The Motley Fool

成長株

  • 【米国株動向】クラウドAPIのTwilio。好調な決算も合間って株価はブレイクアウト

    Twilioは日本にも進出しているB2B向けのクラウドAPI企業です。最近のアプリやWebサービスは電話・質問チャット・SMS認証など多岐にわたる機能が備わっています。これらを中小企業が一から実装するのは非常に困難です。大規模なシステム開発が必要になり、予算にも設備にも莫大なコストがかかります。Twilioの提供するサービスを利用すれば、ほんの数行のコードを書くだけで、電話機能やSMS認証をはじめとした様々な機能が実装できてしまいます。 Read More »

  • アメリカ株式市場IPO企業紹介:廃棄物管理事業を提供する多角的環境サービス企業「GFL Environmental Inc. 」

    2020年3月第1週、アメリカ株式市場に上場した企業を紹介します。今回取り上げるのは、3月3日にNYSEに上場した「GFL Environmental Inc. (NYSE:GFL)」です。非有害固形廃棄物管理、インフラと土壌浄化事業、液体廃棄物管理サービスを提供する売上高と北米事業所数で北米第4位の多角的環境サービス企業です。 Read More »

  • 【米国株動向】アップルが機械学習スタートアップ企業の「Inductiv」を買収

    ブルームバーグのレポートによると、アップル(NASDAQ:AAPL)は人工知能(AI)によってデータに潜むエラーを自動的に識別し修正する機械学習スタートアップである「Inductiv」を買収しました。 Read More »

  • 【米国株動向】いま注目の米国成長株2選

    新型コロナウイルスの大流行により直近では株式相場が下落し、今後は経済への影響も顕在化するとみられますが、一部の企業はこの危機をかつてない強さで脱しようとしています。さらに、これらの銘柄の株価は危機が終わった後も長期間上昇が続くでしょう。いま注目すべきグロース株は、リヴォンゴ・ヘルス(NASDAQ:LVGO)とショッピファイ(NYSE:SHOP)の2銘柄です。 Read More »

  • ホーム・デポの決算情報から見る今後の株価の推移

    ホーム・デポはアメリカに本社を置く、大手ホームセンターチェーン企業です。各種建材や日曜大工用品、園芸用品を扱うほか、床工事やキッチンカウンター、エアコンなどの据付工事などのサービスも提供しています。競合他社としてはロウズ・カンパニーやメナーズなどが挙げられます。売上高では2017年時点で、ロウズ・カンパニーの650億ドル、メナーズの100億ドルに対してホーム・デポは946億ドルとなっており、ホーム・デポはアメリカ最大手のホームセンターチェーン企業となっていることが分かります。本記事では、ホーム・デポの2020年第一四半期決算の内容と、今後の株価の推移について見ていきます。 Read More »

  • バイオビジネスの時代が到来か。米国バイオ企業の最新動向

    新型コロナウイルスが世界中で広まり、その中でもニューヨーク州は特に感染が拡大し、一時ロックダウンとなりましたが、5月15日から感染抑制の基準を満たした区から外出禁止令が解除となり、少しづつお店が開き始めています。それに伴いワクチン開発の需要が高まったことで、米国株式市場も大幅続伸しました。とはいえ現段階でワクチン開発に成功した訳ではないことを念頭に置いておく必要があります。 Read More »

  • 【米国株動向】投資家をリッチにする新型コロナ関連のグロース銘柄3選

    株式市場で人生を一変させるような富を手に入れる一番の方法は、グロース株に投資することです。厳選したグロース株は初期投資額の10倍、20倍、あるいは100倍ものリターンをもたらす可能性があります。カギを握るのは言うまでもなく銘柄選択と投資のタイミングです。 Read More »

  • 【米国株】カジノ関連はコロナで厳しい展開?ゲームセクター全般の動向は?

    コロナウイルス感染拡大の影響によってゲーム関連銘柄が国内外で注目を集めています。移動の自由が制限され苦境に立たされているカジノ関連銘柄、巣ごもり銘柄で注目されているビデオゲーム関連やソーシャルゲーム関連の動向が気になる投資家も多いのではないでしょうか。そこで本記事では米国のカジノ関連、オンラインゲーム、併せて日本のゲーム関連銘柄の動向をご紹介します。 Read More »

  • バフェット銘柄、コストコの強さを分析

    日本でもすっかり定着しているコストコ・ホールセール(NASDAQ:COST)、実際に行ったことのある方も多いかもしれませんが、コストコは世界中で会員制の大型量販店チェーンを展開しており、現在はアメリカを中心に783店舗(執筆時現在)まで拡大しています。始まりは「プライスクラブ」という屋号で1976年、カリフォルニア州サンディエゴにある飛行機格納庫でスタートしました。その後、合併と社名変更を経て現在の形に至るのが1999年、この年に米国のナスダックに上場しています。またコストコはウォーレン・バフェットが保有しているバフェット銘柄としても有名です。そんなコストコの強さについて今回は分析していきましょう。 Read More »

  • 【米国株動向】バークシャー・ハサウェイの決算内容と株価の今後について

    バークシャー・ハサウェイはアメリカに本社を置く持株会社であり、会長兼CEOは同社の筆頭株主でもあるウォーレン・バフェット氏が務めています。同社が所有する子会社の事業領域は保険業・エネルギー業・繊維業・製造業・建築業・賃貸業・航空業・運送業・小売業など多岐にわたっています。また、同社の保有銘柄としては、アップル社、バンク・オブ・アメリカ社、コカ・コーラ社、アメリカン・エキスプレス社、ウェルズ・ファーゴ社などが挙げられます。5/1時点での時価総額は2525億ドルであり、世界第16位となっています。本記事ではバークシャー・ハサウェイが2020/5/2に発表した2020年第一四半期決算の内容と同社の株価の推移について見ていきたいと思います。 Read More »