The Motley Fool

市況

  • 【本日のNYダウ見通し】長期金利上昇によるハイテク株の売りに警戒

    【NYダウ予想レンジ:34,700~35,100ドル】11日のNYダウは続落し、前週末比250.19ドル安の34,496.06ドルで取引を終了しました。WTI原油先物が1バレル80台と約7年ぶりの高値をつけ、インフレ懸念による米長期金利上昇を嫌気した売りがでたのです。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】米10年債利回りの動向に注目

    【NYダウ予想レンジ:34,500~35,000ドル】8日(金)のNYダウは4営業日ぶりに反落し、前日比8.69ドル安の34,746.25ドルで取引を終了しました。9月の雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比194,000人増となり、市場予想の50万人増を下回ったことが嫌気されたのです。 Read More »

  • NYダウの週報(10月4日週)と来週の見通し

    8日のNYダウは4日ぶりに反落し、前日比8.69ドル安の34,746.25ドルで取引を終了。週間では419.79ドルの上昇となりました。週前半は米10年債利回りが1.5%台に上昇したことを嫌気して、主力ハイテク株が下げを主導しました。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】米雇用統計に注目

    【NYダウ予想レンジ:34,500~35,000ドル】7日のNYダウは3日続伸し、前日比337.95ドル高の34,754.94ドルで取引を終了しました。米債務上限引き上げ問題に関し、12月初めまでの暫定的な引き上げで合意したと伝わったことで、株式市場では買い安心感が広がりました。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】3日続伸するかに注目

    【NYダウ予想レンジ:34,200~34,700ドル】5日のNYダウは続伸。前日比102.32ドル高の34,416.99ドルで取引を終了しました。午前中に450ドル安の33,854.69ドルまで下落しました。ただ、午後に共和党上院トップのマコネル院内総務が債務上限を一時的に停止し、債務拡大を認めることを提案したと伝わると、株式市場では買いが優勢になったのです。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】ADP全国雇用者数に注目

    【NYダウ予想レンジ:34,000~34,500ドル】5日のNYダウは反発し、前日比311.75ドル高の34,314.67ドルで取引を終了しました。ISM非製造業景況感指数が61.9と市場予想の60.0を上回ったことが好感されました。 Read More »

  • 10月米国マーケットの見通しと注目ETF

    10月のS&P500のターゲットを4,250とします。9月と同様の数字とした理由は、10月も引き続きギクシャクした相場展開が続くことが予想されるからです。その大きな要因となっているのが、イエレン財務長官が発言したように10月18日頃に米国政府の財務のやりくりが限界となり、公務員の給料や財務省証券(国庫金の一時的不足を補うために発行される証券)が債務不履行になるリスクが顕在化しており、これが不透明さを嫌う株式市場にも大きな影響を与えています。 Read More »

  • 10月第1週に動意づいた米国株

    当記事では10月第1週に動意づいた米国株を紹介いたします。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】ハイテク株が下げ止まるかどうかに注目

    【NYダウ予想レンジ:33700~34,200ドル】4日のNYダウは反落し、前週末比323.54ドル安の34,002.92ドルで取引を終了しました。米10年債利回りが1.5%台に上昇し、相対的な割高感が意識されやすいハイテク株中心に売られました。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】リバウンドの動きが継続するかに注目

    【NYダウ予想レンジ:34,100~34,600ドル】1日(金)のNYダウは大幅に反発し、前日比482.54ドル高の34,326.46ドルで取引を終了しました。米製薬大手メルクが開発中の新型コロナウイルス治療薬「モルヌピラビル」について、重症化の恐れがある患者の死亡や入院リスクを約50%減らす効果があるとの臨床結果を公表。治療薬が普及すれば経済活動が正常化に向かうとの期待から、経済再開の恩恵を受ける銘柄を中心に買いが入りました。 Read More »