The Motley Fool

NASDAQ:CSCO (Cisco Systems)

$54.67 $-0.87 (-0.02) 2021年11月27日土曜日 3時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 27-11-2021, 03:00:00am JST
CURRENT_PRICE $54.67
CHANGE $-0.87 (-1.6%)
CLOSE_PRICE $54.67
OPEN_PRICE $54.46
BID $54.78
ASK $54.98
DAY_RANGE $54.46 - $55.19
YEAR_RANGE $42.41 - $60.27
VOLUME 755
AVERAGE_VOLUME 18,367,723
MARKET_CAP $230,576,550,361.00
EARNINGS_PER_SHARE $2.70

Related Articles

【2020年下期】今だからこそ注目したい高配当の米国株式を紹介

新型コロナウイルスによる景気後退懸念で、世界中の株式が下落したことはみなさんご存知かと思います。米国をはじめとした先進国の株式は2019年から上がり続けており、二番底の不安もありながらも、優良銘柄に調整が入ったことは、投資家としては注目すべきでしょう。特に、株価が下落したことにより、多くの銘柄の配当利回りは上昇しており、高配当銘柄には投資妙味があります。 More »

「ダウの犬投資法」における上位3社を解析

最初の株価指数の一つ、また米国で最も一般的な株価指数の一つである「NYダウ平均株価」ですが、同指数には「ダウ10戦略」、通称「ダウの犬 (Dogs of the DOW)」と呼ばれる投資手法が存在します。具体的には、「NYダウ平均株価」構成銘柄のうち、配当利回りが最も高い10銘柄に年末12月31日に投資し、翌年末まで継続保有し、12月31日時点で配当利回りが最も高い10銘柄へリバランスするというものです。 More »

【米国株動向】注目すべき高利回りの米国テクノロジー銘柄3選

次の3社はそのような高利回りのテクノロジー企業です。好調なコンピュータ・ハードウェア業界からはテキサス・インスツルメンツ(NASDAQ:TNX)、成長が早いITセクターからはIBM(NYSE:IBM)とシスコシステムズ(NASDAQ:CSCO)の2社を挙げます。3社とも配当利回りは3%を上回り、8年以上連続で増配しています。 More »

【米国株】激戦化するWeb会議サービス

Web会議サービスの競争が再び激化しています。Zoomは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でユーザー数を大きく伸ばした一方で、セキュリティの脆弱性が指摘されました。同社はセキュリティのアップデートですぐに対応しています。Zoomが流行る前はWeb会議といえばSkypeでした。今はビデオ会議といえばZoomです。しかし、Zoomの地位がこれからも盤石かどうかは分かりません。 More »

シスコ・システムズの決算から見る今後の株価の推移

シスコ・システムズはアメリカに本社を置く、世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社です。主要製品としては、LANスイッチ、サービス統合型ルータ、WANルータ、セキュリティーアプライアンス・ソフトウェア、ワイヤレスを含むネットワーク製品、クラウドか製品などが挙げられます。 More »

新型コロナウィルス感染拡大で注目をあびる銘柄群のまとめ

新型コロナウィルス感染拡大とコロナショックで恩恵を受ける、あるいは、これを機にビジネスを強くしているものには、何があるでしょうか。そして、それは、コロナショックが落ち着いてしまえば、消えてしまう一過性のものでしょうか?おそらくそうはならず、定着していく可能性が高いのではないかと思われます。 More »

【米国株動向】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズとシスコシステムズを比較

新型コロナウイルスの感染拡大によって、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(NASDAQ:ZM)やシスコシステムズ(NASDAQ:CSCO)のビデオ通話ツールの利用は急増しています。ユーザーがこうしたツールのメリットに気付けば、長期的な成長トレンドにつながる可能性があります。 More »

【米国株動向】4月に注目すべき米国ハイテク株3銘柄

今回の危機ではデジタル経済への移行がすでに急速に進んでいるようです。そうした流れを捉えることができるハイテク株として、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)事業者のファストリー(NYSE:FSLY)、半導体企業のエヌビディア (NASDAQ:NVDA)、手術ロボットメーカーのインテュイティブ・サージカル(NASDAQ:ISRG)を取り上げます。 More »

【米国株動向】今注目のディフェンシブなハイテク株3銘柄

銘柄を選ぶ際は、企業の潜在力に注目すべきです。自宅待機や景気後退といった短期的および長期的影響を受けにくい銘柄です。以下、どれだけCOVID-19がデジタル社会を変えようとも、必要とされるコンピューターインフラを提供し、なおかつ財務が健全で高い収益性を強みとする3銘柄を紹介します。 More »

テレワークの浸透で注目すべき米国株

COVID-19(新型コロナウィルス)感染拡大の影響で、通勤時間帯や在宅勤務などを含めた多様な働き方が導入されているのではないでしょうか。かなり強制的に進んだような感じです。従業員の健康を守ることは、ビジネスを継続するためには大変重要なことであり、さらにはお客様を大事にすることにもつながる、ということが本気で意識され始めたように思います。在宅勤務あるいはテレワークが広がりましたが、これを可能にする技術的な背景には、どのようなテクノロジーがあり、その代表的な会社にはどのようなものがあるかをご紹介していきたいと思います。 More »