The Motley Fool

投資の基本

  • イノベーションに着目した株式投資とは?

    長期でみた株価の成長は、「明日は今日よりも豊かでありたい」という人々の思いが経済発展の原動力になっていると考えられます。そして、その経済発展の裏側には、過去数々のイノベーションがありました。将来の資産運用を考える上では、短期の値動きではなく、経済成長をもたらすイノベーションに注目することが重要ではないでしょうか。 Read More »

  • ロシアのECは意外な穴場?伸び盛りの市場に注目

    ロシアのEC市場はブルーオーシャンとして注目を集めています。しかし、日米や中国EC市場に比べるとロシアのEC市場は取りあげられる機会が多くはありません。そしてロシアはGoogleよりもYandexが検索エンジンとして使われているなど、Web周りの事情が諸外国に比べて特徴的です。そこで意外な穴場、伸び盛りの市場として注目されているロシアのECについてご紹介します。 Read More »

  • 中央銀行発行デジタル通貨とは?CBDCの日本や主要国の動向も解説

    インターネットの発展やスマートフォンの普及により、通貨の形も大きく変わっています。世界各国では中央銀行発行デジタル通貨に関する研究や議論が活発になり、日本でも2021年4月より第1段階の実証実験を開始する予定です。そこで今回は、中央銀行発行デジタル通貨について解説します。 Read More »

  • 移動手段として自動車の将来はどうなっていくのか?

    自動車業界がEV化を巡って大きく変革期にあり、炭素系燃料車(ガソリン・ディーゼル)対EVという構図で語られることが多くなりました。そしてその中間形態としてのハイブリッド車など、様々な技術開発が行われています。EV化に対して、批判する人が多いのは、自動車業界の裾野が広く、それに関わる人の多さ、ビジネスとしての大きさがあり、その業界の在り方が根本的に変わってしまうかもしれないことへの恐怖がその根底にはあるのだろうと思われます。 Read More »

  • 【米国株動向】ナイキがバフェット銘柄になってもおかしくない理由

    ウォーレン・バフェット氏には、代表的な消費者ブランドに投資をしてきた長い歴史があります。バークシャー・ハサウェイは、チョコレートのシーズ・キャンディー、アイスクリームチェーンのデイリークイーン、衣料品メーカーのフルーツ・オブ・ザ・ルームなど、いくつかのブランドを直接傘下に収めています。さらに、バークシャー・ハサウェイの大口投資先には飲料大手のコカ・コーラとハイテク大手のアップルも含まれています。 Read More »

  • 中央銀行のフォワードガイダンスとは?フォワードガイダンスの種類について解説

    現在、世界各国で大規模な金融緩和政策が実施されておりますが、個人投資家にとって気になるのは、この大規模な金融緩和をどのタイミングで止めるのかということです。金融緩和を行っているのは各国の中央銀行で、その方針はフォワードガイダンスという発表を見るとある程度予想をつけることができます。そこで今回は、中央銀行が発表するフォワードガイダンスについて解説します。 Read More »

  • 政策保有株とは?問題点や現状について解説

    株式は株主から資金を集め、事業を運営し、得た利益を株主に還元します。しかし、株式のなかには保有することが目的となり、資金の空洞化などの問題を招く政策保有株というのがあります。そこで今回は、問題視される政策保有株について解説します。 Read More »

  • コロナウイルス 投資

    自動売買ツールをプレゼント?注意すべき悪質なアフィリエイトサイトの手口

    WebサイトやSNSで投資情報を集めている人も多いのではないでしょうか。Google検索、Twitter、Instagram、Facebook、LINEなどWeb媒体には投資家や専門家の声と同時に広告も飛び交っています。個人投資家で注意しなければいけないのが広告との付き合い方です。 Read More »

  • 2021年、今後の市場を動かしうる11の投資テーマ

    慎重派が最も恐れているのが、過剰な景気刺激策により、インフレがコントロール不能になることです(とは言ってもハイパーインフレーションを想定はしていません)。そして、それは金利の上昇を呼びます。さらにはそれが成長株にはネガティブな材料になりかねません。今、こうした岐路に立っているような状況です。再度、今後の投資テーマの整理をしておくことで、今後の展開に慌てることなく対処できるかと思います。 Read More »

  • 米バイデン政権の巨額経済対策 、恩恵はどこに?

    先日、アルコゲス・キャピタル・マネジメントが運用に失敗し、巨額の損失を被ったというニュースがありました。この件に関連して、米国の野村證券でも巨額の損失が生じる可能性、またクレディ・スイスも、巨額の損害を受けるという事でした。しかし、このネガティブなニュースへの株式マーケットの反応は薄く、やはり今注目されているのは、債券市場の動向に尽きると言うことなのでしょう。 Read More »