The Motley Fool

海外ETF・インデックス

  • 【米国株動向】少額投資でも成果が期待できるETFおよび2銘柄

    筆者は、1,000ドルの投資先として、10月第4週後半に四半期決算を発表する2銘柄、そして1件の上場投資信託(ETF)が賢明と考えます。以下では、農業用品小売店チェーンのトラクター・サプライ(NASDAQ:TSCO)と鋼板メーカーのクリーブランド・クリフス(NYSE:CLF)、そしてバンガード・スモールキャップ・バリューETF(NYSEMKT:VBR)を紹介します。 Read More »

  • 海外ETFを活用すれば、全世界に分散投資が可能。メジャーではないが知っておきたい海外ETF

    ETFと言えば、S&P500 SPDRやS&P500 ETF Vanguard、Nasdaq QQQInvesco ETFなどが投資家の間では有名と言えますが、ETFの種類は豊富であり、ETFを使えば様々な国の市場や分野に投資することができます。ここではメジャーETFではないものの、知っておくと日々の投資に役立つETFを紹介して行きます。 Read More »

  • 【米国株動向】退職後の資産ポートフォリオを支えるETF3銘柄

    退職後の生活を支えるポートフォリオの構築は難しい課題となる場合があります。なぜなら、成長と安全の適切なバランスをとる必要があるからです。投資による収入を維持しつつ、同時にポートフォリオに安定をもたらすためには、幾つかの主要な保有銘柄が必要です。ここでは、退職ポートフォリオの中核的な保有銘柄として、上場投資信託(ETF)のインベスコS&P 500イコール・ウェイトETF(NYSEMKT:RSP)、バンガード・米国トータル債券市場ETF*NASDAQ:BND)、SPDR S&P米国高配当株式ETF(NYSEMKT:SDY)を紹介します。 Read More »

  • ETF

    【米国株動向】1000ドルが将来10万ドルになる可能性がある有望ETF3銘柄

    適切な上場投資信託(ETF)を選択することは、リスクを抑えリターンを最大化するために重要です。投資を始めるにあたり、大きな資金は必要ありません。例えばETFに投資した1000ドルが長い年月を経て10万ドルに成長することも夢ではないのです。ここではそんなETFを3つ紹介します。 Read More »

  • 【米国株動向】億万長者となり、セミリタイアへの近道となる投資商品

    すでに裕福でもない場合を除き、退職後に億万長者になることは、手の届かない夢のように思えるかもしれません。しかし、平均的な給料をもらっている人でも、豊かな老後を送ることはそれほど難しいことではありません。大切なのは、適切な投資先を選ぶことです。投資の中には、短期間で大金を手にすることができるものもありますが、これらは非常にリスクが高い場合も多いです。しかし、S&P 500 ETFのように、わずかな努力で億万長者になれる可能性のある投資もあります。 Read More »

  • 近未来の需要増が見込まれるリチウムのETF

    リチウムの主な用途はバッテリーです。ノートパソコンやスマートフォンのバッテリーにも使われています。さらに今後の自動車製造は、否が応にもEVへシフトしていくと思われます。そのEVおいて肝になるのはバッテリーです。バッテリーが無ければEVは走りません。EVの普及に伴いリチウムの需要が増えると見込まれるわけです。 Read More »

  • 熱湯にはならないが今熱い、水ETF「インベスコ・グローバル・ウォーターETF」

    世界の水に関連した企業を運用対象とする上場投資信託(ETF)の価格が大きく上昇しているそうです。言及されているETFは米国インベスコ社が運用している「グローバル・ウォーターETF」です。NASDAQに上場しています。日本でも一部の証券会社で取引できます。 Read More »

  • ETF

    米国インフレ長期化懸念でチェックしておきたい米国インフレヘッジETFとは?

    インフレヘッジ目的の運用先として真っ先に挙げられるのはゴールドです。しかし、金鉱株や金鉱株ETFなどを除いて、基本的にゴールドは配当がありませんし、金鉱株ETFも分配金はさほど多くないものがほとんどです。一方でインフレヘッジETFの場合は、分配金がありますのでインフレヘッジ手段として、分配金のメリットも享受できます。そこで今回のコンテンツでは、その特徴と代表的な米国上場のインフレヘッジETFについてお伝えしていきます。 Read More »

  • 米国インデックス投資における人気のS&P500連動型ETFの比較

    現在、多くの指数連動型のETFが存在しています。基本的にはそれぞれ元となる株価指数と連動した動きとなるため大きな違いはないと考えることもできますが、より詳しくみていくと、それぞれに 違いがあることが分かります。本記事では、S&P500に連動するETFを3つ取り上げ、その特徴について比較していきます。 Read More »

  • ETF

    リスクを伴うテーマ型投資信託

    昨年から続くコロナパンデミック下のアメリカでは、人々に多くの給付金が支払われました。その結果、金銭的、時間的余裕を背景に、個別株やインデックス投資、そしてテーマ型投信などを通じて投資を始めた人々は少なくありません。そのような人々にとって、明確でわかりやすい主張を伴うテーマ型投信は非常に魅力的に見えたのではないでしょうか。 Read More »