The Motley Fool

NASDAQ:AMAT (Applied Materials)

$133.34 $-0.64 (0.00) 2021年10月22日金曜日 5時00分00秒 日本標準時

About

Last updated 22-10-2021, 05:00:00am JST
CURRENT_PRICE $133.34
CHANGE $-0.64 (-0.5%)
CLOSE_PRICE $133.34
OPEN_PRICE $131.66
BID $134.51
ASK $134.84
DAY_RANGE $130.51 - $133.51
YEAR_RANGE $56.87 - $146.00
VOLUME 5,611,026
AVERAGE_VOLUME 6,689,860
MARKET_CAP $120,974,360,430.00
EARNINGS_PER_SHARE $5.80

Related Articles

10月第1週に動意づいた米国株

当記事では10月第1週に動意づいた米国株を紹介いたします。 More »

5月第4週目に動意づいた米国株

当記事では5月第4週に動意づいた米国株を紹介いたします。 More »

【米国株動向】ナスダックの新しい牽引役になるかもしれないハイテク株とは?

この1年間でナスダック総合指数(NASDAQINDEX:^IXIC)の牽引役となってきたのは、SaaSと呼ばれるクラウド経由でソフトウェアサービスを提供する企業でした。しかし、ここ最近はSaaS銘柄が不振で、代わって別のセクターが下落したナスダックを巻き返しへと導いています。以下では新しい牽引役の候補を紹介します。 More »

3月第4週目に動意づいた米国株

当記事では、3月第4週に動意づいた米国株を紹介します。 More »

【米国株動向】いま注目の5G関連銘柄3選

現在、日常生活に浸透しているスマートフォンとモバイルアプリの進歩を先導した第4世代移動通信システム(4G)と同様、第5世代移動通信システム(5G)は今後10年間でさらに有望なイノベーションを促すとみられます。5Gに大きな期待を寄せる層は、今よりも高速の、そして安全で容量の大きい通信能力を見込んでおり、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)アプリ、センサーに基づいた自動運転が可能な車両や工場や農業など、新時代のアプリ開発の道も開かれるでしょう。 More »

半導体市場の指標になるSOX指数と深刻な半導体不足

コロナ禍で、好調な決算を出している市場の1つに半導体市場があります。自動車業界、電化製品業界、コンピューター、5Gスマートフォン、そしてゲーム業界など、今や様々な分野で使われている半導体ですが、今この半導体が世界で不足しており、様々な業界が影響を受けています。 More »

1月11日〜15日で上昇した米国株をおさらい

当記事では11日から15日で動意づいた米国株をピックアップしていきます。 More »

【米国株動向】5G関連で今注目の米国株3銘柄

長年続く可能性のあるアップグレードサイクルを踏まえて長期的に注目すべき3銘柄として、Tモバイル(NASDAQ:TMUS)、アプライド・マテリアルズ(NASDAQ:AMAT)、エヌビディア(NASDAQ:NVDA)の3銘柄を紹介します。 More »

2021年に注目したい米国半導体銘柄3選

スマートフォンやパソコンをはじめ、さまざまなエレクトロニクス産業を支える半導体に対する注目度が高まっています。新型コロナウイルスが世界的に流行したことで、経済に大きな打撃を与えた一方で、リモートワークなど人々の行動様式に変化が見られ、通信機器に対する需要が加速しました。半導体は景気敏感セクターであるため、これらに注目することで、景気の動きを先んじて察知することができます。 More »

【米国株動向】株価が急騰中のナスダック銘柄は買いなのか?

ナスダック市場はとどまるところを知らずに急騰し続けていますが、急上昇銘柄に飛びつく前に立ち止まり、一呼吸置くのが良さそうです。中でも半導体セクターの上昇は顕著で、これらの企業では見通しが大幅に誇張され、高揚感がリスクを覆い隠している可能性があります。 More »