The Motley Fool

米国株

  • 【米国株動向】500ドルの投資を100万ドルに増やした2銘柄

    クラウドソフトウェア銘柄がどうすれば現在のように高いバリュエーションを獲得できるのかと驚嘆している人がいても不思議ではありません。クラウドソフトウェア企業は、非常に力強い増収率を示しているものの、今のところほとんど利益を上げていません。それにもかかわらず、株価売上高倍率が15~20倍以上と評価されている銘柄は少なくありません。 Read More »

  • 【米国株動向】2020年注目のハイテク3銘柄

    長期的に大きくリターンを狙うなら、過去20年間、株式市場をけん引してきたハイテク・セクターに注目するのがいいでしょう。テクノロジーは他の業種に与える影響も大きく、広くビジネスの発展を手助けします。他の業種が成長することで、結果的にハイテク・セクターもまた恩恵を受けるという好循環が期待できます。ハイテク関連のトレンドやエマージング市場の成長性から恩恵を受ける態勢にあり、競争優位性をもつ銘柄を、ポートフォリオに加えるのは有効です。今後10年間に強力な長期リターンをもたらす可能性の高いハイテク銘柄として、次の3銘柄は検討の価値大です。 Read More »

  • アメリカ経済を下支えする鉄道業界と主要銘柄を紹介

    今回は、米国経済を下支えする重要なセクターである鉄道にフォーカスを当ててみたいと思います。鉄道業者への投資ということになると、日本の場合、JR東日本やJR東海などのJR系や、東急、小田急、西武鉄道など、多くの旅客鉄道業者が上場しており、そうした会社への投資を考えることになります。鉄道事業よりも、鉄道沿線の開発などの効果などが鉄道関連銘柄の魅力であったりします。米国株の場合、若干様相が異なります。 Read More »

  • 【米国株動向】2020年に大幅増益が予想される米フットウエア2銘柄:クロックスとスケッチャーズ、投資妙味のあるのはどちら?

    米国の人気フットウエア・ブランド、スケッチャーズU.S.A.(NYSE:SKX)とクロックス(NASDAQ:CROX)の株価は過去1年間にそれぞれ71%、38%上昇し、S&P500指数(26%上昇)をアウトパフォームしました(執筆時点)。両社とも直近の決算は好調でしたが、投資妙味のあるのはどちらの銘柄なのでしょうか? Read More »

  • 【米国株動向】増配で注目すべき質の高い米国株2選

    S&P500が大きく上昇した1年を経て、リスク軽減のためポートフォリオにより多くの配当株を探している投資家がいると思います。そのような投資家が注目すべきなのは、マクドナルド(NYSE:MCD)とマスターカード(NYSE:MA)でしょう。両社は増配の長い実績があり、さらに両社ともここ数カ月で増配しています。 Read More »

  • 【米国株動向】アマゾンの食料品配達は前四半期の2倍を達成

    米国ではアマゾン(NASDAQ:AMZN)やウォルマート(NYSE:WMT)などのオンライン食料品販売が主流となってきました。アマゾンは、昨年末に月額14.99ドルかかっていたアマゾン・フレッシュの会費を無料にしました。CFOのブライアン・オルサフスキーによると、第4四半期(10〜12月)の食料品配達は前年比2倍以上に増えました。 Read More »

  • 【米国株動向】2020年、投資初心者が信頼できる3銘柄

    投資初心者は短期的な下落から立ち直りやすく、長期的にリターンを生み出すことができるような企業を見つけるとよいでしょう。また、株価の下落をカバーするために配当を支払う銘柄を選択するという戦略を取ることもできます。そして、初心者投資家は製品やサービスを使用したことがあるような身近な企業に投資するのもよいでしょう。 Read More »

  • 進化する教育関連ビジネスについて

    米国の教育システムにおいては、様々な問題が指摘されていますが、それでも、高等教育は世界のトップレベルで、世界中から多くの学生が集まってきており、世界有数の研究者を多く輩出しています。米国では、200兆円の産業と言われています。そしてこれは成長し続けています。 Read More »

  • 【米国株動向】イー・トレード、同業他社に比べて投資妙味あり

    オンライン・ブローカーのイー・トレード・ファイナンシャル・コーポレーション(NASDAQ:ETFC)の2019年第4四半期(10-12月期)収益は前年同期の7億3,500万ドルから6億7,900万ドルに減少し、アナリスト予想を下回りました。なかでも手数料収入は55%減の1億7,200万ドルとなりました。手数料無料化の流れに押される形で、同社は手数料無料化を発表し、昨年10月初めに株価は大きく下落しました。 Read More »

  • 【米国株動向】注目すべき米国エネルギー・セクター3銘柄

    2019年は原油価格が35%上昇したにも関わらず、エネルギー・セクターにとって精彩を欠いた年でした。S&P500指数全体の上昇率は28.9%でしたが、同指数エネルギー・セクターの上昇率は、わずか5%にとどまりました。現在、同セクターのトッップ企業数社が、比較的割安な水準にあり、投資妙味があります。その先頭に立つのが、ミッドストリーム(パイプライン等の中間担当)大手エナジー・トランスファー(NYSE:ET)、石油・天然ガス関連アップストリーム(採掘、開発等)大手EOGリソーシズ(NYSE:EOG)、石油精製大手マラソン・ペトロリアム(NYSE:MPC)です。 Read More »