The Motley Fool

NASDAQ:EBAY (eBay)

$74.90 $0.22 (0.00) 2021年10月16日土曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 16-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $74.90
CHANGE $0.22 (0.3%)
CLOSE_PRICE $74.90
OPEN_PRICE $75.24
BID $74.70
ASK $75.19
DAY_RANGE $74.64 - $75.42
YEAR_RANGE $45.36 - $77.84
VOLUME 4,358,548
AVERAGE_VOLUME 5,386,341
MARKET_CAP $48,689,179,794.00
EARNINGS_PER_SHARE $18.81

Related Articles

【米国株動向】投資家はアップルの将来に対する真のリスクを無視している?

アップル(NASDAQ:AAPL)は非常に好調な四半期決算を発表しており、順風満帆に見えます。しかし、米議会は複数の大手ハイテク企業に目を光らせています。 More »

【米国株動向】8月に注目したいeコマース3銘柄

電子商取引(eコマース)はビジネスの在り方を変えましたが、変化はまだ始まったばかりです。消費者も企業もオンラインへのシフトに積極的であり、この分野は今後数十年にわたり成長が続くでしょう。eコマース株への投資は大きなリターンをもたらす可能性があります。ここでは、当サイトの記者3名が挙げる注目のeコマース銘柄を紹介します。 More »

【米国株決算】イーベイの最新決算情報と今後の株価の推移

本記事ではイーベイの最新決算である2020年第2四半期決算の情報と今後の株価の推移について見ていきます。 More »

【米国株動向】10年後の時価総額が1兆ドルに達する可能性のある米国ハイテク3銘柄

「時価総額1兆ドル」という言葉は今後10年間でますます一般的になると思われます。筆者が将来1兆ドルクラブに仲間入りすると考える大型株は、セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)、ペイパル(NASDAQ:PYPL)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)の3つです。 More »

【米国株動向】いま注目すべきeコマース銘柄3選

消費者がオンラインへと移行するのに伴い、爆発的な成長を遂げているのが、シー・リミテッド(NYSE:SE)とエッツィ(NASDAQ:ETSY)の2銘柄です。一方、eコマースの成長に乗っているのが、モバイル決済業界のリーダーの1社であるペイパル・ホールディングス(NASDAQ:PYPL)です。これらの3銘柄が長期にわたってアウトパフォームするであろう理由は次のとおりです。 More »

【米国株決算】7月20日週までに4-6月期決算を発表する注目米国銘柄

2月頃に発生したコロナパンデミックにより、多くの企業がその影響を受けました。1-3月期決算においても、多くの企業が新型コロナウイルス感染症の影響を受けたと発表していました。もちろんマイナスの影響を受けた企業もある一方で、プラスの影響を受けた企業もありました。どちらにしても企業の決算発表は大きな注目を集めます。そんな中、7月は多くの米国企業が4-6月期決算を発表します。 More »

注目すべき米国株のEコマース関連銘柄を5つ紹介

コロナウイルスの感染拡大により、世界中で外出を制限されている人が増えています。そのためEコマース・サイトを利用して買い物をする人が増えています More »

【米国株動向】イーベイはアクティビスト投資家からの新たな要求に直面

イーベイ(NASDAQ:EBAY)は、再びスターボード・バリューの攻撃対象となりました。ウォール・ストリート・ジャーナルのレポートによると、このアクティビスト・ヘッジファンドはイーベイの取締役会に対し、数人の取締役候補者を推薦しました。スターボードは、昨年初めにイーベイの株式の約1%を取得しています。 More »

【米国株動向】ペイパルに注目すべき3つの理由

オンライン決済大手のペイパル(NASDAQ:PYPL)は、予想を上回る第4四半期および通期決算を発表しました。売上高はアナリスト予想を上回る前年比17%増の49億6000万ドルとなりました。また、同社の営業利益は前年比28%増の12億ドルとなりました。さらに、1株あたり利益は前年比24%増の0.86ドルとなりました。 More »

【米国株動向】2月に注目の米国グロース株上位3銘柄

S&P 500指数は2019年に30%近く急騰した後、ここ数週間は勢いがやや一服しています。現在の株価のボラティリティの多くは第4四半期決算の発表シーズンが続いているためと考えられますが、武漢の新型コロナウイルスの流行を巡る懸念、米国大統領選挙の年に特有の不確実性、市場が先走りしているかもしれないという全般的な懸念など、他の要因があるのかもしれません。 More »