The Motley Fool

市況

  • 全日空がかつてないピンチに。現状について解説

    全日空(9202)がかつてない危機に瀕しています。 2020年3月期の決算は売上高が対前年で4.1%減の1兆9742億円、営業利益が同63.2%減の608億円、経常利益が同62.1%減の593億円、純利益は同75.0%減/831億円減の276億円でした。 この決算はリーマンショックが起きた2009年以来の厳しい内容です。 2009年の全日空の決算は、売上高はピーク時に比べて2500億円以上減り、営業損益は542億円の赤字、経常損益は史上最悪の863億円もの赤字でした。 今回の決算は2009年の内容よりはまだ良いものの、コロナウィルスの影響を受けたのは2020年2月と3月のみです。 本格的にコロナウィルスの影響が決算に現れるのは2021年3月期の決算になります。 2021年の決算は、過去最悪のものになると予想している市場関係者は非常に多いです。 全日空は今後どうなってしまうのでしょうか?今回は全日空の経営状況について詳しく説明します。 全日空など航空業界の固定費は桁違いにかかる 一口に飛行機を飛ばすといっても大変な経費がかかる事はいうまでもありません。 燃料費は飛行機が飛ばないと減らすことができる費用ですが、機体のリース費用や人件費は、飛行機が飛べなくても毎月かかってくる固定費です。 全日空は変動費と固定費の割合について公表していませんが、一説によると変動費は20%、固定費は80%というようにいわれています。 コロナウィルスの影響で国外線・国内線平均して約80%減便になっていることを考えると、この固定費は重くのしかかってくることは容易に想像することができるでしょう。 現に全日空は、CAを中心に多くの従業員を自宅待機にしています。これは当然ながら人件費を抑えるためです。また銀行から早い段階で1,000億円の融資を受けています。 銀行からの融資枠を1,500億円から3,500億円へ引き上げも行いました。このことは全日空が経営状態について強い危機感を持っている証拠でしょう。 もし何の対策も取らなかった場合、全日空のキャッシュが尽きるのは約2ヶ月後だといわれています。 融資を受けたことにより、約10カ月間キャッシュは尽きないといわれていますが、危機的な状況に変わりはありません。 新卒採用取りやめ 全日空の経営状況の厳しさは2021年度の新卒採用を取りやめたことにも表れています。 航空業界を目指していた学生にとって大きな衝撃であったでしょう。 航空業界は一般の業界と違い、たくさんの会社があるわけではありません。 JALと並ぶ大手航空会社である全日空が新卒採用を取りやめた事は断腸の思いがあったことが想像されます。 しかし新卒採用を取りやめるほど全日空の経営陣には危機感があるとみることができます。 全日空が倒産する可能性はあるのか!?... Read More »

  • 資金調達方法に透けるリーマンショックとコロナショックの違い

    借り入れや社債発行等による資金調達のニュースが相次いでいます。日本経済新聞のwebsiteで「資金調達」で検索してみたところ、少なくとも以下に挙げる企業に関して、借り入れ等による資金調達報道がヒットしました(2020/5/14現在、順不同)。 Read More »

  • 海外で大きな利益を上げる国内の「外需関連株」とは?

    現在、新型コロナウイルス感染症による影響で経済は不安定になっていますが、収束すれば、いつかはV字回復するという望みもあります。海外経済が好調に戻った時を考えて、「外需関連株」に注目したいです。本記事では、外需関連株の概要や参考になる株価指数などをご紹介していきます。経済の回復を願いつつ、外需関連株に関する知識を身につけていきましょう。 Read More »

  • 任天堂の決算から見る、株価の推移

    皆さんご存じの通り、任天堂は京都に本社を置く、玩具やコンピューターゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業です。主な事業として、ニンテンドーDSやWii、ニンテンドーSwitchなどのハードとゲームソフトを展開するビデオゲーム事業、スマートフォン向けのゲームアプリなどを展開しているスマートデバイス事業、ゲームに登場するキャラクターなどを商品として販売するIP事業・花札やトランプなどの玩具の製造と販売事業が挙げられます。同社の2020/5/8時点での時価総額は5兆8329億円であり、TOPIX Core30の構成銘柄に選ばれています。 Read More »

  • 【日銀】27日、強力な金融緩和が決定。日本経済の見通しは?

    今年1月から深刻化する新型コロナウイルスの影響から、世界中の経済が悪化しています。直近では、20日にオーストラリア第2位の航空会社ヴァージン・オーストラリア・エアラインが破産し、国内でも24日にカプセルホテルを運営するファーストキャビンが破産するといったことが起き、資金繰りがもともと悪かった企業は、4月に入り苦しい状況に追い込まれています。上記企業の破産は氷山の一角のようなもので、破産におびえる企業は国内外問わず多数存在しています。 Read More »

  • コロナ相場でも日銀がETFを購入する理由

    新型コロナが蔓延し、日本経済がリーマンショック以来の危機と叫ばれるなか、日経平均株価は暴落時に比べて18%も回復しています。(記事執筆時点)株価が上昇している理由の1つに、日銀がETFを購入したことがあげられます。今回は新型コロナでも日銀がETFを購入する理由について解説します。 Read More »

  • 2022年4月1日東証が新市場区分に移行。公表資料をもとに解説

    2019年3月に市場区分の見直しを検討していることを発表した東京証券取引所ですが、ついに2022年4月1日を目処に市場区分の見直しがおこなわれることが正式にわかりました。これまでは一部の発表であったり議論レベルの情報が多かったりした市場区分の見直しというトピックですが、2020年2月21日に東京証券取引所から正式な新市場区分の概要が発表されました。本記事ではその情報をまとめていきます。 Read More »

  • 入学式中止にオリンピック延期。スーツ大手に新型コロナウイルスの暗雲が立ち込める

    世界規模でパンデミックを起こしている新型コロナウイルスの勢いが止まらず、3月・4月には全国で卒業式や入学式、入社式などが中止や見送りとなりました。そんな中、このところ業績が不調気味だったスーツ業界に「入学式の見送り」や「オリンピックの延期」が大きな打撃を与えそうです。今回は、コロナの影響で今後の方向性が注目される「スーツ大手企業」について、現状と将来的な課題を解説します。 Read More »

  • 値嵩株、ファーストリテイリング。中間決算を終えて

    4/9に発表された、ファーストリテイリング社の今年2月までの中間決算は、前年度同時期と比較して、売上は4.7%減の1兆2085億円、最終利益が11.9%減の1004億円となりました。また、2月以降の売上高、最終利益については、現状の数値よりも悪くなることが推測されています。新型コロナウイルスの流行による消費志向の減少、ロックダウン政策による営業販売店舗数の一時的な減少がこの理由となります。 Read More »

  • 高配当銘柄の減配リスク、株価低迷期と配当利回りの関係

    2020年2月下旬から始まったコロナショックですが、通年配当を支払う企業は株価が下落することで配当利回りが大きくなるという魅力も見せ始めました。国内株式銘柄では2020年3月23日時点で上位50社でほぼ7.50%を超えています。元本保証はできませんが、それでも現時点で購入すれば2年で15%以上の利益を現時点では見込めます。高配当銘柄は必ず保有していれば利益が見込める銘柄なのでしょうか。 Read More »