The Motley Fool

NASDAQ:GOOG (Alphabet (C shares))

$1,469.33 $4.81 (0.00) 2020年9月30日水曜日 5時30分00秒 日本標準時

About

Last updated 30-09-2020, 05:30:00am JST
CURRENT_PRICE $1,469.33
CHANGE $4.81 (0.3%)
CLOSE_PRICE $1,464.52
OPEN_PRICE $1,470.39
BID $1,469.95
ASK $1,470.79
DAY_RANGE $1,459.28 - $1,476.30
YEAR_RANGE $1,013.54 - $1,733.18
VOLUME 349,658
AVERAGE_VOLUME 1,879,946
MARKET_CAP $1,016,520,641,097.00
EARNINGS_PER_SHARE $45.87

Related Articles

【米国株動向】フィットビットがアップルウォッチに対抗するための新製品を発表

フィットビットは、比較的価格も手頃な「Versa」というモデルのスマートウォッチで有名な、ウェアラブルデバイスメーカーです。フィットビットは年末商戦に向けてラインナップを発表し、アップルに直接対抗すべく「Sense」という新しいスマートウォッチを出すことが明らかになりました。 More »

【米国株動向】投資家はアップルの将来に対する真のリスクを無視している?

アップル(NASDAQ:AAPL)は非常に好調な四半期決算を発表しており、順風満帆に見えます。しかし、米議会は複数の大手ハイテク企業に目を光らせています。 More »

【米国株動向】株式市場が急落した場合に注目の3銘柄

第1四半期、S&P500指数の時価総額は5週間足らずで3分の1以上も減少しました。その後、過去数十年間で最大規模となる株価の反発がありました。しかし、以前の弱気相場を見ると、株価の反発は壁にぶつかる傾向があります。株式市場がいつ急落するか、あるいはいつ調整するかを予測するのは不可能ですが、過去のデータは、それが比較的近いうちに発生することを示唆しています。 More »

【米国株動向】人工知能(AI)の台頭から恩恵を受けているハイテク銘柄3選

しかし、ポートフォリオに長期的な価値をもたらす可能性のあるAI銘柄は、アマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)、マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)など、ほんの一握りです。これらはハイテク業界の巨大企業であるだけでなく、AIを追求することで競争相手の一歩先を進んでいます。 More »

【米国株動向】アルファベットとアマゾン、長期投資なら資金力があるアルファベットに注目

アマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)の時価総額は1兆5,000億ドルですが(本稿執筆時点)、他との差をつける可能性は際立っています。一方でグーグルの親会社アルファベット(NASDAQ:GOOGL)(NASDAQ:GOOG)は四半期決算で初の減収となり、競争に負けたのではないかとの議論もあります。今、アマゾンの買いを推奨するのは容易ですが、まずいくつかの要素を考察してみましょう。 More »

【米国株決算】アルファベットの2020年第2四半期決算と今後の株価の推移

本記事ではアルファベットの最新決算情報である2020年第2四半期決算の情報と、今後の株価の推移などについて見ていきます。 More »

【米国株動向】10年後の時価総額が1兆ドルに達する可能性のある米国ハイテク3銘柄

「時価総額1兆ドル」という言葉は今後10年間でますます一般的になると思われます。筆者が将来1兆ドルクラブに仲間入りすると考える大型株は、セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)、ペイパル(NASDAQ:PYPL)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)の3つです。 More »

【米国株動向】ネットワーク拡大でグーグルがアマゾンを追撃

アルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)は、電子決済サービス大手ペイパル(NASDAQ:PYPL)のビル・レディ前最高執行責任者(COO)を獲得し、商品検索エンジンであるグーグル・ショッピングの拡大策を展開しています。グーグルはアマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)の強力な競争相手になるでしょう。 More »

【米国株動向】1万ドルを投資するなら、今後10年間の資産形成に役立つこのグロース株5銘柄に注目

グロース株投資は資産形成を可能にします。急成長する企業は売上高と利益が急激に拡大するため、投資家に莫大な富をもたらす可能性があるからです。カギとなるのは、言うまでもなく購入すべき銘柄とタイミングを見極めることです。当レポートでは特に強力な成長要因を備えている銘柄を5つご紹介します。 More »

【米国株動向】コロナ第2波に備える2銘柄

ロイター通信の調査では、7月18日時点で世界全体の新型コロナウイルスの感染者数は1,400万人以上、死者は約60万人に上ります。しかし、世界保健機構(WHO)の指導部の最新の警告によると、状況は悪化する恐れがあります。例えば、米国では感染者数が再び急増しており、東欧でも同様の傾向が見られます。株価が一段と下落する可能性を排除すべきではありません。 More »