The Motley Fool

NASDAQ:GOOG (Alphabet (C shares))

$1,466.80 $2.28 (0.00) 2020年9月30日水曜日 4時33分39秒 日本標準時

About

Last updated 30-09-2020, 04:33:39am JST
CURRENT_PRICE $1,466.80
CHANGE $2.28 (0.2%)
CLOSE_PRICE $1,464.52
OPEN_PRICE $1,470.39
BID $1,466.28
ASK $1,468.21
DAY_RANGE $1,459.28 - $1,476.30
YEAR_RANGE $1,013.54 - $1,733.18
VOLUME 214,389
AVERAGE_VOLUME 1,879,946
MARKET_CAP $1,016,520,641,097.00
EARNINGS_PER_SHARE $45.87

Related Articles

【米国株動向】ズームとシスコ、どちらに注目すべきか?

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(NASDAQ:ZM)はシスコシステムズ(NASDAQ:CSCO)がなければ、恐らく存在しなかったでしょう。ズームの創設者兼最高経営責任者(CEO)のエリック・ユアン氏は以前、ビデオ会議のスタートアップ企業であったWebexで働いていましたが、2007年にシスコが同社を買収すると、シスコのエンジニアリング部門の副部長となりました。2011年にスマートフォンを利用した新たなビデオ会議プラットフォームを提案しましたが、このアイデアが却下されたことから、ユアン氏は同年、シスコを離れてズームを設立しました。 More »

【米国株動向】勢いが止まらない注目の4銘柄

2020年9月半ばまでの6カ月余りの間に、株式市場は史上まれに見る乱高下を経験しました。S&P500指数は5週間もしない間に時価総額が34%減少し、その後の5カ月で下落分以上を取り戻し、投資家は短期的な市場の動きを予測することの無益さを思い知らされました。一方で、長期投資家にとって今年は優良銘柄を割安で買う絶好の機会となっており、さらに直近1週間ほどの間にボラティリティが再び高まっていることでチャンスが再来しています。 More »

【米国株動向】エクスペディア株の株価上昇余地とリスク

しかし、驚くべきことに、エクスペディア(NASDAQ:EXPE)と、より規模の大きいライバルであるブッキング・ホールディングス(NASDAQ:BKNG)の株価は反発し、年初来の下落幅は10%を切りました。多くの人たちが旅行に出たくてむずむずしているので、エクスペディアの株が買われる理由も想像できない訳ではありませんが、この流れに乗る前に、いくつかの要因を検証しておいた方が良いでしょう。 More »

【米国株動向】バフェット氏率いるバークシャーが2020年に最も注目されているクラウドIPOに投資

バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の最高経営責任者(CEO)ウォーレン・バフェット氏は現代の最も優れた投資家そしてリーダーの一人です。バークシャー株は1965年以降に2,700,000%超上昇し、株主のために4,000億ドル以上の価値を作り出しました。このような目覚ましい成功を考えると、バフェット氏の投資行動を機関投資家や個人投資家が注目するのも無理はないでしょう。同氏の売買に便乗した投資家が大きな利益を得ることもあります。 More »

【米国株動向】3,000ドルで投資できるデジタルメディア3銘柄

当社は、モトリーフールの3人の寄稿者に、市場を大幅に上回るリターンを生みそうなデジタルメディア銘柄を挙げてもらいました。その3銘柄として、エロスSTX(NYSE:EROS)、ピンタレスト(NYSE:PINS)、アルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)を紹介します。 More »

【米国株動向】アルファベットとフェイスブックのどちらに注目か

アルファベット(NASDAQ:GOOGL) (NASDAQ:GOOG)とフェイスブック(NASDAQ:FB)は、デジタル広告業界の2大トップ企業です。前者はインターネット検索で、後者はソーシャルメディアで圧倒的な地位を築いています。 More »

【米国株動向】ペロトンは決算で見通しを上回り、初の黒字を達成

在宅フィットネスサービスを提供するペロトンは、10日に2020年第4四半期(4〜6月)決算を報告しました。売上高は前年比172%増の6億700万ドルとなり、1株当たり利益は0.27ドルとなりました。同社は初めて黒字決算を発表したことになります。 More »

【米国株動向】かつて確実に成功していた「配当株投資」は死んだのか?

長年にわたり、投資においては概ね配当株が非配当株をアウトパフォームするというのが当たり前のことでしたが、今やそうした状況にはありません。グロース株は年初来で20%超上昇しているのに対して、配当株のリターンは配当を考慮に入れてもマイナス圏に沈んでいます。 More »

【米国株動向】今注目すべき巣ごもりハイテク銘柄3選

eコマース、ゲーム、動画・音楽配信は、パンデミック下の巣ごもり需要から特に恩恵を受けている分野です。投資家は、既に勝ち組になっているこうした銘柄にはこれ以上の上昇余地はないと避けてきたかもしれませんが、新型コロナウイルスの感染拡大がもたらした消費者の行動変容は今後数カ月、数年に渡って継続し、定着していくと考えられます。 More »

【米国株動向】アルファベットが株式分割をすべきワケ

アップルとテスラの両社が引き金を引いたので、一部の投資家は他の多くの会社も近いうちに株式分割を行うと予想しています。その最大の候補は、アルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)です。以下、アルファベットが株式分割を行うであろう理由をご説明します。 More »