The Motley Fool

NASDAQ:GOOG (Alphabet (C shares))

$1,469.33 $4.81 (0.00) 2020年9月30日水曜日 5時30分00秒 日本標準時

About

Last updated 30-09-2020, 05:30:00am JST
CURRENT_PRICE $1,469.33
CHANGE $4.81 (0.3%)
CLOSE_PRICE $1,464.52
OPEN_PRICE $1,470.39
BID $1,469.95
ASK $1,470.79
DAY_RANGE $1,459.28 - $1,476.30
YEAR_RANGE $1,013.54 - $1,733.18
VOLUME 349,736
AVERAGE_VOLUME 1,879,946
MARKET_CAP $1,016,520,641,097.00
EARNINGS_PER_SHARE $45.87

Related Articles

【米国株動向】いつまでも手放したくない3銘柄

S&P 500は今年3月以降の下落幅をほぼすべて取り戻しています(執筆時点)。新型コロナウイルス感染症の第2波、高い失業率、市民によるデモ、中国との貿易戦争に直面する中での株式市場の活況は不合理に見えるかもしません。ある程度の利益確定はやむを得ないと考える投資家もいるでしょう。次の市場暴落が起こる前にポジションを削減して利益を確定するのは賢明ですが、筆者は引き続き長期的な勝者の株式は保有し続けるべきだと考えています。個人的には、成功を収めたアマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)、JD.com(NASDAQ:JD)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE:JNJ)のポジションはそのままにしておくつもりです。 More »

【米国株動向】今注目すべきクラウド・コンピューティング株3銘柄

クラウド・コンピューティングはここ数年、有望な投資テーマとなっています。半導体大手エヌビディア(NASDAQ:NVDA)のCEO、ジェンセン・ホアン氏は最近の電話会議で、「基本的なコンピューティング要素は今やストレージサーバー、CPUサーバー、GPUサーバーであり、数百万人ものユーザーに同時にサービスを提供するハイパースケール・アプリケーションによって構成されています」と述べています。 More »

【米国株動向】AI関連で、今注目すべき3銘柄

リサーチ会社のグランド・ビュー・リサーチによると、世界の人工知能(AI)市場の2019年から2025年の年平均成長率は46.2%で、2025年には3910億ドル規模の市場になると見込まれています。さらにAI市場は、ハードウエアやソフトウエア、さらにサービスにも広がっています。そこでAIポートフォリオを拡大しつつある、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)、アップル(NASDAQ:AAPL)、バイドゥ(百度、NASDAQ:BIDU)の3銘柄ついて、詳しく見てみましょう。 More »

【米国株動向】ハイテク大手のアリババとフェイスブック、長期投資するならどちらに注目か

中国最大のeコマース及びクラウドサービス提供企業であるアリババ・グループ・ホールディング(NYSE:BABA)と、世界最大のソーシャルネットワーク・サービスであるフェイスブック(NASDAQ:FB)は、ともに長期的な利益を追求する投資家にとって注目に値する選択肢といえます。 More »

【米国株動向】6月に注目の巣ごもり3銘柄

1年前はステイケーションやのんびり過ごす週末に役立つ企業を指していましたが、今ではテレワークや人との接触を避けることにまつわるあらゆる企業が含まれます。今回は6月に注目の3銘柄としてウェイフェア、ネットフリックス、ドラフトキングスを取り上げます。 More »

【米国株動向】年初来の株価上昇率がトップクラスのエヌビディアはなお注目すべきか?

画像処理ユニット(GPU)のパイオニアであるエヌビディア(NASDAQ:NVDA)の株価はこの1年で約140%上昇しています。ゲーム愛好家が自宅待機を余儀なくされたことが同社の追い風となりました。過去5年間の株価上昇率は1,600%と驚異的です。 More »

【米国株動向】ハイテクグロース銘柄のアルファベットとデータドッグの2社を比較

6月に入って多くの「屋外」銘柄の株価が力強く上昇していますが、「巣ごもり」ハイテク銘柄の見通しも依然として良好です。結局のところ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)はeコマース、在宅勤務、リモート学習、遠隔医療といった多くの技術トレンドを加速させました。しかも新型コロナウイルスはいまだ存在し、ワクチンも開発されていません。 More »

【米国株動向】新型コロナウイルスの流行終息後も有望なハイテク2銘柄

新型コロナウイルスの感染拡大でインターネット通信量が飛躍的に増加しました。在宅勤務やオンライン教育が定着したためです。データセンター各社は対応を迫られています。データセンター新設投資やクラウドコンピューティングの需要拡大で、画像処理半導体のエヌビディア(NASDAQ:NVDA)、クラウドコミュニケーションアプリを提供するトゥイリオ(NYSE:TWLO)の2社は、流行終息後も有望と考えられるハイテク2銘柄です。 More »

【米国株動向】資産形成を考え長期で保有するべき米国株2銘柄

投資において成長企業を選別することは大切な第一歩です。資産形成には、投資先企業の成長を享受するべく株式を保有し続けることが必要ですが、そのためには長期保有に見合う銘柄選択が最も重要になります。投資家は業績や経営施策に常に目を向け、投資テーマが適切かどうかを確認していく必要があります。 More »

【米国株動向】10年で株価が大幅上昇したテクノロジー銘柄3選

次の3社はそのような企業で、各社ともここ10年以内に10倍のリターンを生み出しています。これらの企業がどのようにそれを成し遂げたかを以下で説明することで、次に大成功する投資先を発掘するのに役立てることができるでしょう。 More »