The Motley Fool

割安株

  • 【米国株動向】いま注目すべき割安かつ優良なホームセンター・チェーン株

    低金利環境と住宅の供給不足を追い風に、米国住宅市場が堅調に推移するなか、ホームセンター・チェーンのロウズ(NYSE:LOW)が販売する住宅リフォーム関連製品の需要が高まっています。一方で、同銘柄の予想利益に基づくPER(株価収益率)はわずか18倍と、S&P500指数の22倍と比較しても割安です(執筆時点)。しかし、ロウズは単に割安なだけでなく、適切な戦略的行動を取る優良企業です。以下では同社に注目すべき理由を説明します。 Read More »

  • 今後のマーケットで復活が期待されるホテル銘柄

    先日、マイクロソフトの創業者として知られるビル・ゲイツ氏が、高級ホテルチェーンとして知られるフォーシーズンズ運営会社の株式を追加取得し、経営権を握ることが明らかになりました。ホテル業はパンデミックで最も打撃を受けた業種の一つであると考えられますが、ワクチン拡大によりパンデミックからの回復が期待されるこのタイミングでのホテル経営権の取得からは、ビル・ゲイツ氏がコロナパンデミックの終息とホテル業の回復を見込んでいると受け取ることができるかもしれません。そこで、本記事では今後の回復が期待されるホテル銘柄を紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】緩やかながら着実に成長する割安銘柄2選

    ゴーダディ(NYSE:GDDY)とシリウスXMホールディングス(NASDAQ:SIRI)は、グロース投資家に人気の銘柄ではないかもしれません。しかし長年にわたり着実に成長を遂げています。 Read More »

  • 【米国株動向】AT&Tの株価は安すぎるのか

    通信会社のAT&T(NYSE:T)は、2015年に490億ドルでディレクTVを買収し、2018年に850億ドルでタイムワーナーを買収してデジタルコンテンツ分野に参入していましたが、その方針に終わりを告げました。投資家は、AT&Tのこのような行動を好んでおらず、株価は過去5年で30%以上下落しています。AT&Tは現在、ワーナー・メディア事業をスピンオフし、ディスカバリーと合併して独立した会社を設立しています。これにより、AT&Tは再び通信事業が専業となりますが、投資家がそれを喜ぶべき理由を3つ紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】エアバスの8月の受注量が急増

    欧州の航空宇宙大手であるエアバスは、2021年のパンデミックから回復し始めています。上期には297機の商用ジェット機を納入し、2021年の目標納入数である600機に向けて順調に推移しています。 Read More »

  • 【米国株動向】ロシア通信大手MTSは5Gで期待を集めるが株価は割安

    モバイル・テレシステムズ(MTS)(NYSE:MBT)はロシア最大の通信事業会社です。今年第2四半期末時点の利用者数は7,890万人超、業績も急激な伸びを示しており、同四半期の売上は前年同期比10.7%増の1,286億ルーブル、最終利益は同53.6%増の171億ルーブルでした(8月24日の換算レートは1ドル73.75ルーブル)。 Read More »

  • 熱狂から冷めて割安に取引できるかもしれない金鉱株2選

    昨年から続くパンデミック下では、経済への不安感から現物資産として金が広く買われました。それによって金価格は高騰し、昨年7月には1トロイオンス2,000ドルを超える場面もありました。そのような状況下で、金の採掘や製錬などを行う金鉱株にも注目が集められました。金鉱株では、金価格の上昇は利益拡大と直結するため、その値動きは金相場と密接なつながりを持っています。しかし、金価格が高値をつけて以降、割高感などが指摘される中で経済回復も進むとともに緩やかに価格は減少しています。 Read More »

  • 【米国株動向】ホームデポ決算で投資家が見逃したかもしれない重要ポイント

     アナリストは、ホームデポ(NYSE:HD)の最新決算をあまり喜んでいませんでした。投資家は顧客数の減少と、それがホームデポの短期的な成長にとって何を意味するのか心配し、株価は決算発表直後に5%以上下落しました。 Read More »

  • 【米国株動向】超割安に見える優良配当株3銘柄

    米国株式市場は昨年の初めから上昇し続けており、バリュー株を探すのが難しい状況になっています。とはいえ、過熱気味のクラウドコンピューティングやeコマースとは違い、あまり注目されていない分野には割安状態の銘柄が残されているのも事実です。その中でも業績良好で配当が安定しているにもかかわらず投資家に見過ごされている3銘柄を、以下で紹介します(株価、配当利回り等は執筆時点)。 Read More »

  • 【米国株動向】米インフラ法案は可決するのか?燃料電池銘柄に思惑買い

    プラグパワーの株価は、先週3%下落した後、23日に4.5%上昇しました。また、他の燃料電池銘柄も上昇傾向にありました。バラード・パワー・システムズとフューエルセル・エナジーはそれぞれ9.1%と6.2%上昇しています。これらの企業が上昇した要因は、ナンシー・ペロシ下院議長が週末にインフラストラクチャー法案に注目したことによるものです。 Read More »