The Motley Fool

日本株

  • 急速に進行している日本の少子化において考えるべき投資戦略とは

    ご存知のように日本の少子化は深刻さを増してきていますが、最近の日本政府が発表したデータによれば、そのスピードは想像以上に高まっています。日本のマーケットが縮小するということなので、これは投資家にも関わってくる問題です。少子化問題に関する情報を適切に把握しておけば、効果的な投資戦略を取ることが可能になります。そこで、今回は日本の少子化の現状や対策およびそのような状況下での投資家としての戦略の取り方について解説します。 Read More »

  • 国内のテレワーク関連銘柄を紹介。Webや動画を活用した働き方、就活が追い風となるか

    働き方改革やWeb・動画メディアの普及、コロナウイルスの影響などテレワークが普及する土壌が整っています。日本株の中でもテレワーク関連銘柄は注目されています。しかし2月に高値圏にあったテレワーク関連銘柄は3月の暴落に巻きこまれ、大きく値を下げました。ですが、それぞれのテレワーク関連の注目銘柄のストーリーや決算は暗くはありません。本記事では日本株でも特に注目のテレワーク関連銘柄をご紹介します。 Read More »

  • 【本日のNYダウ見通し】米3月雇用統計に注目

    【NYダウ予想レンジ:21,000~22,000ドル】2日のNYダウは反発。469.93(2.24%)高の21,413.44ドルで引けました。朝方発表された新規失業保険申請件数が664.8万件と先週の328.3万件を大きく上回り、過去最高となりました。 Read More »

  • 延期になった東京オリンピック2020。オリンピック関連銘柄はどうなる?

    2020年7月に開催予定であった東京オリンピックは、去年の11月頃から世界を脅かしている新型コロナウイルス(Covid-19)の影響にて、ついに3月25日に1年の延期が発表されました。 当初、日本政府は東京オリンピックの延期には否定的な態度をとっていましたが、諸外国の政府や参加予定の選手の大多数は延期を希望する意見が上がっているようでした。 選手を感染から守るだけでなく、海外から多くの人が訪れる事による、日本を感染から守る為にもいい判断ではないのでしょうか。 仮に開催しても、参加予定の選手を含め、どれだけの人が日本や開催会場に訪れるか疑問でもあります。 さて、オリンピックの延期が発表され、ちょっと落ち着きを取り戻したのか3月25日の朝の日経平均が1,000円ほど上昇し19,000円代になる場面もありました。 このまま上昇し続ける事はないでしょうが、果してこのオリンピック延期の発表は、オリンピック関連銘柄にどのような影響を及ぼすのでしょうか。 今回はオリンピック延長の発表により株価に影響する可能性がある銘柄をご紹介いたします。 延期発表により株価に影響が出そうな銘柄 オリンピック銘柄というとまず先に会議場や試合会場などを建設する建築、ゼネコン関係が挙げられますが、これはもう完成(もしくはほぼ完成)されているでしょうから今回の延期発表にはさほど影響はないと思います。 逆にオリンピック開催中に収入を稼ぐ業界の株価には、その入るはずの収入が今年に入ってこない訳ですから、利益にも影響するという事で株価にも影響が出てくるのではないでしょうか。 業種で上げるのなら、観光関連、ホテル業、交通業、スポーツ用品産業などです。 その業界から下記の銘柄を取り上げてみました。 (カッコ内の数字は東京証券取引所の銘柄コード) エイチ・アイ・エス(HIS) (9603) :観光関連 ウェルス ・マネジメント(3772) :ホテル業 KNT-CTホールディングス (9726):交通業(バス) 綜合警備保障(ALSOK) (2331):警備 大和自動車交通... Read More »

  • 米国の新型コロナ感染者数が世界最多に。金融緩和と米国株市場の行方

    米FRBは3月に入り政策金利を実質ゼロ%にすることや、保有資産額の拡大(7000億ドル)を無制限にするなど、矢継ぎ早に追加緩和を打ち出しましたが、米国株市場は一時的に上昇するだけで、新型肺炎の感染者数増加の勢いが株価へ強い下押し圧力をかけています。そして3月26日、米国における新型コロナ感染者数が8万3500人を超え世界最多となり、米国株は27日に下落しました。 Read More »

  • 日本株は底打ちしたのか。反転後の今後の展望

    26日の東京株式市場では日経平均株価は大幅反落し、前日比882円安い1万8,664円60銭で取引を終了しました。しかしながら、一時は1万6000円を割るところを伺おうかというところまで下落していた日本株としてみれば、連日の高騰で落ち着きを取り戻したのでは、というところです。大幅な下落が起きた時に話題となる、底打ちしたか否かというところですが、コロナウイルスショックや原油の大幅安など不安要素は、まだまだ目白押しです。 Read More »

  • 注目したい国内インテリア関連株3銘柄

    衣食住の1つである「住」に含まれるインテリア関連企業の株式は、コロナウィルスの影響で市場が内側(在宅勤務やテレワークなど)に向いていますので注目したい銘柄です。また、インテリアの需要は、コンシューマー向け(一般の消費者向け)が多いイメージがありますが、ビジネス向け(法人、個人事業主向け)のニーズも今後拡大することが考えられます。それでは、インテリアの需要などをご説明した後に注目したい関連株を3銘柄ご紹介します。 Read More »

  • 生活必需品セクターは、ポートフォリオを下支えするか

    残念ながら直近1ヶ月の投資環境はネガティブと言わざるを得ません。株だけではなく、債券もREITも金も原油も売られるのでは手も足も出ません。気休めにしかなりませんが、こういう時はプロでもそうそう勝てません。 Read More »

  • 2020年4月の株主優待!自社製品を優待にしている10銘柄を紹介

    2020年3月の配当銘柄は800銘柄以上あるのに対して、2020年4月の配当銘柄は29銘柄と非常に少ないので、配当が期待できない月だと考える人も多いかと思います。しかし、4月の配当銘柄の中にも自社製品や割引券がもらえるお得な優待が存在します。今回は4月の配当銘柄の中から自社製品を優待にしているお得な10銘柄をご紹介します。 Read More »

  • ソフトバンクグループ、1ヶ月弱で株価半値以下に。今後の展望は?

    ソフトバンクグループが7年超ぶりの下落をみせ、大幅安を先日記録しました。現在も下げ続けているため、どこまで落ちるのかわからない状況となっています。 Read More »