MENU

割安株

  • 米国株式市場:調整局面を超えて投資を継続させる重要性

    米国株式市場は年初来で、例外的な上昇となっています。調査会社ビスポークによれば、S&P500インデックスの第1四半期の過去平均リターンは2.2%ですが、今年の第1四半期のリターンは13.1%と大幅なものでした。そして、4月に入っても上昇トレンドは止まらず、同インデックスは23日、終値ベースで過去最高値を記録しました。 Read More »

  • 2月に注目すべき3つのトップ米国割安株

    誰しも掘り出し物の自慢話をしたがります。そしてそれは、ダイヤの原石のような割安株を見つけようとする投資家にも当てはまります。しかし、全ての割安株は同じではなく、多くの場合、株式が安いのには何らかの訳があるのです。それでも、さまざまな理由で、モトリーフールの寄稿者は、ターゲット、ゼネラルモーターズ、およびウェルズファーゴが、2月に再検討に値すると考えています。 Read More »

  • 高いボラティリティの中で割安に放置されている3つの米国株式を紹介

    市場は3ヵ月間にわたり激しいボラティリティを経験してきました。ボラティリティ上昇のプラス面としては、一部の株式が売られ過ぎ、かつ見過ごされてしまうことが挙げられます。ユナイテッド・ナチュラルフーズ、ゼネラルモーターズ、およびバンク・オブ・アメリカ(が注目に値しそうです。 Read More »