The Motley Fool

米国株

  • 【米国株動向】注目の米国株2銘柄

    自己資金に関して最も重要なのは、一時的な失業という事態を乗り切るために緊急資金を蓄えておくことですが、そうした資金が既に手元にあるとすれば、今は大きなリターンを生み出す可能性を備えた株式に投資するチャンスです。 Read More »

  • 【米国大統領選2020】バイデン氏のリードと郵便投票の問題

    28日火曜日、ヒラリー・クリントン氏は、ジョー・バイデン氏の名を挙げ、彼のようなリーダーが今アメリカには必要です、とメディアに訴えかけました。前オバマ大統領からも、手厚いサポートを受けているバイデン氏。今、バイデン氏支持者が増えています。その反面、大忙しなのはこの人、トランプ大統領。この一か月半、彼は毎日メディアに出て、毎日のように記者会見を行ってきました。 Read More »

  • 【米国株動向】フェイスブックの決算内容と株価の今後について

    フェイスブック(NASDAQ:FB)はアメリカに本社を置き、FacebookやInstagram、WhatsAppなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の開発・提供を行う会社です。主な収益源はSNS運営時の広告料となっています。SNSには様々な形態が存在し、なかでも同社の提供するFacebookは、メッセージ+写真もしくは動画の形態で発信することが多いSNSであると言え、対してInstagramは主に写真や動画を中心とした発信をすることが多いSNSとなっています。 Read More »

  • 【米国株動向】アップルの決算内容と株価の今後について

    アップル(NASDAQ:AAPL)はみなさんご存知の通り、アメリカに本社を置き、iPhoneやMac、iPadなどのインターネット関連製品や、macOSをはじめとしたオペレーティングシステム、Apple MusicやiCloudなどのサービスの開発・販売を行う会社です。2020年1月におけるモバイルベンダーのシェア率では、iPhoneを中心としたアップル社の製品が25%弱のシェアを占めています。 Read More »

  • NYダウの週報(4月27日週)と来週の見通し

    4月のNYダウは月間で11%上昇し、1987年1月以来の約33年ぶりの大きさとなりました。3月は新型コロナウイルスの感染拡大が嫌気され、2月の高値29,568.57ドルから18,213.65ドルまで40%近くも下落。しかし、4月になると経済活動再開の動きや治療薬・ワクチンの開発といったベストシナリオを織り込む動きとなり、下落幅の半値戻し(23,891.11ドル)を達成したのです。 Read More »

  • 【米国株動向】注目の成長株3銘柄

    デジタル化の重要性は一段と増しています。以下の3社はいずれも、こうしたテーマに合致し、足元の市場の混乱にも持ちこたえ、今後も恩恵が見込まれるグロース銘柄です。 Read More »

  • 【米国株動向】長期保有で注目の米国株3銘柄

    現在の相場の下落は、ウェイスト・マネジメント(NYSE:WM)、アメリカン・タワー(NYSE:AMT)、バークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK-A)(NYSE:BRK-B)という3つの優良銘柄をポートフォリオに追加する絶好の機会かもしれません。以下、これら米国の3銘柄が半世紀にわたり安心して保有できると考えられる理由を説明しましょう。 Read More »

  • 【米国株動向】リスクの高いマリファナ銘柄3選

    2019年第1四半期には、10を超える大麻銘柄が大きく値上がりしてグリーンラッシュと呼ばれましたが、それ以降は下落が続いています。各社は、需給問題や、合法大麻とブラックマーケットでの違法大麻との間の価格差といった問題を抱えています。ですが長期的に見れば、合法大麻産業は投資家に利益をもたらすことに間違いありません。一方、2年ぶりに相場が調整局面に入ったことで、その中で避けるべき大麻関連3銘柄を紹介します。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】ISM製造業景気指数に注目

    【NYダウ予想レンジ:23,500~24,500ドル】4月最終営業日となった30日のNYダウは、288.14ドル安の24,345.72ドルで引けました。朝方発表となった新規失業保険申請件数が383万9,000件と、予想の350万件を上回ったことが嫌気されたからです。 Read More »

  • 【米国株動向】スポティファイは、新型コロナウイルスによりエンゲージメントが急上昇

    他のコンテンツストリーミングサービスと同様、有料音楽ストリーミングを提供するスポティファイ(NYSE:SPOT)も新型コロナウイルスによる外出自粛の恩恵を受けています。スポティファイは最近、第1四半期(1〜3月)決算を報告し、このような状況であるにもかかわらず、多くの分野で予想を上回っています。 Read More »