MENU

配当株

  • 配当株好きなバフェットのポートフォリオを解説

    バークシャー・ハサウェイのCEOウォーレン・バフェットは、バークシャーの2,110億ドルにおよぶ株式ポートフォリオの銘柄の大半をほぼ1人で選択しています。 Read More »

  • 配当株として注目される米国の銀行株

    従来、米国主要銀行の配当は、S&P500インデックス銘柄の平均配当を大きく下回っていましたが、最近は逆となっています。「ビッグフォー」の銀行株は、JPモルガン・チェース(ティッカー:JPM、以下「JPモルガン」)、ウェルズ・ファーゴ(ティッカー:WFC)、シティグループ(ティッカー:C)、バンク・オブ・アメリカ(ティッカー:BAC)です。 Read More »

  • 配当利回りが4%以上の米国配当株3銘柄

    現在の堅調な米国株式市場では、最高値近辺の銘柄が多く、高い配当利回り銘柄を探すのが難しくなっています。そのような中、高配当株であるBP(ティッカー:BP)、AT&T(ティッカー:T)、フォード(ティッカー:F)を紹介します。 Read More »

  • 米国株の連続増配銘柄に投資する2つの方法

    米国には株主還元として配当を重視し、連続増配を行っている企業が多くあります。中には50年以上も連続増配を行っている企業もあり、配当をメインとした長期投資に適しています。この記事では、連続増配している米国株の紹介から、実際にどのように投資したらいいのかまで詳しく解説します。 Read More »

  • 銘柄比較:P&Gとコカ・コーラ

    プロクター&ギャンブルとコカ・コーラは、株式市場において最も安定した企業として知られています。また、両社は数十年にわたり増配してきたため、「配当貴族(25年以上連続して増配を実施している会社)」に該当します。 Read More »

  • アップルより高い配当を出す3つの米国ハイテク株

    アップルは配当プログラムに力を注いでいますが、ハイテク株の中では最も配当利回りの高い株式ではありません。記事執筆時点で、配当利回りは1.54%です。ブロードコム(ティッカー:AVGO)、テキサス・インスツルメンツ(ティッカー:TXN)、シスコ(ティッカー:CSCO)の3社は、アップルよりもかなり大きな配当を出しています。 Read More »

  • 知られていないが驚くべき配当株3銘柄

    質の高い配当株を購入して保有することは、長期的により高いリターンを達成するための最善の方法です。しかし、誰もがそういった株式を知っているのであれば、市場平均を凌駕することがかなり困難になるのは当然でしょう。投資家にはあまり知られていない配当株であるイーベイ、ベリート、およびチャイナモバイルをご紹介します。 Read More »

  • 今注目されるトップ米国配当株3銘柄

    2018年以降、景気後退や世界的な景気後退が目前に迫っているのでは、という懸念が続いています。経済関連ニュースに過敏になるのは理解できますが、誰も今後のことは正確には分かりません。しかし、このような状況下、保守的なアプローチを取るとすれば、配当株がその助けになると考えられます。 Read More »

  • 株式比較:ベライゾンかジョンソン・エンド・ジョンソンか

    ベライゾン・コミュニケーションズとジョンソン・エンド・ジョンソンは奇妙な組み合わせのように思えるかもしれませんが、実際には多くの共通点があります。両社とも業界で主導的な地位を持ち、強力なブランド力を持ち、多額のフリーキャッシュフローを生み出し、そして多くの配当を払っています。しかし、今日の投資家にとって、どちらがより良い選択肢なのでしょうか? Read More »

  • インカム重視の退職者が注目する米国配当株3銘柄

    あなたがインカム重視の投資家であれば、配当株は安定した収入をもたらすだけでなく、市場平均を上回るリターンも期待できることはご存じかもしれません。一部の配当株は退職者が保有するのに適しており、それらは予想可能なインカムを生み、間違うことが少ないと考えられます。 Read More »