The Motley Fool

NASDAQ:GOOG (Alphabet (C shares))

$1,506.62 $26.30 (0.02) 2020年8月13日木曜日 5時30分00秒 日本標準時

About

Last updated 13-08-2020, 05:30:00am JST
現在値 $1,506.62
前日比 $26.30 (1.8%)
終値 $1,506.62
始値 $1,485.58
買い値 $1,505.75
売り値 $1,506.61
日次値幅 $1,485.25 - $1,512.39
年次値幅 $1,013.54 - $1,586.99
出来高 1,436,792
平均出来高 1,733,233
時価総額 $1,024,962,985,927.00
EPS (ttm) $45.87

Related Articles

【米国株決算】アルファベットの2020年第2四半期決算と今後の株価の推移

本記事ではアルファベットの最新決算情報である2020年第2四半期決算の情報と、今後の株価の推移などについて見ていきます。 More »

【米国株動向】10年後の時価総額が1兆ドルに達する可能性のある米国ハイテク3銘柄

「時価総額1兆ドル」という言葉は今後10年間でますます一般的になると思われます。筆者が将来1兆ドルクラブに仲間入りすると考える大型株は、セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)、ペイパル(NASDAQ:PYPL)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)の3つです。 More »

【米国株動向】ネットワーク拡大でグーグルがアマゾンを追撃

アルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)は、電子決済サービス大手ペイパル(NASDAQ:PYPL)のビル・レディ前最高執行責任者(COO)を獲得し、商品検索エンジンであるグーグル・ショッピングの拡大策を展開しています。グーグルはアマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)の強力な競争相手になるでしょう。 More »

【米国株動向】1万ドルを投資するなら、今後10年間の資産形成に役立つこのグロース株5銘柄に注目

グロース株投資は資産形成を可能にします。急成長する企業は売上高と利益が急激に拡大するため、投資家に莫大な富をもたらす可能性があるからです。カギとなるのは、言うまでもなく購入すべき銘柄とタイミングを見極めることです。当レポートでは特に強力な成長要因を備えている銘柄を5つご紹介します。 More »

【米国株動向】コロナ第2波に備える2銘柄

ロイター通信の調査では、7月18日時点で世界全体の新型コロナウイルスの感染者数は1,400万人以上、死者は約60万人に上ります。しかし、世界保健機構(WHO)の指導部の最新の警告によると、状況は悪化する恐れがあります。例えば、米国では感染者数が再び急増しており、東欧でも同様の傾向が見られます。株価が一段と下落する可能性を排除すべきではありません。 More »

【米国株動向】いつまでも手放したくない3銘柄

S&P 500は今年3月以降の下落幅をほぼすべて取り戻しています(執筆時点)。新型コロナウイルス感染症の第2波、高い失業率、市民によるデモ、中国との貿易戦争に直面する中での株式市場の活況は不合理に見えるかもしません。ある程度の利益確定はやむを得ないと考える投資家もいるでしょう。次の市場暴落が起こる前にポジションを削減して利益を確定するのは賢明ですが、筆者は引き続き長期的な勝者の株式は保有し続けるべきだと考えています。個人的には、成功を収めたアマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)、JD.com(NASDAQ:JD)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE:JNJ)のポジションはそのままにしておくつもりです。 More »

【米国株動向】今注目すべきクラウド・コンピューティング株3銘柄

クラウド・コンピューティングはここ数年、有望な投資テーマとなっています。半導体大手エヌビディア(NASDAQ:NVDA)のCEO、ジェンセン・ホアン氏は最近の電話会議で、「基本的なコンピューティング要素は今やストレージサーバー、CPUサーバー、GPUサーバーであり、数百万人ものユーザーに同時にサービスを提供するハイパースケール・アプリケーションによって構成されています」と述べています。 More »

【米国株動向】AI関連で、今注目すべき3銘柄

リサーチ会社のグランド・ビュー・リサーチによると、世界の人工知能(AI)市場の2019年から2025年の年平均成長率は46.2%で、2025年には3910億ドル規模の市場になると見込まれています。さらにAI市場は、ハードウエアやソフトウエア、さらにサービスにも広がっています。そこでAIポートフォリオを拡大しつつある、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)、アップル(NASDAQ:AAPL)、バイドゥ(百度、NASDAQ:BIDU)の3銘柄ついて、詳しく見てみましょう。 More »

【米国株動向】ハイテク大手のアリババとフェイスブック、長期投資するならどちらに注目か

中国最大のeコマース及びクラウドサービス提供企業であるアリババ・グループ・ホールディング(NYSE:BABA)と、世界最大のソーシャルネットワーク・サービスであるフェイスブック(NASDAQ:FB)は、ともに長期的な利益を追求する投資家にとって注目に値する選択肢といえます。 More »

【米国株動向】6月に注目の巣ごもり3銘柄

1年前はステイケーションやのんびり過ごす週末に役立つ企業を指していましたが、今ではテレワークや人との接触を避けることにまつわるあらゆる企業が含まれます。今回は6月に注目の3銘柄としてウェイフェア、ネットフリックス、ドラフトキングスを取り上げます。 More »