The Motley Fool

米国株

  • 【米国株動向】今後10年間以降に大きな勝者となる可能性があるグロース株3銘柄

    本稿では、今後10年間で大きな勝者となる可能性がある3つのグロース株として、ソフトウェア大手オートデスク(NASDAQ:ADSK)、eコマース大手クーパン(NYSE:CPNG)、不動産システムプロバイダーのラッチ(NASDAQ:LTCH)を紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】今後10年間は保有しておきたいビデオゲーム関連銘柄3選

    ビデオゲーム関連銘柄の株価は、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う外出制限を受けて2020年に急騰しましたが、その後失速しています。ゲーム企業に対する中国政府の規制強化、長引く半導体不足、ハイテク関連銘柄全般への幅広い売り圧力に加え、好調だった前年実績との比較(ベース効果)により今後数四半期の業績は前年同期比で精彩を欠くと見られますが、向こう10年というスパンで見ると、一部の大手企業には大きな上昇余地があります。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】続伸の展開になるかに注目

    【NYダウ予想レンジ:35,400~35,800ドル】20日のNYダウは続伸し、前日比152.03ドル高の35,609.34ドルで取引を終了しました。そして高値35,669.69ドルまで上昇し、8月16日の高値35,631.19ドルを上回り過去最高値を更新する場面もありました。 Read More »

  • 配当貴族の中でも配当安全性が極めて高い5銘柄

    配当を通してインカムを増やしていきたい、という個人投資家や配当による収入で早期退職をプランニングしている投資家も少なくありません。配当株投資は高い利回りの配当を出す企業に投資をすればいいというわけでなく、できるだけ長期に渡って配当を支払う企業に投資する必要があります。その中でも、より安定したインカムを得るために配当実績と競争優位性のある配当貴族銘柄が注目されています。今回はその配当貴族の中でも、配当の安全性があり将来に渡って配当の伸びしろがある企業をご紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】「株安の9月」が終わり、注目したいグロース銘柄2選

    S&P500指数は4.8%下落し、年初来リターンは15%を切りました。ここ最近株価が低迷している銘柄には成長銘柄が数多くありますが、その中には、まだ長期にわたる可能性を持つ銘柄もあります。水耕栽培園芸用品を扱うグロウジェネレーション (NASDAQ:GRWG) とストリーミングサービスを提供するfuboTV (NYSE:FUBO)の株価は、9月に20%以上下落しています。このタイミングこそ、ポートフォリオに加える好機かもしれません。 Read More »

  • 【米国株動向】今注目の半導体2銘柄

    調査会社IDCによると、昨年10.8%の成長を記録した半導体市場では需要鈍化の気配が見られず、今年の成長率は17.3%に達する見通しです。半導体市場の好況をけん引する要因として、IDCはスマートフォン、サーバー、ノートPC、スマート住宅、ゲーム機、ウェアラブル端末、自動車の需要増大とメモリー価格の堅調を挙げています。このセクターの企業でも特に注目できるのが、急成長する半導体ニッチ市場で優位な立場を築いているクアルコム(NASDAQ:QCOM)とアドバンスト・マイクロ・デバイシズ(NASDAQ:AMD)の2社です。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】過去最高値を更新するかに注目

    【NYダウ予想レンジ:35,200~35,700ドル】19日のNYダウは反発し、前日比198.83ドル高の35,457.44ドルで取引を終了。取引開始前に発表されたトラベラーズやジョンソン&ジョンソンなどの決算が良かったことで、株式市場に買い安心感が広がりました。 Read More »

  • 買い物する女性

    【米国株動向】決して手放したくない配当王2銘柄

    素晴らしい銘柄には買い時がなかなか訪れませんが、いざという時に行動に移せるよう準備しておくのが賢明です。今回はそうしたチャンスを無駄にせず筆者が購入し、当面売却するつもりのない2銘柄を紹介します。投資には不確定要素がつきものですが、この2銘柄は「逆境にも対処してきた長い実績のある企業」で「苦境の中でも配当を継続する企業」を探すという筆者の方針に合致しています。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】しっかりの展開か

    【NYダウ予想レンジ:35,000~35,500ドル】18日のNYダウは3営業日ぶりに反落し、前週末比36.15ドル安の35,258.61ドルで取引を終了しました。18日のアジア時間に発表された中国の7~9月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比4.9%増と、4~6月期の7.9%増から減速し、予想以上に鈍化したことが嫌気されました。 Read More »

  • アップルがこれからさらに上昇するこれだけの理由

    アップル(NASDAQ:AAPL)の業績が今とても好調です。直近の第3四半期決算を見ると、売上高は前年同期比36.4%増の81,434(単位百万ドル)、営業利益は前年同期比+84.3%の21,126(百万ドル)と好決算を出しています。その要因としてiPhoneの売上が絶好調であり、アップルの売上高を牽引する結果へと繋がっています。 Read More »