The Motley Fool

海外ETF・インデックス

  • 3つの穴場ETF

    手堅いポートフォリオにするためにETF(上場投資信託)を加えることはよくあります。実際、投資をなるべくシンプルにするために、株式や債券などの主要アセットクラスをカバーする幾つかのETFを購入することがあります。 Read More »

  • ネット証券で買える手数料の安いインデックスファンド

    海外投資をはじめてみたいが、米国株の個別銘柄の投資はハードルが高いと感じている人も多いのではないでしょうか。 Read More »

  • バンガードETFとは?メリット・デメリットと注目銘柄3選

    ETFは通常の投資信託よりも保有コストが安いのがメリットですが、その中でも「バンガードETF」は圧倒的な低コストを実現しています。この記事では、なぜバンガードETFのコストは安いのか、そしてどのような注目銘柄があるのかについて詳しく解説していきます。 Read More »

  • 世界株ETFのインデックス積立投資の強みと弱み

    世界全体としては資本主義は拡大し続けてきている訳で、世界の株式市場が崩壊するような大惨事があるなら何をしても助からない。それなら、世界全体の株価のインデックスを丸ごと積立方式で買い続けていれば、投資の途中では損をしても最後にはプラスになる。世界経済全体の規模は拡大し続けるという仮定に基づいた究極の投資法として話題になったのが、世界の株式市場を丸ごと買って積み立てる投資法。 Read More »

  • 海外ETFとは?メリット・デメリットと人気銘柄5選

    ETF(上場投資信託)は、証券取引所に上場している投資信託です。国内だけでなく、海外のETFもあります。しかも、国内ETFは200銘柄前後であるのに対し、海外ETFは5,000銘柄以上。国内のネット証券でも300銘柄以上取り扱っているので、国内ETFよりも種類が豊富です。今回は、海外ETFの特徴や、メリット・デメリットと合わせて、人気が高い銘柄を紹介していきます。 Read More »

  • 米国債をETFで購入するメリットとデメリット、代表的なETFも紹介

    アメリカの金融緩和縮小が発表されてから、中央銀行による金利引き上げが粛々と行われ、昨年には米国10年物国債利回りが3%台まで一時期回復しました。こうなってくると、米国債への投資妙味が増し、新たに米国債の購入を検討する投資家が次第に増えてきています。しかし、米国債に投資したいけれども満期まで我慢することができない。好きなタイミングで売却できないから嫌だと考える方は非常に多いのではないのでしょうか。 Read More »

  • 2019年注目のバンガードのETFトップ5を紹介

    バンガード・グループ(以下「バンガード」)は、インデックス作成の先駆者です。それは、1976年にジャック・ボーグルのVanguard 500 Index Fundから始まりました。バンガードは、その運用資産の爆発的な成長を見て、数十のインデックス型投資信託を販売し、この分野のリーダーになりました。 Read More »

  • バフェットから学ぶインデックス投資の基礎。代表的な海外ETFについても紹介。

    あなたが投資をするとき、バフェットのように大成功して、彼のようなリターンを得たいと思うでしょう。バフェットの会社、バークシャー・ハサウェイへの投資も選択肢の一つです。バークシャーの成長に伴ってあなたの資産も成長するでしょう。もちろんバフェットは、バークシャーの将来の成長性に自信を持っていますが、大半の人には別の選択肢を勧めています。それは、インデックスファンドです。 Read More »