The Motley Fool

配当株

  • 今投資家が知っておきたい「中国恒大ショック」と、暴落時におさえておきたい配当貴族銘柄

    現在市場は中国恒大問題により不安が高まっています。今回はそもそも恒大問題がどのようなリスクを抱えているのかについて解説しながら、そうした局面においても過去の実績から安定感があり、長期保有に向いた高配当銘柄を紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】JPモルガン・チェース:信頼できる高配当株

    安定した配当だけでなく優れた長期リターンを提供する確実な株式を探しているのなら、金融サービス大手のJPモルガン・チェース(NYSE:JPM)をおいて他にありません。同行は多様な金融サービスを提供しており、株価は過去10年間にわたり他の大手米銀をアウトパフォームしています。 Read More »

  • 【米国株動向】10年以内に資金倍増を狙える高利回り配当株2銘柄

     配当利回りの高い株への投資には通常高いリスクが伴いますが、利回りによっては、インカムゲインだけで資金を10年以内に倍増させることも可能です。いわゆる「72の法則」を使えば、72を利回りで割ることで2倍にするために必要な期間を簡単に求めることができます(配当再投資が前提)。以下では配当利回りがそれぞれ7%と10%を超え、なおかつキャピタルゲインも狙えるかもしれない2銘柄を紹介します(配当利回り等は執筆時点)。 Read More »

  • 配当だけで生活できる?今こそ注目したい米国高配当銘柄7選

    株のトータルリターンは、「価格変動によるリターン+配当利回り」で成り立ちます。価格変動は、プラスにもマイナスにも働きますが、配当利回りは、配当が安定していれば、投資した時点でほぼ確実に上がるリターンです。従って、市場が不透明な場合にはこの配当利回りが重視されたりします。そして、配当だけで生活できるようになると、元本に手を付けずに、毎年一定もしくはそれ以上の収入が配当で得られるようになります。 Read More »

  • 【米国株動向】配当利回り6%以上で注目の2銘柄

    インカム投資家であれば、配当利回りの高い銘柄を選好するでしょう。平均的な配当利回りは2%以下ですから、2%以上あれば良いと考えられます。配当利回りが6%以上だと、非常に高いと考えられ、この水準で優良銘柄を探すのは容易ではありません。実際、高い配当利回りは、その企業にそれを維持するだけの収益力やキャッシュフローがないことを示す危険信号であることも多いのです。ここでは執筆時点で利回りが6%を超える2つの配当銘柄に注目してみましょう。どちらもインカム投資家にとっては良い買い物になると思われます。 Read More »

  • 米国の配当支払い額TOP20の中で、増配率が高い4銘柄

    配当株に投資をするにあたって配当の成長率は一つの指標と言ってもいいでしょう。また、配当成長の中でも小型株か、大型株かによっても投資の安定性は異なってきます。この記事では大型株かつ、5年間のDPS(一株あたりの配当額)成長が優秀だった4銘柄についてご紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】増配が期待できるハイテク株3銘柄

    成功を収めているハイテク企業は一般に収益性が高く、潤沢なキャッシュフローを生み出すため、継続的に配当を引き上げることができます。以下、業界をリードしながら着実に成長を続け、株主還元を継続できるだけの優れた財務実績を上げている企業を3つご紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】配当株のマクドナルドを見落とさないでください

    誰しも「マクドナルド(NYSE:MCD)」の名前は聞いたことがあるでしょう。マクドナルドは40年以上にわたって増配し続けてきました。より安定した配当でポートフォリオを強化しようとしている投資家は、マクドナルド株を見直す必要があります。マクドナルド株は少なくとも配当株投資家のウォッチリストに追加され、購入を検討する銘柄に値します。 Read More »

  • 【米国株動向】安定した成長力を誇る大麻関連銘柄3選

    マリファナ業界が今後巨大な投資機会になることは多くの投資家が認識していますが、業界が本格的に始動する前に失速した企業も少なくありません。以下、現在極めて好調で、いったん連邦レベルでマリファナが合法化されれば、さらに大きな飛躍を期待できる大麻関連株を3銘柄紹介したいと思います。 Read More »

  • バフェットのポートフォリオ入りしたベライゾンの魅力

    今年になって、バフェットのポートフォリオ(正確にはバークシャーハサウェーのポートフォリオ)に仲間入りしたベライゾン(NYSE:VZ)ですが、今年の年初来のパフォーマンスは、-6.84%とS&P500の+20.57%に比較して大きく劣後しています。(8/30現在) Read More »