The Motley Fool

NASDAQ:ASML (ASML Holding)

$782.02 $-20.37 (-0.03) 2021年11月27日土曜日 3時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 27-11-2021, 03:00:00am JST
CURRENT_PRICE $782.02
CHANGE $-20.37 (-2.5%)
CLOSE_PRICE $782.02
OPEN_PRICE $786.96
BID $781.00
ASK $782.02
DAY_RANGE $776.01 - $795.92
YEAR_RANGE $433.67 - $895.93
VOLUME 786,306
AVERAGE_VOLUME 911,751
MARKET_CAP $280,942,995,333.00
EARNINGS_PER_SHARE $13.23

Related Articles

大きく伸びている半導体ETFの構成銘柄から読み取く、高成長半導体銘柄4選

現在世界的な半導体不足の中で半導体セクターは大きな伸びを見せています。本記事ではそうした原因を分析しながら、大きな伸びを見せている「ヴァンエック・半導体ETF」の上位銘柄である台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング、エヌビディア、ASMLホールディングス、アナログ・デバイセズについて詳しく見ていきます。 More »

20年以上の実績があるESG指数から選ぶ、直近1年間で最も高い株価リターンを誇る3銘柄

今回は同社の代表的なESG指数の中でも、算出開始以来20年超の実績があり、企業のサステナビリティ・パフォーマンスを測るベンチマークの国際基準とされる「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)ワールド」を分析対象に、その構成銘柄よりコロナ禍の直近1年間で最も高い株価リターンを見せる優良銘柄をご紹介致します。 More »

【米国株動向】ナスダックの新しい牽引役になるかもしれないハイテク株とは?

この1年間でナスダック総合指数(NASDAQINDEX:^IXIC)の牽引役となってきたのは、SaaSと呼ばれるクラウド経由でソフトウェアサービスを提供する企業でした。しかし、ここ最近はSaaS銘柄が不振で、代わって別のセクターが下落したナスダックを巻き返しへと導いています。以下では新しい牽引役の候補を紹介します。 More »

【米国株動向】狂騒の2020年代のための3銘柄

パンデミックの終息後に狂騒の2020年代が始まると考えるならば、今後10年間にわたって、ディズニー(NYSE:DIS)、半導体製造装置メーカーのASMLホールディング(NASDAQ:ASML)、ソーシャルメディア運営会社スナップ(NYSE:SNAP)の株式を保有するのは良いアイデアかもしれません。 More »

【米国株動向】長期間保有するのに適したハイテク企業3銘柄

長期的な勝者となる銘柄は、複利効果による利益をもたらすだけではありません。成長による利益は、株式を売却するまで課税されないのです。では、長期的な勝者となる銘柄を現在見つけるにはどうすべきでしょうか。どんな銘柄も100%成功するとは限りませんが、以下のハイテク企業3銘柄はいずれも上記の特徴を備えています。 More »

【米国株動向】5G、クラウドコンピューティング、自動運転電気自動車、ゲノミクスの全てに投資できる銘柄

最高のグロース銘柄を探す際にまず考えるのは、業界が成長しているかどうかでしょう。業界が成長していれば、そこに含まれる個別企業が成長する可能性も一気に高まります。5G通信(大容量モバイル通信の高速化)、クラウドコンピューティング(データストレージの需要増大やAIデータプロセッシング)、電気自動車や自動運転車、ゲノミクス(遺伝子編集治療がノーベル賞受賞)はここ数年で急速に浮上したメガトレンドです。 More »

【米国株動向】絶対的な競争力を持つ好調ハイテク株3銘柄

ところが、台湾のTSMC(台湾積体電路製造)(NYSE:TSM)、ASMLホールディングス(NASDAQ:ASML)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)の3銘柄はコロナ禍に伴う景気後退をものともせず、今年に入ってから市場を大きくアウトパフォームしています。好調な理由として、5Gや人工知能(AI)という長期的に極めて大きな成長が見込まれる市場を対象としているだけでなく、各市場で絶対的な競争力を持っていることが挙げられます。 More »