The Motley Fool

NASDAQ:INTC (Intel)

$64.75 $-0.27 (0.00) 2021年4月17日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 17-04-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $64.75
CHANGE $-0.27 (-0.4%)
CLOSE_PRICE $64.75
OPEN_PRICE $65.33
BID $64.56
ASK $64.63
DAY_RANGE $64.57 - $65.52
YEAR_RANGE $43.61 - $68.49
VOLUME 24,625,458
AVERAGE_VOLUME 31,670,077
MARKET_CAP $263,684,383,816.00
EARNINGS_PER_SHARE $4.98

Related Articles

【米国株動向】12月に注目したい大型株3選

株価が史上最高値近辺で推移し、かつ不確実要素も多く存在する現在、株式への投資を躊躇する投資家も多いかもしれません。こんな時には、時が経っても色あせることなく、短期的な試練をものともしない大型株に注目してみたいものです。 More »

【米国株動向】アドバンスト・マイクロ・デバイシズとエヌビディアの比較

今年はエヌビディア(NASDAQ:NVDA)とAMD(NASDAQ:AMD)の株主にとって素晴らしい年となっています。両銘柄とも過去12カ月間で株価が2倍以上に上昇しました(執筆時点)。コンピューティングの新時代が幕を開け、半導体設計会社は業界のリーダーとしての位置に付けています。 More »

【米国株動向】割安な高配当株3銘柄

S&P500指数は新型コロナワクチン開発成功への期待から、執筆時点で上場来最高値に近い水準で推移しています。ただし、感染率の上昇や失業者数の増加、あるいは米国の政権移行が難航することで勢いがそがれる可能性もあります。そのリスクが心配なら、嵐を乗り越えるのに適した高配当株を保有するのがよいかもしれません。 More »

【米国株動向】アップルがリスク・リターンの面でNYダウに優る理由

現時点では幅広い銘柄を含むファンド(それがたとえダウ工業株30種平均(NYダウ)を構成するブルーチップ企業をすべて含むとしても)よりも、ほとんどの投資家にとってはアップル(NASDAQ:AAPL)の方が良い選択肢です。iPhoneは同社の稼ぎ頭としての勢いを失いつつありますが、盤石のブルーチップであった企業が何社も逆風に突入するなかで、アップルは少なくとも1つの追い風を捉えようとしています。 More »

【米国株動向】長期保有するテクノロジー銘柄として、注目すべき3銘柄

大きな影響力を持つテクノロジー企業への長期投資は、投資家の人生を変える可能性も秘めています。そのようなテクノロジー銘柄、アマゾン・ドット・コム (NASDAQ:AMZN)、 台湾の半導体メーカーのTSMC(台湾積体電路製造) (NYSE:TSM)、アメリカの電子部品メーカーのインピンジ(NASDAQ:PI)の3つを紹介します。 More »

【米国株動向】株価が3年来の安値に近づいたインテルは検討すべきか

半導体大手のインテル(NASDAQ:INTC)の2020年は、厳しい状況にあります。11月18日の終値は45.06ドルと株価は年初来で25%下落し、3年前の水準に戻っています。同社の事業は深刻な状況にあるのでしょうか。それとも、この歴史的な安値で同社の株をいくらか仕込むべきなのでしょうか。 More »

【米国株動向】株価が急騰中のナスダック銘柄は買いなのか?

ナスダック市場はとどまるところを知らずに急騰し続けていますが、急上昇銘柄に飛びつく前に立ち止まり、一呼吸置くのが良さそうです。中でも半導体セクターの上昇は顕著で、これらの企業では見通しが大幅に誇張され、高揚感がリスクを覆い隠している可能性があります。 More »

【米国株決算】インテル社の2020年第3四半期決算と今後の株価の推移

インテルはアメリカに本社を置き、半導体チップの設計・生産を行う半導体素子メーカーです。主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等の設計開発・製造・販売等を行っています。1990年代からはコンピューター関連のハードウェア事業も展開しており、長年にわたって不動の地位を築いてきたものの、近年はその地位が脅かされつつあります。 More »

米国半導体市場とAI市場の未来を考察する

今後の世界経済のトレンドとして「5G」「AI」「ゲーム」といった分野が確実に成長することが有望視されています。なかでも半導体市場は、新型コロナウイルスによる巣篭もり需要などで、成長がさらに加速しており、米国の半導体やAI市場を知ることは、米国株投資家として大きなチャンスを掴む可能性を近づけてくれるかもしれません。 More »

【米国株動向】バフェット氏が注目する可能性のある3銘柄

ウォーレン・バフェット氏は、長期保有が可能な割安銘柄を探し、その中には定期的に増配する配当株も含まれます。株価バリュエーションとビジネスモデルの観点から、大型会員制スーパーを展開するBJ’sホールセール(NYSE:BJ)、医療機関に医薬品や医療機器を提供するカーディナル・ヘルス(NYSE:CAH)、スマートフォン向け通信半導体大手のクアルコム(NASDAQ:QCOM)の3銘柄に、バフェット氏も注目するかもしれません。 More »