The Motley Fool

成長株

  • 【米国株動向】2021年に投資を始める人にとって注目の3銘柄

    投資を始めるのに遅過ぎることはありません。しかし、どの銘柄から始めれば良いのでしょうか?ここでは、再生可能エネルギー発電大手のブルックフィールド・リニューアブル・パートナーズ(NYSE:BEP)、ガス販売会社クリーン・エナジー・フューエルズ(NASDAQ:CLNE)、鉄道会社ユニオン・パシフィック(NYSE:UNP)を紹介します。 Read More »

  • モーニングスターが東証一部に市場を変更。IFAビジネスの拡大と共に成長中

    アメリカ発の世界規模の金融・経済情報サービスを手がけるモーニングスターは、投資歴が長い人なら一度はお世話になったこともある企業ではないでしょうか。1998年にソフトバンクのジョイントベンチャーとして発足した日本のモーニングスターも、投資家の間では本格派の投資情報を提供する企業として有名です。 Read More »

  • 【米国株動向】株価が急騰中のナスダック銘柄は買いなのか?

    ナスダック市場はとどまるところを知らずに急騰し続けていますが、急上昇銘柄に飛びつく前に立ち止まり、一呼吸置くのが良さそうです。中でも半導体セクターの上昇は顕著で、これらの企業では見通しが大幅に誇張され、高揚感がリスクを覆い隠している可能性があります。 Read More »

  • 「GIGAスクール構想」は日本の株式市場にどこまで好影響を与えるか

    2019年に日本政府(文部科学省)は、児童生徒の学習の質の向上にICT(情報通信技術)環境を整備し、生徒一人に対し1台のデジタル端末の提供、校内Wi-Fiネットワークの整備の促進、そして学習と校務のクラウド化 する「GIGAスクール構想」を発表しました。GIGAは「Global and Innovation Gateway for All」の略ですが、この構想が実現化すれば、学校教育は従来のものから大幅に近代化し、いろいろな可能性もでてくる事でしょう。 Read More »

  • Netflixを追い越せるか、日本版サブスクビジネスのカタログ食品宅配「オイシックス」

    サブスクリプション型のビジネスモデルは、主にIT業界によく見られましたが、最近になり他の業界でも見られるようになりました。最近のビジネスモデルの主流のひとつと言ってもよいでしょう。今回、ご紹介するオイシックス・ラ・大地という銘柄は、食品をインターネットで、サブスクリプション形式で販売するという、日本市場では珍しいビジネスモデルを運営している会社です。 Read More »

  • 翻訳者は生き残れるのか、押し寄せる「AI翻訳」国内関連銘柄

    コロナウイルスの影響もあり「在宅ワーク」が注目を浴びていますが、翻訳という仕事もその一つにあてはまります。翻訳は一つの言語から違う言語に言葉や文章を訳す仕事であり、対象は印刷物であったり、インターネット上の情報だったり、メールであったり、ビジネス上の書類であったり、多種多様です。ひと昔前の翻訳家は辞書を片手に仕事をされていたでしょうが、最近ではPCを使うのが主流となっています。 Read More »

  • テレワークを支える日本株の「サイバーセキュリティ」銘柄5選

    新型コロナウイルスの拡大でテレワークという言葉が身近に感じるようになった人も多いかと思います。日本株の中でもテレワークは人気のテーマであり、テレワーク銘柄は新型コロナウイルスが拡大する相場の中でも大きく上昇しています。テレワークは大きな投資テーマですが、その裏でサイバーセキュリティに関する銘柄も注目され始めています。この記事ではテレワークを支える日本株のサイバーセキュリティ銘柄を5つ紹介していきます。 Read More »

  • ソフトバンクグループの株が乱高下、最近のソフトバンクグループの株価動向

    ソフトバンクグループの株価が持ち直し始めています。一時は年初来高値の5,871円から半値以下の2,610円まで株価は下落しました。しかしその後は持ち直し、記事執筆時点(2020年5月1日)の株価は、4,608円です。最安値から約2,000円の上昇になります。ソフトバンクグループに何が起こっているのか、気になる投資家は多いのではないでしょうか?そこで、今回はソフトバンクグループについて詳しく説明します。 Read More »

  • メルカリの決算内容と株価の今後について

    メルカリはみなさんご存知の通り、日本に本社を置く企業で、フリマアプリ「メルカリ」のサービスを運営している企業です。同社はメルカリ日本事業、メルカリ米国事業、QRコード決済であるメルペイ事業の3本柱を確立しており、今後もそれぞれの分野において事業成長を目指すとしています。フリマアプリ「メルカリ」競合としては主に楽天(株)が運営する「ラクマ」が挙げられます。2019年末時点でのダウンロード数について、メルカリは7000万以上であるのに対し、ラクマは1500万以上となっており、「メルカリ」は競合である「ラクマ」を大きく突き放していることがわかります。 Read More »

  • 日本の緊急事態宣言による株価への影響は?

    新型コロナウイルスの感染拡大に備え、安倍晋三首相は7日、新型コロナ特措法に基づき緊急事態宣言を7都府県に発令しました。ようやくとも言える発令ですが、外出自粛要請など法的に強制力のあるものは少なく、医療品や食料の売り渡し・臨時医療施設を開くための土地や建物の利用にのみ強制力が発生するものとなっています。発令から一夜明けた8日は全国での新しい感染者確認数が400人を超える中、罰則を伴う行動制限や都市封鎖(ロックダウン)を含む海外の措置と異なる今回の発令は、その効力を疑問視する声も少なくありません。 Read More »