The Motley Fool

投資の知識

  • 投資初心者が始めやすいポイント投資とは?代表的な証券会社も解説

    投資を始める時に最大のネックになるのが、投資した資金が無くなってしまうことへの恐怖と言われています。自分が働いて貯めたお金が減っていくのは大きなストレスとなり、投資に慣れている方でも判断を間違えるきっかけとなります。資金が少なかったり、失敗した時のリスクで投資を始められない投資初心者に向いているのが、ポイント投資です。 Read More »

  • 取扱銘柄を拡大したLINE証券で注目されている4つの銘柄を解説

    LINE証券が2019年11月に取扱銘柄を100銘柄から315銘柄に拡大しました。投資初心者でも使いやすいユーザーインターフェイスに加え、数百円単位から投資できる手軽さが人気を集めています。今回はそんなLINE証券で購入できる銘柄の中で、長期保有していると利益になる可能性がある4つの銘柄について解説します。 Read More »

  • 2020年から投資を始めたい方へ。ETFと投資信託について学習しよう

    資産運用の初心者は、投資信託かETFから始めるのが難易度が低いと思われます。ここでは、投資信託やETFの仕組みを学んで、それぞれのメリットやデメリットについて検討してみましょう。 Read More »

  • アメリカとイランの対立悪化による世界経済への影響を解説

    2019年はアメリカと中国の貿易戦争やイギリスのEU離脱など、世界経済に大きな影響を与えかねない対立やトラブルが続きました。2020年になっても火種は治まるどころか、別の場所で起こりつつあります。新年に入り、それまで対立関係にあったアメリカとイランの関係性が悪化し、世界中が注視する状況となりました。 Read More »

  • 2020年日本の人口減少待ったなし。米国株投資で外貨建て資産を育てませんか?

    2019年からのラリーで過熱感があった米国株は調整した程度。むしろ米国株投資をはじめやすい環境です。2020年はキリの良い年。ほぼ確実に訪れる未来について日本人投資家は考える良い機会です。 Read More »

  • 【日本経済分析⑤】日本経済の3つの大きな問題

    本記事では日本経済の構造的な3つの問題を解説します。また、日本株式への投資戦略や、投資信託・iDeCoでの運用の際にもぜひ参考にしてみて下さい。 Read More »

  • 【日本経済分析④】日本経済を徹底解析する

    今までの日銀の政策により集まったデータをもとに、理論では捉えられない金融現象を浮かび上がらせてみます。 Read More »

  • マーケットの健全性をどのようにとらえるか?健全性をはかる指標について

    少数の銘柄に依存した市場インデックスの上昇は、マーケットの上昇の力が脆弱ですし、マーケットの上昇とは言い難いです。こうした現象は、上昇相場でのピーク前に見られることが多いので、これをとらえる指標を知っていると、事前に警戒しておくことができます。 Read More »

  • 短期的な市場動向に大きな影響を与えるセンチメントをどのようにとらえるか

    マーケット関連のニュースなどを聞いていると、「地合い」が良いとか悪いとか、「センチメント」が良いとか悪いとか言われているのを目にします。 この「地合い」とか「センチメント」って何でしょう。 金融事典などによると「市場心理」と言われています。 個々の投資家が、強気だったり弱気だったりする、投資家心理があるのはよくわかりますが、総体としての市場に心理がある、というのは面白いですね。 これは、単純に言えば、市場が強気、あるいは弱気のどちらに傾いているか、ということを示すものです。 単なる心理であり、事実、ファンダメンタルズに与える影響はないので、長期的には大した影響はありません。 しかし、短期的には影響も大きいので、短期トレーディングをされる方は市場のセンチメントを把握しておく必要があるでしょう。 長期投資をされる方にも、多少でもよいタイミングで売買するために知っておくと良いことは間違いありません。 では、このセンチメントを知る上で、どういったものを見れば良いのでしょうか? ここでは、アメリカの株式市場に関して、市場センチメントをとらえる方法を紹介します。 よく使われるのが、CBOEのMarket Volatility Indexです。 これは、S&P500のオプション価格から推定されるボラティリティ(即ちImplied Volatility)です。 この指数は、VIXというティッカーで取引がされているので、VIX指数、別名「恐怖指数」ともいわれています。 この指数が上昇しているということは、オプション市場で、ボラティリティが上昇するという予想のもとに取引をしている投資家が多いということ。 ボラティリティが上昇するのは、上昇局面より下落局面で起きることが多いので、警戒感が強くなっている状況と考えて良いでしょう。 通常は10~20の間で推移していますが、15以下ではかなり市場が落ち着いている状況です。20を超えてくると、市場が荒れてきた感があります。 市場が下落している最中に、このVIX指数が急騰するケースでは、セリング・クライマックス(Selling Climax)で陰の極に達した際に起こるもので、急反転する可能性があります。 VIX指数が10日移動平均を20%以上上回って急騰するところが、クライマックスに近いかと思われます。 絶対値として45を超えて急騰する場面では、その後上昇反転するケースが多いので、怖いですが、チャンスと見ていいでしょう。 リーマンショック時には90近くまで上昇しましたから、如何に市場参加者が悲観的になったかが分かるかと思います。... Read More »

  • 【日本経済分析③】マイナス金利のカラクリ

    今回はマイナス金利が経済にどんな効果を与えるのか、または与えたのかというカラクリ(仕組み)を解説していきます。 Read More »