が2025年までにインテルを上回るかどうかを見てみましょう。 More »

【米国株動向】投資初心者が投資を検討できる3銘柄

投資初心者の場合、膨大な情報に振り回され、投資ポートフォリオの核となる優良銘柄の選択に迷うことがしばしばあります。以下に紹介するハイテク株3銘柄はいずれも、強固なビジネスモデル、卓越した財務実績、そして成長性を兼ね備えた企業で、株式投資の第一歩には最適な銘柄です。 More »

【米国株動向】20年間の長期保有に向く優良株3銘柄

モトリーフールは3人の寄稿者に今後20年にわたり安心して保有できる銘柄を推奨するよう依頼しました。3人がそれぞれ挙げたのは、アルゼンチンのeコマース企業のメルカドリブレ(NASDAQ:MELI)、総合エンターテイメント企業のディズニー(NYSE:DIS)、半導体メーカーのテキサス・インスツルメンツ(NASDAQ:TXN)です。以下、各寄稿者にそれぞれの推奨理由を説明してもらいます。 More »

【米国株決算】エヌビディアの2022年第2四半期決算情報と今後の株価の推移

本記事では、エヌビディアの最新決算である2022年第2四半期決算と今後の株価の推移について見ていきます。 More »

ESGの代表的な指数「FTSE4Good Index Series」の構成銘柄から選ぶ、コロナ禍の直近1年間で最も高い株価リターンを見せる銘柄

今回は同社の主要なESG指数の中でも、米国屈指の運用会社とされるバンガード・グループが手掛ける世界最大級のESGファンド「VFTSX」のベンチマークに採用されている「FTSE4Good US Select Index」を分析対象に、その構成銘柄よりコロナ禍の直近1年間で最も高い株価リターンを見せる優良銘柄をご紹介致します。 More »

【米国株動向】過小評価されているハイテク配当株3銘柄

21世紀が始まった頃、ハイテク銘柄への投資は投機的であり、信頼できる優良銘柄は銀行株だと思われていました。ハイテクバブルが弾けた当時、20年後の米国株式市場で時価総額上位5銘柄を全てハイテク企業が占めていると想像できた人など、ほとんどいなかったでしょう。インカム投資家はハイテクセクターに興味がないと考えられていたことも、同セクターにとって足かせとなっていました。確かに、ハイテク企業に高配当利回りというイメージはありませんが、潤沢なキャッシュフローを生み出すビジネスモデルは長年にわたり増配を可能にしています。以下では、インカム投資家に注目されてもおかしくないハイテク3銘柄を紹介します。 More »

【米国株動向】エヌビディアは2025年までに時価総額1兆ドルに達するか?

画像処理半導体(GPU)大手のエヌビディア(NASDAQ:NVDA)近年、極めて優れたパフォーマンスを上げています。同社の株価は過去3年間だけで3倍以上に上昇しました。過去5年間と10年間では、それぞれ1,280%と5,110%上昇しています(執筆時点)。問題は、エヌビディアは今後も勝ち続けられるのか、あるいは投資家は既にチャンスを逃したのかという点です。筆者は、エヌビディアの時価総額は2025年までに1兆ドルを超えると考えています。ここではその理由を説明します。 More »

【米国株動向】今注目の急成長銘柄3選

そのような中でも、巨大市場に参入して特定分野のリードを取ろうとしている銘柄はいくつかあります。モトリーフールの寄稿者3名に、今後爆発的な成長の可能性のあるテクノロジー関連3銘柄を挙げてもらいました。決済サービス会社のスクエア (NYSE:SQ)、画像半導体(GPU)大手のエヌビディア (NASDAQ:NVDA)、そしてオンライン広告プラットフォームを提供するトレード・デスク(NASDAQ:TTD)を以下で紹介します。 More »

【米国株動向】1万ドルの投資で10年後には財産を築けるかもしれないグロース株3銘柄

株で大きなリターンを上げるには、十分な額の元手、正しい銘柄選択、十分に長い投資期間が必要とされています。具体的な額や期間は銘柄により異なりますが、以下では1万ドルの投資で、10年後にはその目標を達成できるかもしれないグロース株3銘柄を紹介します(時価総額等は執筆時点)。 More »