The Motley Fool

日本株

  • 【米国株動向】2021年に投資を始める人にとって注目の3銘柄

    投資を始めるのに遅過ぎることはありません。しかし、どの銘柄から始めれば良いのでしょうか?ここでは、再生可能エネルギー発電大手のブルックフィールド・リニューアブル・パートナーズ(NYSE:BEP)、ガス販売会社クリーン・エナジー・フューエルズ(NASDAQ:CLNE)、鉄道会社ユニオン・パシフィック(NYSE:UNP)を紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】来年に向けすぐに投資を検討するべきエネルギー3銘柄

    アレイ・テクノロジーズ(NASDAQ:ARRY)、エンブリッジ(NYSE:ENB)、キンダー・モルガン(NYSE:KMI)の3銘柄は、2021年に向けたポートフォリオの再構築、あるいはエネルギーセクターのリバウンドに乗るための候補になるでしょう Read More »

  • 【米国株動向】小型株を仕込むベストなタイミングとは

    ほとんどの投資家は、新規投資先を探す際に時価総額100億ドル以上の大型株のみを検討し、アップル、フェイスブック、バークシャー・ハサウェイ、エクソンモービルといった知名度の高い銘柄ばかりに目が行きがちです。大型株には優れた点が多くありますが、時価総額3億〜20億ドルの小型株にも目を向けるべきです。適切な状況下であれば、規模が小さいがゆえに大型株よりも成長の余地が大きく、大型株をアウトパフォームする可能性が高いからです。 Read More »

  • 悪化する豪中関係とその反動で回復する可能性のある日豪貿易。注目銘柄はどれか

    最近、オーストラリアのメディアでは、対中関係が悪化しているという報道を度々見るようになりました。オーストラリアと中国は、穀物や資源の貿易で関係を築いてきましたが、2016年頃から対立する報道を聞くようになり、最近になり更に悪化してきました。以前は日本がオーストラリアの主な貿易パートナーとなっていましたが、中国の経済が発展するにつれ、オーストラリアが貿易相手国を中国にシフトしました。 Read More »

  • 2021年1月の株主優待、新年初の優待が獲得できる10銘柄

    2020年は新型コロナウイルスの拡大によって、私たちの生活様式が大きく変わりました。様々な出来事があった2020年は終わりを迎え、2021年初の優待が獲得できる1月を迎えます。1月の優待銘柄は約30銘柄と多いわけではありませんが、中には魅力的な銘柄もあります。 Read More »

  • モーニングスターが東証一部に市場を変更。IFAビジネスの拡大と共に成長中

    アメリカ発の世界規模の金融・経済情報サービスを手がけるモーニングスターは、投資歴が長い人なら一度はお世話になったこともある企業ではないでしょうか。1998年にソフトバンクのジョイントベンチャーとして発足した日本のモーニングスターも、投資家の間では本格派の投資情報を提供する企業として有名です。 Read More »

  • 2020年12月の株主優待。1年の締めくくりにふさわしい優待銘柄を紹介

    2020年は新型コロナウイルスの拡大による市場の大暴落があり、優待を目的に長期投資をしている方々の中には辛い思いをした人もいるかと思います。様々な出来事があった2020年でしたが、12月の優待とともに終わりを迎えます。12月の優待銘柄は150銘柄以上で、今年最後の優待を締めくくるのにふさわしい優良銘柄があるので、まだ使い切れていないNISAの非課税枠で投資先を探してみるのもいいかもしれません。 Read More »

  • 【米国株動向】株価が急騰中のナスダック銘柄は買いなのか?

    ナスダック市場はとどまるところを知らずに急騰し続けていますが、急上昇銘柄に飛びつく前に立ち止まり、一呼吸置くのが良さそうです。中でも半導体セクターの上昇は顕著で、これらの企業では見通しが大幅に誇張され、高揚感がリスクを覆い隠している可能性があります。 Read More »

  • 東証一部指定要件変更がもたらす投資家スタンスの変化

    2020年11月1日から東証一部指定、一部への市場変更要件の一部が変わりました。他の市場から東証一部所属銘柄になることを「東証一部昇格」と呼ぶ方が多いようですが、厳密には東証二部から一部所属になることを「一部指定」、「マザーズ」や「JASDAQ」に上場している会社が一部、二部所属になること、またはその逆を「市場変更」といいます。 Read More »

  • 「GIGAスクール構想」は日本の株式市場にどこまで好影響を与えるか

    2019年に日本政府(文部科学省)は、児童生徒の学習の質の向上にICT(情報通信技術)環境を整備し、生徒一人に対し1台のデジタル端末の提供、校内Wi-Fiネットワークの整備の促進、そして学習と校務のクラウド化 する「GIGAスクール構想」を発表しました。GIGAは「Global and Innovation Gateway for All」の略ですが、この構想が実現化すれば、学校教育は従来のものから大幅に近代化し、いろいろな可能性もでてくる事でしょう。 Read More »