The Motley Fool

投資信託・ETF

  • 教育資金等を長期的に確保するのに適したETF

    多くの家庭では、親の毎月の収入の中から子供の大学費用を支払うのは極めて困難であり、そのため子供を大学に行かせるには前もって貯蓄しておくか、あるいは借りる必要がありますが、学費ローンというのはあまりお勧めできる方法ではありません。ここでは、子供の大学費用に備えるための7本の上場投資信託(ETF)を紹介します。 Read More »

  • コロナショック下で購入を検討するべきヘルスケアETF 「ヘルスケア・セレクト・セクターSPDRファンド」

    新型コロナウイルスのワクチンや治療薬、マスクなどの一般健康医療品の需要は伸びていると同時に、人々は健康に気を使うようになっていると考えられます。そこで、コロナショックの状況が続いている現在では、米国ヘルスケア銘柄に注目したいところです。しかし、ある程度の専門的知識がなければ、ヘルスケア業界を理解するのには時間がかかると思います。加えて、この業界の競争は激しいため、情報を定期的にフォローしておく必要があります。従って、ヘルスケア業界についてあまり詳しくなければ、個別銘柄よりまずはヘルスケアETFから始めてみることをおすすめします。 Read More »

  • ディフェンシブ株投資戦略が2020年の弱気市場で機能しなかった理由

    6月25日の株式市場の動きは、世界経済の先行きについて強気筋と弱気筋の間で続く綱引きを反映したものでした。過去数カ月の株価反発は、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的流行)は最悪の事態を乗り切ったという楽観論が高まった結果ですが、新型コロナがしぶとさをみせ、新しい地域で感染が拡大していることから、多くの人がより悲観的な見方をしています。 Read More »

  • ETFが退職者に最適な3つの理由

    ETFは、検討すべき投資先といえます。柔軟性、手頃な価格、多様化といった特徴により、過去10年間で大幅に人気が高まっています。まずは、ETFの仕組みを詳しく見てみましょう。 Read More »

  • S&P500に連動するETFの新しい選択肢。6月上場の「iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり)」を紹介

    iシェアーズS&P500米国株ETF(為替ヘッジあり)が、東京証券取引所に【2563】として、2020年6月19日に上場しました。しかし、既に米国の代表的な指数でもあるS&P500に連動するETFは、日本にもアメリカにも多数あるため、大きなインパクトはないかもしれません。【2563】には日本円建てで取引できる、為替リスクに左右されづらいなどのメリットがあります。 Read More »

  • NYダウ連動ETFで長期投資する場合に下落リスクをヘッジできる株価指数CFD

    コロナショックによって大暴落したNYダウやそれに連動するETFは暴落後からおよそ50%以上も大きく反転上昇しました。半値付近まで戻したとはいえ、NYダウ連動ETFは現在の価格水準でも魅力的であり、長期で仕込むのに良いタイミングとして捉えている方も少なくないかもしれません。しかし、その一方で良いニュースと悪いニュースに翻弄され、上下動を繰り返す相場において、完全に底打ちしたという確信が持てない投資家も多くいます。もし、現在の価格付近でNYダウ連動ETFを長期保有目的で仕込んだ場合、再度の下落に備えたリスクヘッジのために検討したいのが、今回ご紹介する株価指数CFDです。 Read More »

  • ヘッジファンドの投資銘柄を真似るETF「GURU」とは?

    アメリカのETFの商品ラインナップは実に豊富で、中にはよくこんなものを開発したと思わせるような金融商品があります。今回ご紹介する「GURU」もその一つです。GURUはヘッジファンドが投資対象としている銘柄を真似て運用するETFです。ヘッジファンド連動型ファンドなど、特定のヘッジファンドの値動きに連動することを目的としている投資信託は日本国内にもありますが、GURUのような商品は見当たりません。そこで今回はGURUについてお伝えしていきます。 Read More »

  • プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とはどんな商品なのか?

    「プライベート・エクイティ・ファンド」や「PEファンド」という商品名を聞いたことがあるという方も多いかもしれません。しかし、プライベート・エクイティ・ファンドが実際にどんな金融商品なのかについてはあまり知られていません。実はリターンにおいては伝統的な商品と呼ばれる株式やインデックスを大きく上回るパフォーマンスを上げるものが多いのが、プライベート・エクイティ・ファンドです。 Read More »

  • 荒れる米国相場、リバウンド狙いで注目したいETF3選

    新型コロナウィルスの影響で世界の状況は一変しました。特に金融の中心地であるニューヨークはロックダウンにより経済活動は生活必需品などを除いて完全にストップしています。コロナウイルスのワクチンの完成まで1年半かかるといわれるなか、混乱を極める世界経済は景気後退期へと突入しています。今回は荒れる米国相場でいかにリバウンド狙うのか、注目のETFについて解説していきます。 Read More »

  • 逆オイルショックと言える今こそ知りたい原油投資

    コロナウィルスにより世界経済が不安に揺れ動く最中にありますが、もう1つ懸念事項があります。それが止まらない原油価格の下落です。4月20日にはWTI原油先物(5月限)が1バレル当たり55.9ドルも下がる大暴落によって、先物価格(マイナス37.6ドル)が歴史上初めてマイナス圏へと突入しました。 Read More »