The Motley Fool

NASDAQ:INTC (Intel)

$60.40 $-2.79 (-0.04) 2021年2月26日金曜日 6時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 26-02-2021, 06:00:00am JST
CURRENT_PRICE $60.40
CHANGE $-2.79 (-4.4%)
CLOSE_PRICE $63.19
OPEN_PRICE $62.41
BID $60.00
ASK $60.00
DAY_RANGE $60.13 - $63.54
YEAR_RANGE $43.61 - $65.11
VOLUME 36,357,012
AVERAGE_VOLUME 39,292,552
MARKET_CAP $256,740,970,000.00
EARNINGS_PER_SHARE $4.98

Related Articles

半導体市場の指標になるSOX指数と深刻な半導体不足

コロナ禍で、好調な決算を出している市場の1つに半導体市場があります。自動車業界、電化製品業界、コンピューター、5Gスマートフォン、そしてゲーム業界など、今や様々な分野で使われている半導体ですが、今この半導体が世界で不足しており、様々な業界が影響を受けています。 More »

【米国株動向】2021年の上昇相場をけん引する大手ハイテク株3選

長年そうであったように、市場をけん引しているのは今もハイテク分野であり、アップル(NASDAQ:AAPL)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)、およびインテル(NASDAQ:INTC)の株価上昇がナスダック総合指数を押し上げ、株価を史上最高値近辺で推移させるうえで、最も大きな役割を果たしています。 More »

1月18日〜22日で動意づいた米国株を解説

1月19日に動意づいた銘柄 19日の米 More »

【米国株決算】インテル社の2020年第4四半期決算と今後の株価の推移

本記事ではインテルの最新決算情報である2020年第4四半期決算の情報と今後の株価の推移などについて見ていきます。 More »

1月11日〜15日で上昇した米国株をおさらい

当記事では11日から15日で動意づいた米国株をピックアップしていきます。 More »

【米国株動向】半導体大手のエヌビディアとAMD、2021年により注目すべきは?

エヌビディア(NASDAQ:NVDA)とアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(NASDAQ:AMD)(以下AMD)は2020年に最も勢いのあった半導体銘柄です。いずれの銘柄も株価は年初来で2倍以上に上昇し、フィラデルフィア半導体株指数の約50%の上昇を容易にアウトパフォームしました(執筆時点)。来年も引き続き両銘柄の好調が期待できるか、どちらにより注目すべきかを以下で見てみましょう。 More »

【米国株動向】2021年は避けたいハイテク3銘柄

今年、新型コロナウイルスの影響を回避できたハイテク銘柄の株価は好調で、このトレンドは2021年も持続する見通しです。しかし、ハイテクセクターの全銘柄が好調というわけではなく、インテル(NASDAQ:INTC)、モモ(NASDAQ:MOMO)、テンセント・ミュージック・エンターテインメント(NYSE:TME)の3社は避けるのが賢明かもしれません。 More »

【米国株動向】12月に注目したい大型株3選

株価が史上最高値近辺で推移し、かつ不確実要素も多く存在する現在、株式への投資を躊躇する投資家も多いかもしれません。こんな時には、時が経っても色あせることなく、短期的な試練をものともしない大型株に注目してみたいものです。 More »

【米国株動向】アドバンスト・マイクロ・デバイシズとエヌビディアの比較

今年はエヌビディア(NASDAQ:NVDA)とAMD(NASDAQ:AMD)の株主にとって素晴らしい年となっています。両銘柄とも過去12カ月間で株価が2倍以上に上昇しました(執筆時点)。コンピューティングの新時代が幕を開け、半導体設計会社は業界のリーダーとしての位置に付けています。 More »

【米国株動向】割安な高配当株3銘柄

S&P500指数は新型コロナワクチン開発成功への期待から、執筆時点で上場来最高値に近い水準で推移しています。ただし、感染率の上昇や失業者数の増加、あるいは米国の政権移行が難航することで勢いがそがれる可能性もあります。そのリスクが心配なら、嵐を乗り越えるのに適した高配当株を保有するのがよいかもしれません。 More »