The Motley Fool

NASDAQ:FSLR (First Solar)

$106.29 $3.06 (0.03) 2021年10月22日金曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 22-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $106.29
CHANGE $3.06 (3%)
CLOSE_PRICE $106.29
OPEN_PRICE $104.16
BID $106.00
ASK $106.29
DAY_RANGE $103.33 - $107.11
YEAR_RANGE $67.71 - $112.50
VOLUME 1,750,869
AVERAGE_VOLUME 1,812,714
MARKET_CAP $10,975,341,545.00
EARNINGS_PER_SHARE $5.31

Related Articles

【米国株動向】今後大きな成長が期待できる割安な再生可能エネルギー銘柄3選

再生可能エネルギー・セクターでは過去6~9カ月間の株価急騰を受けて、割安とみなされる銘柄はあまり残っていません。成長への期待が急速に高まったため、株価収益率(PER)や株価売上高倍率(PSR)が上昇しているのです。そんな中でも割安と思われる銘柄を3つ取り上げます。 More »

【米国株動向】投資家がショート・スクイーズについて知っておくべき3つのこと

株式市場は2021年、好調なスタートを切りました。投資家は、批判的な意見をものともせず、急上昇する様相を見せる銘柄に乗じようとしています。ビデオゲーム小売チェーンのゲームストップ(NYSE:GME)は、困難な経営状況から多くの投資家が株価下落を予想するなか、1月半ばには株価が2日間で100%上昇し、大きな関心を集めています。 More »

1月第1週に動意づいた株式と、昨年注目された株式の動向

新年が明けて半月が経ちました。去年大きく上昇した米国株の新年の出だしの動きは、どのだったのか気になる方も多いのではないでしょうか。今回は、年初に動意づいた米国株と昨年注目された米国株の動きについて説明します。 More »

【米国株動向】2021年に注目のETF 4銘柄

2020年の米国株式相場は、最終的に大きなプラスとなりましたが、2月の底で投げ売りして、その後の波に乗れなかった投資家もいることでしょう。そんな経験から個別銘柄への投資に懲りてしまった投資家には、分散効果が得られて長期投資に向いた上場投資信託(ETF)という選択肢もあります。以下では2021年を迎えるに当たって注目のETF 4銘柄を紹介します(株価は執筆時点)。 More »

2021年に向けて注目したい、クリーン・エネルギー関連株

バイデン新政権の誕生を控え、米新政権が打ち出す予定の積極的な環境政策に、世界中が注目しています。米新政権は、トランプ政権が離脱した「パリ協定」にも来年1月に復帰する予定です。これから国際社会の脱炭素の流れが加速することで、各企業も対応を迫られる事になると予想されます。そんな中、代替エネルギーの分野に注目が集まるのは、もはや必然的とも言えるでしょう。 More »

期待が高まるクリーン・エネルギー関連の企業への投資について

エネルギー需要は、COVID-19パンデミック対策の経済活動の停止などにより、大きく減退してしまいした。これが危機前の水準に戻るのは2023年とされ、景気回復に遅れが出れば、2025年まで伸びる可能性もあるとしています。そして、エネルギー供給において次の10年が転換点になるとも予想されています。 More »

【米国株動向】バイデン氏の大統領選勝利で有望と考えられる2セクター

11月の大統領選挙は、特定のセクターの長期的パフォーマンスに影響を与える可能性があります。バイデン候補の勝利は、以下の2つのセクターに追い風になるかもしれません。 More »

【米国株動向】新型コロナウイルスによる株式暴落局面で筆者が購入した米国株15銘柄

S&P500指数はわずか30日間で30%を超える暴落を演じました。過去50間年で見ると、下落率が30%を超えた局面は8年に1回程度しかありません。こうした暴落局面で買いを入れるのは筆者の運用戦略の一環であり、今回は以下の15銘柄を購入しました。 More »

【2020年版】注目すべき米国再生可能エネルギー銘柄7選

「再生可能エネルギー」に可能性を感じ、投資対象にしようと考えられている方もいらっしゃることでしょう。再生可能エネルギーの特徴は、「枯渇しない」「どこでも存在する」「CO2を排出しない」の3点が挙げられます。しかし再生可能エネルギーの問題点は、天候などの条件により発電出力が一定ではないことです。そのような中でも蓄電設備の改良が進み、電力供給の一部を担うと考えられる水準まできています。 More »