MENU

米国株

  • 私が今この業界に投資している理由

    不健全と思われてしまうかもしれませんが、私が今投資先として最も魅了されているものは葬儀業界です。 Read More »

  • FAANGは弱気市場に押しつぶされている

    FAANG株は現在、下落基調にあります。 ここ最近、米国市場でアップル、アマゾン、マイクロソフト、ネットフリックスの株価はすべて下がっています。 Read More »

  • 業務提携はGoProを救うことができるか?

    GoProは今日、財務的にも戦略的にも厳しい状況にあり、そのため捨て身の行動を取る可能性があります。ニック・ウッドマンCEOは、「私たちは提携先を探している」と述べています。 Read More »

  • ウォーレン・バフェットのこの株式が1日で24%急上昇

    ここ数年は不動産株を愛する投資家にとって非常に厳しいものでした。10年にわたるブームの後、カナダの大都市では戸建住宅の価格が20-30%落ち込み、大幅な修正が行われました。 Read More »

  • 石油の弱気相場がついに始まった?

    モトリーフール・カナダ支局、2018年11月15日投稿記事より 原油相場のベンチマークであるウェスト・テキサス・インターミディエート(以下「WTI」といいます。)が1バレル当たり55米ドル以下に急落し、専門家は新たな原油価格の崩壊が始まったのではないかと懸念しています。ここ最近わずかながら価格が回復しましたが、WTIは1バレル当たり約57米ドルで取引されており、年初来約3%減少しています。多くのアナリストは、石油が正式に弱気市場入りしたと主張しています。 この動きは石油株の急激な売却を引き起こし、この業界最大のETFであるエネルギー・セレクト・セクターSPDRファンドETFも12%下落しました。カナダ国内大手のオイルサンド事業者であるセノバス・エナジー(TSX:CVE)(NYSE:CVE)も17%下落し、悪影響を受けています。 WTIが1バレル当たり76米ドルを超え、ここ数年で最高値で取引していた10月初めと比べ、状況は一変しています。 有名なシティバンクのアナリストであるエド・モースとロシア財務省は、原油価格は再び崩壊するだろうと予測していました。ロシア財務省は2018年7月に石油価格が1バレル当たり50—60米ドルと思われる均衡価格を上回って取引されている際に、ブレント原油の価格は均衡価格まで下がるだろうと警告しました。一方、モールスは多くのアナリストが信じるほど原油相場は強くないと主張し、1バレル当たり45—65米ドルの間に収まるだろうと主張しました。 今月初めに米国はイランに対する制裁措置を採択すると発表しました。この制裁は世界的な原油供給量を1日当たり100万バレルも削減することになるにもかかわらず、原油価格は1年ぶりに急落しました。これは、2018年8月に米国の石油生産量が予想以上に拡大し、OPEC供給の増加と需要の減少から2019年は世界経済成長が減速するのではないかという恐れがあるからです。 石油在庫は増えており、アメリカ石油協会(API)は、2018年11月9日に石油在庫が880万バレルとなり、アナリスト予想の320万バレルを2倍以上上回ったと述べています。 これは、ガソリンの季節的需要が減少し、製油所の稼働率が低下したことに起因しています。 石油の弱体化は、米国の石油生産者よりもカナダのエネルギー産業に大きな影響を与えるでしょう。ウエスタン・カナディアン・セレクト(以下「WCS」といいます。)は、2017年12月末には史上最高値の39%で取引されていましたが、2018年10月末はその61%で取引されていました。カナダの軽油は、2017年の終わりの史上最高値の10%で取引されていましたが、2018年10月末にはその38%となり、3倍以上の価格で取引されていました。 カナダの石油生産会社がパイプラインの制約により重要としている米国の石油精製場に石油を送れず、カナダ西部で大量の供給過剰が発生しているため、この大幅な原油安はしばらくの間続くものと考えられます。 したがって、一部の石油株に投資することに魅力を感じないかもしれません。カナダの原油生産者への財政的影響は厳しく、2018年第3四半期のWTI平均価格は1バレルあたり66.75米ドルだったにもかかわらず、セノバスは平均販売価格が1バレルあたり35米ドルにしかなりませんでした。 ここ最近の急激な原油価格の下落は、多くのアナリストを驚かせました。原油価格市場の国際的基準であるブレントが2018年末までに80米ドルに達するという予想がありましたが、実現しそうにありません。供給の伸びが予想を上回り、在庫が増加し、需要の伸びが減少しており、原油価格を抑え込んでいます。 カナダの原油の価格が下落していることから、2018年の残りの期間と2019年の前半まではオイルサンド事業者のパフォーマンスに大きな影響を与えることでしょう。 Read More »

  • テルストラの最高財務責任者がテスラ新会長としてイーロン・マスクの後任に

    テルストラの最高財務責任者であり、企業戦略策定の責任者であるロビン・デンホルムがイーロン・マスクの後任としてテスラ会長に就任することを同社が発表しました。 Read More »

  • ビットコインへの投資を考えていますか?そうであればこの記事を読んでみてください

    最近は、以前ほどビットコインや他の仮想通貨を主要な見出しで目にしないかもしれません。 しかし、仮想通貨のInitial Coin Offerings(ICO)は驚くほど増えています。最近では世界中の200近くの取引所で、1500もの仮想通貨が取引されていると言われています。 Read More »

  • ロウズはホーム・デポに追いつくか

    住宅リフォーム産業は適度な速度で拡大しています。最近ロウズに就任したCEOのマービン・エリソンの積極的なコスト削減プログラムのおかげで、収益性の面で良いニュースを報告できるでしょう。 Read More »

  • ボンバルディアが回復軌道に戻る方法とは?

    ボンバルディアは、苦戦していた商業航空宇宙事業の大部分を売却し、鉄道やビジネスジェット事業に集中する予定です。しかし、同社を立て直すには、航空宇宙事業の売却だけでは足りず、まだまだ大胆な改革が必要です。 Read More »

  • ファイザーは5年後、どこにいるか?

    大手製薬会社のファイザーにとって2018年は21世紀に入ってから最高の年となるでしょう。ファイザー株は、市場全体のパフォーマンスを大きく上回っています。 Read More »