The Motley Fool

投資信託・ETF

  • 新型コロナ関連の銘柄に投資できる投資信託「SBIポストコロナファンド」とは

    2020年7月8日からSBIアセットマネジメントが運用をする「SBIポストコロナファンド」の取引が始まりました。投資対象は新型コロナウイルスの治療薬・ワクチン開発に携わる医療関係の銘柄やテレワークの銘柄で、日本、米国、香港の銘柄に分散投資をします。 Read More »

  • 【米国株動向】2020年後半に注目のテーマ型ETF4銘柄

    筆者はシンプルな投資スタイルを重視しています。個別銘柄を購入する選択肢は常にありますが、特定の業界に関して強気な見方をしている投資家にとって、セクター別またはテーマ別のETFを購入する方がはるかに簡単です。また、テーマ型ETFを購入すると、リスクを多くの銘柄に分散できるため、大きく値下がりした銘柄は大きく値上がりした銘柄によって相殺されます。 Read More »

  • インデックスにはイベントがある <日経平均株価採用銘柄定期見直し>

    そろそろ、特にセルサイドのアナリストが予想を出しているものがあります。日経平均株価採用銘柄の定期見直しによる採用、除外候補銘柄です。以前「TOPIX」の算出ルールについての記事を出したときに、JPXのウェブサイトに掲載されているTOPIXの算出ルールをご紹介しましたが、日経平均株価にももちろん算出要領があります。 Read More »

  • 基準価額大幅高投信に学ぶ。「厳選ジャパン」の上位銘柄とは

    コロナウイルスは株式や為替の面でも大きな影響を与えていることがわかります。多くの投資家は、今後どのように投資をしてよいか悩んでいるのではないでしょうか?今回は今後の投資の参考として、運用成績の良い投資信託の組み入れ銘柄について注目してみます。 Read More »

  • 教育資金等を長期的に確保するのに適したETF

    多くの家庭では、親の毎月の収入の中から子供の大学費用を支払うのは極めて困難であり、そのため子供を大学に行かせるには前もって貯蓄しておくか、あるいは借りる必要がありますが、学費ローンというのはあまりお勧めできる方法ではありません。ここでは、子供の大学費用に備えるための7本の上場投資信託(ETF)を紹介します。 Read More »

  • コロナショック下で購入を検討するべきヘルスケアETF 「ヘルスケア・セレクト・セクターSPDRファンド」

    新型コロナウイルスのワクチンや治療薬、マスクなどの一般健康医療品の需要は伸びていると同時に、人々は健康に気を使うようになっていると考えられます。そこで、コロナショックの状況が続いている現在では、米国ヘルスケア銘柄に注目したいところです。しかし、ある程度の専門的知識がなければ、ヘルスケア業界を理解するのには時間がかかると思います。加えて、この業界の競争は激しいため、情報を定期的にフォローしておく必要があります。従って、ヘルスケア業界についてあまり詳しくなければ、個別銘柄よりまずはヘルスケアETFから始めてみることをおすすめします。 Read More »

  • ディフェンシブ株投資戦略が2020年の弱気市場で機能しなかった理由

    6月25日の株式市場の動きは、世界経済の先行きについて強気筋と弱気筋の間で続く綱引きを反映したものでした。過去数カ月の株価反発は、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的流行)は最悪の事態を乗り切ったという楽観論が高まった結果ですが、新型コロナがしぶとさをみせ、新しい地域で感染が拡大していることから、多くの人がより悲観的な見方をしています。 Read More »

  • ETFが退職者に最適な3つの理由

    ETFは、検討すべき投資先といえます。柔軟性、手頃な価格、多様化といった特徴により、過去10年間で大幅に人気が高まっています。まずは、ETFの仕組みを詳しく見てみましょう。 Read More »

  • S&P500に連動するETFの新しい選択肢。6月上場の「iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり)」を紹介

    iシェアーズS&P500米国株ETF(為替ヘッジあり)が、東京証券取引所に【2563】として、2020年6月19日に上場しました。しかし、既に米国の代表的な指数でもあるS&P500に連動するETFは、日本にもアメリカにも多数あるため、大きなインパクトはないかもしれません。【2563】には日本円建てで取引できる、為替リスクに左右されづらいなどのメリットがあります。 Read More »

  • NYダウ連動ETFで長期投資する場合に下落リスクをヘッジできる株価指数CFD

    コロナショックによって大暴落したNYダウやそれに連動するETFは暴落後からおよそ50%以上も大きく反転上昇しました。半値付近まで戻したとはいえ、NYダウ連動ETFは現在の価格水準でも魅力的であり、長期で仕込むのに良いタイミングとして捉えている方も少なくないかもしれません。しかし、その一方で良いニュースと悪いニュースに翻弄され、上下動を繰り返す相場において、完全に底打ちしたという確信が持てない投資家も多くいます。もし、現在の価格付近でNYダウ連動ETFを長期保有目的で仕込んだ場合、再度の下落に備えたリスクヘッジのために検討したいのが、今回ご紹介する株価指数CFDです。 Read More »